保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

NTTドコモと日本生命の提携

公開日: : 医療保険, 生命保険

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の争奪戦に勝っていかないと生き残っていけないですよね。
新しい顧客を獲得するのも大切ですが、現在の顧客との長い付き合いができる環境を整えることが大切になってきます。

さて、この度、NTTドコモが日本生命保険と提携し、携帯ショップで生命保険の販売を始めます。
政府の有識者会合で携帯電話の料金引き下げの検討が始まったこともあり、収益の安定を図るためにも顧客との長い付き合いがこれまで以上に重要になっているのでしょう。
生命保険は契約期間が長いものが多いため、携帯料金と保険料の支払いを一本化し、割引などのサービスの導入で顧客の囲い込みをしていくようです。

日本生命にとっても国内市場の拡大が厳しい状況で、第一生命に首位の座を奪われたニュースは衝撃的でした。こちらも、やはり顧客の囲い込みが重要になっています。
また、企業やマンションなどのセキュリティー強化により、昔ながらの訪問販売や職域募集がしにくい状況でもあるため、新しい販売チャネルの開拓も重要です。

NTTドコモとの提携は、新しい販売チャネルとして定着するかどうか注目したいと思います。また、保険料の値引きは禁じられていますので、どういう方法で割引をしていくのかも気になるところです。
今後、通信業界、保険業界では他社も店頭販売などの提携を進めていくかもしれません。提携によるアプリの開発や保険商品の開発などにも注目しておきたいですね。

(以下は日経新聞からの一部抜粋です)

ドコモ、店頭で日生の保険販売 一体で割引も


 NTTドコモは日本生命保険と提携し、全国で約2400店ある携帯ショップで生命保険の販売を始める。携帯料金と保険料の支払いを一本化し、実質的な割引にも踏み込む方針。携帯料金を巡っては政府の有識者会合が19日に初会合を開き、引き下げ策の検討を始めた。値下げ圧力がかかる中、顧客を長くつなぎ留めることが通信会社の収益安定の要になっており、契約期間が長い生保との連携が広がる可能性がある。

PC用

関連記事

no image

ぜんち共済という、障がい者に寄り添う新しい保険会社の登場

ニッチな分野の保険を扱う、新興の保険会社 ぜんち共済株式会社は、知的障害者の豊かな生活と日々の安心の

記事を読む

三井ダイレクト損保が三井住友海上あいおい生命の医療保険を販売開始

今回、MS&ADグループの三井ダイレクト損保で三井住友海上あいおい生命の医療保険の取り扱いを開始しま

記事を読む

no image

特徴ある独自商品で活路を見出す中堅生命保険会社

主要生命保険会社の2015年3月期決算では、17社のうち13社で本業のもうけを示す基礎利益が増加しま

記事を読む

アフラックの「ちゃんと応える医療保険 EVER」の3つの新特約を分析してみた

アフラックは終身医療保険(ちゃんと応える医療保険EVER)に付加できる3つの特約を新たに発売する事に

記事を読む

no image

ソニー生命の「生前給付定期保険(定期保険型)」、メリットは?

三大疾病に備える保険が発売された当時、生きているうちに保険金を受け取れるということで脚光を浴びました

記事を読む

PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、