保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

保険会社の介護事業参入、利用者へのメリットは?

公開日: : その他

損保ジャパン日本興亜ホールディングスがワタミの介護事業を買収するというニュースは記憶に新しいと思います。ワタミ自体も元々外食チェーンですから、異業種からの介護事業参入で脚光を浴びていましたが、その他の異業種からの介護事業参入が相次いでいます。

介護事業自体は、介護スタッフの離職率の高さや法改正により事業所の負担が大きくなっており、小規模な介護事業者の中には倒産する事業所も出ています。
本業との相乗効果を狙ってですが、大手企業が介護事業参入することは良いことだと思います。
利用者にとってはそれだけ選択肢が増えるわけですし、大手企業でしたら資金面でも安心感がありますよね。

TVの報道番組でも介護に関する特集が多くなっています。やはり気になるのは料金問題が大きく、サービス面と料金の兼ね合いが気になりますよね。
サービス面を重要視するか、料金面を重要視するか、その場できっと悩むことでしょう。

今後、団塊世代が75歳以上の後期高齢者になっていくので、介護に関する需要は明らかに拡大していきます。介護施設を利用したいと思っても、施設が不足して利用できないとか、料金面で利用できないという事態は避けたいものです。

「老い」は誰にでもやってきます。
他人事だとは思わずに、親や自分自身の将来のことを考えておく必要もありますよね。
老いた時に、どのように対応して欲しいか、どうしたいのかを家族で話し合っておくことも大切なのではないでしょうか。
また、健康に過ごせる努力や工夫をし、介護状態にならないように予防することも大切だと思います。

(以下、毎日新聞より一部抜粋)

介護事業:参入相次ぐ 金融や保険、相乗効果狙う


介護事業に異業種からの参入が相次いでいる。人口の多い団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる「2025年問題」を控え、需要拡大が確実なためだ。日本の介護業界は教育や家電などの大手企業が支えてきた経緯があるが、最近は本業との相乗効果を狙い、金融や保険業界の参入も目立っている。

金融大手のソニーフィナンシャルホールディングス(SFH)は13年に横浜市の介護施設を買収。来年春にはソニーグループとして初の自前の介護付き有料老人ホームを東京都内にオープンし、今後は千葉、埼玉、神奈川、東京の1都3県で施設を増やす。

SFHはグループのソニー生命保険を通じて介護保険も販売する。介護事業を手掛けるソニー・ライフケアの広報担当者は「保険販売の際に施設を紹介できるなど相乗効果が見込める」と話す。

異業種からの参入は、介護保険制度ができた00年前後から急増した。医療事務員の養成を手掛けるニチイ学館が1996年に参入し、訪問介護大手コムスンからの事業譲渡などを経て最大手になった。

PC用

関連記事

no image

様々な種類の保険が登場するミニ保険市場。消費者のメリット・デメリットは?

大手保険会社で「保険に加入したくて申し込んだけれど加入できなかった。」という声を耳にしたことはありま

記事を読む

no image

広がるペット保険。ペット保険に対応する動物病院を前もって見つけておきましょう。

ペットに家族同様の深い愛情を注ぐ飼い主が多いですよね。 そんな大切なペットが病気やケガをした時には動

記事を読む

損保ジャパンの介護事業は新風を起こせるか

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を平成27年12月

記事を読む

no image

冬山遭難の負担は高額。山岳保険の活用を。

年末年始も冬山での遭難のニュースが何件かありました。 捜索隊による救助活動は多くの人が出向き、何日も

記事を読む

no image

保険仲介会社が11億円の所得隠し

いつの時代でも脱税のニュースが尽きることがありません。 日本の保険仲介会社がタックスヘイブンとペーパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、