保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

第一生命保険、代理店向け展開を狙いDIY生命を傘下に

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 生命保険

第一生命保険、代理店向け展開を狙いDIY生命を傘下に

生命保険会社も生き残りが厳しい時代になったと思います。
大手生保は保険外交員を大量に抱え、その営業力に頼り続けてきましたが、時代と共に消費者は他のチャネルからの加入に移行してきています。
特に若い世代は、生命保険自体の加入率も伸びない傾向にありますね。
若い世代にとっては、保険料を少しでも安く加入したいという希望が特に強いと思います。
今は、ネットで色々な生命保険の比較もできるため、保険に加入したいと考えた時には先ず自分で調べる人が多くなっているように思います。

また、自分の好きな時に立ち寄れて、気軽に相談できる保険ショップも若い世代にとっては保険外交員よりも人気のようですね。実際、土日にショッピングモール等にある保険ショップでは、保険の相談している姿をよく見かけます。
保険ショップは、FP等の専門家が無料相談を掲げており、何社かの保険会社を扱っていることが多いため、イメージも良いのでしょう。

これまで第一生命では直に雇う保険外交員が中心でしたが、代理店営業に力を入れて人件費のコスト削減に加えて少しでも新しい契約者を獲得するための手段を講じてきたと言えると思います。

第一生命保険が損保ジャパン子会社の損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険(DIY生命)を買収し、代理店向けの割安な生命保険販売に参入することが12日分かった。
約50億円を投じて9月末までに買収し、平成27年10月以降に保険販売を始める。低価格な商品でシェアを伸ばす外資系や損保系に対抗する。

DIY生命は損保ジャパンが9割、第一生命が1割出資。インターネットやコールセンターを通じて保険を販売し、営業職員を多数抱えない分、大手生保より安価な商品をそろえる。

まずは保障内容を簡素にして保険料を割安にした医療保険を発売する。
第一生命本体と別ブランドにすることで、保障内容が手厚い本体の主力商品とすみ分ける。

第一生命は子会社の第一フロンティア生命で代理店向けの年金保険など貯蓄性商品を販売。一方で医療保険など保障性商品の代理店販売は約80ある自前の店舗だけの取り扱いだったが、顧客ニーズの拡大を背景に保険ショップを通じた割安商品の販売に本腰を入れる。
(産経新聞)

PC用

関連記事

no image

ライフネット生命とKDDIが業務提携。auユーザーに生命保険や医療保険を販売。

ネット系の生命保険の契約は伸び悩んでいる現状です。 自分で選べて、いつでも契約手続きができ、保険料も

記事を読む

no image

貯蓄型生命保険の販売停止相次ぐ。背景には低金利による運用難。

保険業界に金低下の影響が出てきています。 各生命保険会社に、貯蓄型の生命保険の販売停止や保険料値上げ

記事を読む

日本生命が中小企業退職金共済制度を悪用

生命保険大手の日本生命の地方の営業部に勤めていた元部長と職員が、中小企業の従業員を対象にした国の退職

記事を読む

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきます。 そうなると気になってく

記事を読む

no image

生命保険会社が相次いで賃金アップ

アベノミクスで企業に賃金引上げを政府は期待しています。 その様な中、第一生命が営業担当職員の賃金を

記事を読む

PC用

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、