保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

NTTドコモと日本生命の提携

公開日: : 医療保険, 生命保険

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の争奪戦に勝っていかないと生き残っていけないですよね。
新しい顧客を獲得するのも大切ですが、現在の顧客との長い付き合いができる環境を整えることが大切になってきます。

さて、この度、NTTドコモが日本生命保険と提携し、携帯ショップで生命保険の販売を始めます。
政府の有識者会合で携帯電話の料金引き下げの検討が始まったこともあり、収益の安定を図るためにも顧客との長い付き合いがこれまで以上に重要になっているのでしょう。
生命保険は契約期間が長いものが多いため、携帯料金と保険料の支払いを一本化し、割引などのサービスの導入で顧客の囲い込みをしていくようです。

日本生命にとっても国内市場の拡大が厳しい状況で、第一生命に首位の座を奪われたニュースは衝撃的でした。こちらも、やはり顧客の囲い込みが重要になっています。
また、企業やマンションなどのセキュリティー強化により、昔ながらの訪問販売や職域募集がしにくい状況でもあるため、新しい販売チャネルの開拓も重要です。

NTTドコモとの提携は、新しい販売チャネルとして定着するかどうか注目したいと思います。また、保険料の値引きは禁じられていますので、どういう方法で割引をしていくのかも気になるところです。
今後、通信業界、保険業界では他社も店頭販売などの提携を進めていくかもしれません。提携によるアプリの開発や保険商品の開発などにも注目しておきたいですね。

(以下は日経新聞からの一部抜粋です)

ドコモ、店頭で日生の保険販売 一体で割引も


 NTTドコモは日本生命保険と提携し、全国で約2400店ある携帯ショップで生命保険の販売を始める。携帯料金と保険料の支払いを一本化し、実質的な割引にも踏み込む方針。携帯料金を巡っては政府の有識者会合が19日に初会合を開き、引き下げ策の検討を始めた。値下げ圧力がかかる中、顧客を長くつなぎ留めることが通信会社の収益安定の要になっており、契約期間が長い生保との連携が広がる可能性がある。

PC用

関連記事

大同生命の中小企業ファンド支援について

新日本新聞の記事で、「大同生命、中小企業の経営を支援するファンドへ投資」というニュースがありました。

記事を読む

no image

ニッセイが保険ショップを買収し、乗合代理店事業に参入します

日本生命保険は複数の保険会社の商品を取扱う乗り合い代理店事業に参入することがわかりました。保険契約者

記事を読む

高齢者契約の状況確認の課題

昨今、保険契約者における保険金請求のし忘れや確実な保険金の支払いを目的として国内生命保険会社の注意喚

記事を読む

ライフネット生命 × au 資本提携効果で巻き返しなるか!

ライフネット生命保険の岩瀬大輔社長は、2015年9月中間決算について記者会見し、本年4月に資本業務提

記事を読む

no image

ぜんち共済という、障がい者に寄り添う新しい保険会社の登場

ニッチな分野の保険を扱う、新興の保険会社 ぜんち共済株式会社は、知的障害者の豊かな生活と日々の安心の

記事を読む

PC用

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、