家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

NTTドコモと日本生命の提携

公開日: : 医療保険, 生命保険

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の争奪戦に勝っていかないと生き残っていけないですよね。
新しい顧客を獲得するのも大切ですが、現在の顧客との長い付き合いができる環境を整えることが大切になってきます。

さて、この度、NTTドコモが日本生命保険と提携し、携帯ショップで生命保険の販売を始めます。
政府の有識者会合で携帯電話の料金引き下げの検討が始まったこともあり、収益の安定を図るためにも顧客との長い付き合いがこれまで以上に重要になっているのでしょう。
生命保険は契約期間が長いものが多いため、携帯料金と保険料の支払いを一本化し、割引などのサービスの導入で顧客の囲い込みをしていくようです。

日本生命にとっても国内市場の拡大が厳しい状況で、第一生命に首位の座を奪われたニュースは衝撃的でした。こちらも、やはり顧客の囲い込みが重要になっています。
また、企業やマンションなどのセキュリティー強化により、昔ながらの訪問販売や職域募集がしにくい状況でもあるため、新しい販売チャネルの開拓も重要です。

NTTドコモとの提携は、新しい販売チャネルとして定着するかどうか注目したいと思います。また、保険料の値引きは禁じられていますので、どういう方法で割引をしていくのかも気になるところです。
今後、通信業界、保険業界では他社も店頭販売などの提携を進めていくかもしれません。提携によるアプリの開発や保険商品の開発などにも注目しておきたいですね。

(以下は日経新聞からの一部抜粋です)

ドコモ、店頭で日生の保険販売 一体で割引も


 NTTドコモは日本生命保険と提携し、全国で約2400店ある携帯ショップで生命保険の販売を始める。携帯料金と保険料の支払いを一本化し、実質的な割引にも踏み込む方針。携帯料金を巡っては政府の有識者会合が19日に初会合を開き、引き下げ策の検討を始めた。値下げ圧力がかかる中、顧客を長くつなぎ留めることが通信会社の収益安定の要になっており、契約期間が長い生保との連携が広がる可能性がある。

PC用

関連記事

かんぽ生命保険の学資保険、民間生保との競争に勝てるか

新規の保険加入は、ライフステージの変化に考える家庭が多く、子供の誕生はまさにその最たるイベントで

記事を読む

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

金融庁

金融庁、生命保険会社の販売手数料開示を要求

生命保険の乗合代理店へ行ったことはありますか。 多くの保険商品の中から、自身に1番合った保険を提案

記事を読む

no image

生命保険選びに保険会社を重要視しなければならない理由

昨今、日本国内の生命保険会社における海外でのM&A(合併・買収)が盛んに行われており新聞などの記事に

記事を読む

妊娠中でも入れる医療保険をまとめてみました。

妊婦さん向け医療保険 各社の特徴 医療保険に加入する際に必ずしなくてはならないのが「告知」です。

記事を読む

PC用

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

FPが教える!住宅購入前に知っておくべきお金や法律など5つのこと

住宅の購入を考え始めたものの、どこから手をつけたら良いのかわからない!

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、