保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

「保険辛口ランキング100」書評その2 ~保険で失敗しないための予備知識~

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 医療保険, 海外旅行保険, 火災保険, 生命保険

保険辛口ランキング

これから書かせてもらう内容は「保険辛口ランキング100」という雑誌に掲載された、「保険契約に隠されたカラクリ&罠41連発」の書評になります。

同雑誌内の他テーマについての書評は以下になります。
「保険辛口ランキング100」書評その1 ~がん保険と専門家選びの重要性~
「保険辛口ランキング100」書評その3 ~損をしない二者択一で、保険を極める~

全体的な感想

日本人のおよそ8割が何かしらの生命保険に加入しているデータがある中で、自信を持って今加入している生命保険が良いと言える人はいったいどの程度いるのでしょう。専門家や保険に携わっている人以外で考えた時、おそらくそのような人は僅かだと思います。
そして、この8割の多くが良い生命保険の答えを常日頃から探し求めているのだろうと考えます。

本書はそのような答えを探し求めている人に対するガイド本です。
約100ページ構成からなる本書はいわゆる雑誌扱いではありますが、「日頃から良い生命保険を求めている人」「初めて生命保険に加入するからこそ最初から失敗したくないと考えている人」にとって、正に「教科書」と言っても過言ではありません。
極端な例のようで率直な意見ですが、経験が浅く知識が乏しい保険担当者から加入するよりも「まとも」な生命保険に加入できると考えます。

それは本書の内容に関わっている専門家(ファイナンシャルプランナー)がさまざまな角度から保険に携わっており、知識や経験だけでなく第一線で活躍しているプロフェッショナルで構成されていることが挙げられます。私も同様の専門家でありますが、生命保険に加入する際の基本的に必要な考え方や心得など、保険担当者がまずもって教えない情報が数多く盛り込まれている点も本書を高く評価できる理由です。

保険営業マンに騙されないためのワザ

本書の数多い情報の中でも「代理店で騙されないための究極の知恵袋、保険に隠されたカラクリ&罠41」というコーナーは、前述した代理店の保険担当者がまずもって教えない情報が41項目で凝縮されており、必ず目を通しておきたいものです。

41項目の凝縮された「罠」の一部を、解説と私の考えを付け加えて紹介します。

罠17 保険料が払えない!それでも解約せずに契約変更するのが正解

保険料負担がキツイときは
①保険金の減額
②特約部分の解約
③払済
④延長保険
のいずれかを検討しよう。一度主契約を解約して再契約すると保険料が値上がりすることが多い。とくにお宝保険は解約を避けたい。

保険辛口ランキング100 保険契約に隠されたカラクリ&罠41連発より引用

これが保険営業の現場だと例えば、
 消費者「保険料を支払うのがきつくて何か安い保険ありませんか?」
 営業マン「たしかに。それならもっと良いのがありますよ!この保険を解約して・・・」
といった会話が目に浮かびます。
保険料は安く提案するのは簡単ですが、保障まで安くなっては本末転倒です。生命保険の加入目的は何か、なぜ生命保険に加入しているのか再認識できる罠と言えます。

罠20 低保険料の県民共済は高齢になるほど保障が手薄になる

県民共済の死亡保障は基本的に上限額が2,000万円。ただ65歳以上は400万円、80~85歳は100万円とグッと保障上限額が下がる。掛け金の選択肢も少ないので、保障が手薄になりがちだ。

保険辛口ランキング100 保険契約に隠されたカラクリ&罠41連発より引用

県民共済を生命保険として活用している世帯は実に多い印象を受けます。
安い掛け金、割り戻しなどお得な錯覚をさせてくれますが、そもそも年齢を重ねるほど病気や死亡リスクが高くなります。
県民共済は年齢を重ねるほど保障が低くなるため一生を考えると不十分と言えます。単体ではなく他の生命保険と併用して活用すべき商品と考えます。

罠38 女性特有の病気は女性向け保険じゃなくても保障可

女性専用の医療保険は女性特有の疾病について「保障の上乗せ」であって、保障対象外となるわけではない。保険料もその分上乗せされているので注意。

保険辛口ランキング100 保険契約に隠されたカラクリ&罠41連発より引用

解説の通りです。
昨今では保険会社全般で女性向けの保険を推しているのが多々見受けられますが、実際のところ入院保障などの上乗せであり保険料も割高です。一般の医療保険でも女性疾病は保障されますし、しっかりとした保障金額を確保しておくことで女性疾病に捉われず万能に保障される保険契約が可能になります。

以上、3つのだけ記事から紹介しましたが、残る38項目の解説についても読者にとってはうなずける内容になっています。

保険営業を受ける前に、まず知識を身につけよう

保険加入の仕方は一昔前と異なり、生保レディーといった営業対面販売が少なくなってきております。同じ対面販売でも保険ショップや保険代理店へ赴くスタイルやダイレクト型(通販型)といったスタイルがインターネットやスマートフォンの普及で多くなっています。
以前より増して、保険加入における自己責任や予備知識が必要とされている時代に、本書は良い保険に加入するための模範であると考えます。

住宅の次に高い買い物と言われる保険だけに「おかしな」保険に加入した時の損失は大きいものがあります。
後悔先にたたず!失敗する前に読んでおきたい専門家推しの1冊です。


同雑誌内の他テーマについての書評は以下になります。
「保険辛口ランキング100」書評その1 ~がん保険と専門家選びの重要性~
「保険辛口ランキング100」書評その3 ~損をしない二者択一で、保険を極める~

PC用

関連記事

生命保険における告知義務違反の意外?なルール

生命保険の申し込みをする時に告知書や意向確認書といった書類の記入を求められます。 告知書とは、過去

記事を読む

金融庁

高い保険を売っている?保険ショップの販売姿勢を金融庁がチェック

ショッピングモールや商店街で保険ショップを目にすることも多いと思います。 休日になると相談している

記事を読む

若年者が知っておくべき生命保険の選び方

この記事では、「若年者が知っておくべき生命保険の選び方」と題して、将来において役に立つ生命保険の選び

記事を読む

no image

ニッセイが保険ショップを買収し、乗合代理店事業に参入します

日本生命保険は複数の保険会社の商品を取扱う乗り合い代理店事業に参入することがわかりました。保険契約者

記事を読む

no image

保険委託社員の直接雇用は顧客のためになるのでしょうか

金融庁が3月末までに再委託販売の解消を求めていることから、今回、委託型販売をしていた主要代理店が販売

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、