保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

NTTドコモと日本生命の提携

公開日: : 医療保険, 生命保険

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の争奪戦に勝っていかないと生き残っていけないですよね。
新しい顧客を獲得するのも大切ですが、現在の顧客との長い付き合いができる環境を整えることが大切になってきます。

さて、この度、NTTドコモが日本生命保険と提携し、携帯ショップで生命保険の販売を始めます。
政府の有識者会合で携帯電話の料金引き下げの検討が始まったこともあり、収益の安定を図るためにも顧客との長い付き合いがこれまで以上に重要になっているのでしょう。
生命保険は契約期間が長いものが多いため、携帯料金と保険料の支払いを一本化し、割引などのサービスの導入で顧客の囲い込みをしていくようです。

日本生命にとっても国内市場の拡大が厳しい状況で、第一生命に首位の座を奪われたニュースは衝撃的でした。こちらも、やはり顧客の囲い込みが重要になっています。
また、企業やマンションなどのセキュリティー強化により、昔ながらの訪問販売や職域募集がしにくい状況でもあるため、新しい販売チャネルの開拓も重要です。

NTTドコモとの提携は、新しい販売チャネルとして定着するかどうか注目したいと思います。また、保険料の値引きは禁じられていますので、どういう方法で割引をしていくのかも気になるところです。
今後、通信業界、保険業界では他社も店頭販売などの提携を進めていくかもしれません。提携によるアプリの開発や保険商品の開発などにも注目しておきたいですね。

(以下は日経新聞からの一部抜粋です)

ドコモ、店頭で日生の保険販売 一体で割引も


 NTTドコモは日本生命保険と提携し、全国で約2400店ある携帯ショップで生命保険の販売を始める。携帯料金と保険料の支払いを一本化し、実質的な割引にも踏み込む方針。携帯料金を巡っては政府の有識者会合が19日に初会合を開き、引き下げ策の検討を始めた。値下げ圧力がかかる中、顧客を長くつなぎ留めることが通信会社の収益安定の要になっており、契約期間が長い生保との連携が広がる可能性がある。

PC用

関連記事

ライフネット生命は本当に生保業界の革命者になれるのか

ライフネット生命保険の業績が芳しくない。 新規契約の毎月獲得数が下落しており、中期計画の目標と

記事を読む

医療保険制度改革と医療保険の見直しポイント

2015年5月に「医療保険制度改革法案」が成立し、2016年4月より施行されています。 この記

記事を読む

身近な生命保険の疑問を解決! ~保険金受取人の変更について~

終身保険や定期保険といった死亡などが原因で支払われる生命保険の保険金受取人を変更する機会は、ごく稀に

記事を読む

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

no image

生保への「責任開始に関する特約」の導入が拡大しています

生命保険の責任開始は通常、申込書の受領・告知(もしくは診査)・第一回保険料の払い込みの3つが揃って初

記事を読む

PC用

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

不動産所得の税金
住宅ローンでチェックされる審査項目トップ10とその対策法を現役1級FPが伝授!

住宅購入を検討中の方ならご存知でしょうか? 住宅ローンを利用するには

「人生の3大資金」への備え方・準備方法をファイナンシャルプランナーが解説

生まれてから死ぬまで、人が生きていくには何かとお金がかかります。 そ

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、