保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

注目浴びるドローン。ドローン保険の発売も予定。

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 その他

首相官邸で見つかり、ニュースで話題になっている「ドローン」。
「ドローン」は小型無人機ということですが、この事件を受け、法規制される動きがあるようですね。
購入時に氏名や住所の登録が義務付けられる方向のようです。
悪用されるケースもあることを考えると、それも仕方がないことだと思います。

さて、この「ドローン」ですが、5月中旬に最新機種が日本国内で一般販売されるそうです。業務使用においては、1年間無償で三井住友海上の保険付きで、1年後には希望ユーザーは個人契約に切り替えて継続ができます。
これから購入する業務使用者には朗報ですね。

しかし、業務用に限らず、趣味などで使う場合にも保険は考えた方がいいかもしれませんね。
空を飛ぶ物が故障すれば、人に危害を加えたり、物を壊すことも考えられます。
航空機事故のニュースもここのところ多いので、気になるのです。
精密な機械だからと言って、トラブルがないとは限りません。
逆に機械トラブルが起こりやすいかもしれません。

法規制されると個人ユーザーは購入を慎重に検討するかもしれませんが、趣味等で購入を検討する人はスマートフォンやネットの普及によって増えていくのではないでしょうか。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

ドローン、最新機種が13万円台
無償で三井住友海上の保険付き DJIの「ファントム3」


「ドローン」と呼ばれる小型の無人空撮機の世界最大手・DJI社が、21日、都内で最新機種の発表会見を開きました。新製品の「PHANTOM3(ファントム3)」は最も安いもので13万円台。三井住友海上の業務用保険付きです。

■ 2キロ先まで生動画を配信
新製品は、4Kカメラ搭載の「プロフェッショナル」が17万5千円、フルハイビジョンカメラの「アドバンス」が13万9800円です。GPSの電波が届かない屋内でも、安定したホバリング(空中での静止)ができ、2キロ先まで動画をリアルタイムで配信可能。手元のスマートフォンで、映像を見ながら比較的簡単に操作できます。

■ 日本独自の保険制度
万一の事故に備える「DJI専用賠償責任補償制度」も発表。三井住友海上火災保険と提携し、日本独自の保険制度を作りました。ファントム3を買ったユーザーには1年間の保険が無償で付きます。

業務(趣味用途は除く)で空撮をする個人や会社がドローンで事故を起こしたときに、対人で最大1億円、対物で5千万円の保険金を支払います。保険料はDJI社が負担し、1年後は希望するユーザーは個別の保険契約に切り替えられる予定です。

東京海上火災も7月にドローンのユーザー向けの保険を発売する計画ですが、こちらは個々のユーザーではなくDJI社が一括して三井住友と契約する形になっています。
(withnewsより一部抜粋)

PC用

関連記事

no image

保険仲介会社が11億円の所得隠し

いつの時代でも脱税のニュースが尽きることがありません。 日本の保険仲介会社がタックスヘイブンとペーパ

記事を読む

no image

不祥事防止対策と信用取引との密接な関係について考える

日本郵便九州支社(熊本市)は元郵便局長の男性が局内の現金1億数千万円を横領した疑いがあると発表しまし

記事を読む

no image

保険会社の介護事業参入、利用者へのメリットは?

損保ジャパン日本興亜ホールディングスがワタミの介護事業を買収するというニュースは記憶に新しいと思いま

記事を読む

痴漢冤罪保険から考える、FPが思う顧客目線の弁護士保険とは

痴漢冤罪保険が新登場! 痴漢冤罪保険のニュースが様々なメディアに掲載されて、話題になりましたね

記事を読む

no image

2031年、国立大学の授業料が1.72倍へ跳ね上がる!?教育資金を備えるには?

文部科学省は平成27年度、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度(平成43年)には93

記事を読む

Comment

  1. 日の出一夫 より:

    はじめてメッセージ差し上げます。
    私の運営するブログ(上記ウェブサイト)に
    貴サイトのリンクを貼らせていただければ幸いです。
    現在まだ種類に限りのあるドローン関連保険のまとめと紹介の記事を書きたいと存じます。
    突然の申し出にて誠に恐縮ですが
    ご検討のほど、なにとぞ お願い申し上げます。

    • サイト管理人 より:

      ご丁寧なご連絡をどうもありがとうございます。
      リンク掲載についてもちろん問題ございません。

      まとめ&紹介記事、楽しみにしております。
      よろしくお願いいたします。

      管理人より

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、