保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

保険相談にFPが支持される理由とは?

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 海外旅行保険, 生命保険

インターネットで情報を広く収集できる時代において、どのような職種においてもより高度な「専門性」を持ち合わせていなくては生き残る事ができない世の中になっているような気がします。保険相談においても今や保険比較サイトで保険料を調べたり保険商品の特徴や違いを簡単に誰でも知る事ができます。

しかしながら、それをどのように活用するのか?最適なのか?といった運用については、やはり専門的知識が必要になっていきます。それを知るためにこそFPが保険相談に支持されている理由だと考えます。正に時代の流れやニーズが変化した結果だと言えます。

ただ1点誤解を招く内容があるので、読者の皆様には注意してほしいと思います。

筆者は「保険を売らない」独立系FPですが、保険を売っている独立系FPは保険ショップやそれぞれのサイトへ「お金を支払う事で顧客紹介をしてもらっている」という流れを知る必要があります。例えば、無料の保険相談についてサイトを通じて依頼したとします。サイト側は「提携FP(お金を支払ったFP)」へ問い合わせの顧客を紹介するといった仕組みになっているのです。

つまり、サイト側が厳選したFPではなく、あくまでもサイト側へお金を支払っているFPであり高度な専門性は必ずしも保証されているものではない点には注意が必要です。保険ショップへの相談も同様で、重要なのは相談した内容について自分自身が理解する事、悩んだ時はセカンドオピニオンをするなどFPだから大丈夫といった即決や過信をしない事が重要です。

保険ショップ・FPチャネルの動向-利用者の特徴と支持される背景要因


■保険ショップ・FPへの注目
◆増加傾向が続く保険ショップ・FP有資格者

 2015年9月に公表された(公財)生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によれば、直近加入時の加入チャネルは3年前の前回調査に比べ「保険代理店の窓口や営業職員(*1)」が大きく増加し1割を超えている。

 この結果の背景には、近年、急速に店舗数を拡大してきた複数の保険会社の商品を取り扱う保険ショップ(以下、保険ショップ)のほか、特定の保険会社には属さず、複数の保険会社の保険代理店であるFP(以下、独立系FP)の存在があるように思われる。

 このような独立系FPは、インターネット上で無料の保険相談を謳い、利用を申し込んだ消費者の居住地域などの情報をもとに、提携している独立系FPとのマッチングと保険相談の仲介を行うサービス(以下、FP紹介サービス)を介して利用されることが多くなっているようである。実際に保険ショップは、増加の一途を辿っており、主要な4社の合計でみてもすでに1,000店を超えている。

 また、前述のFP紹介サービスでは、登録しているFPの数を公表している先は見受けられないものの、いくつかのサービス提供会社では、離島など一部の地域を除き全国をカバーする体制を整えているところや、提携FPが1,000名を超えているところもあるようである。

 これらの紹介サービスを介して利用される独立系FPは、後述する通り保険の販売チャネルとしても保険ショップと同程度の存在感を示すようになっている。
(ニッセイ基礎研究所発表の冒頭文抜粋です)

PC用

関連記事

ニトリ

日本生命がニトリ店内に保険ショップを展開 ~ターゲットを絞った戦略とは~

日本生命保険はニトリホールディングスと提携し、ニトリの店内で乗り合い代理店(保険ショップ)を展開しま

記事を読む

生命保険における告知義務違反の意外?なルール

生命保険の申し込みをする時に告知書や意向確認書といった書類の記入を求められます。 告知書とは、過去

記事を読む

金融庁

高い保険を売っている?保険ショップの販売姿勢を金融庁がチェック

ショッピングモールや商店街で保険ショップを目にすることも多いと思います。 休日になると相談している

記事を読む

no image

一時払い終身保険の各社値上げは外的要因を消費者に転嫁しているだけ

生命保険各社では貯蓄性の高い一時払い終身保険の保険料を値上げする動きが相次いでおります。注目するべき

記事を読む

no image

生命保険選びに保険会社を重要視しなければならない理由

昨今、日本国内の生命保険会社における海外でのM&A(合併・買収)が盛んに行われており新聞などの記事に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、