家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

保険料の短期払いはするべきかどうか

公開日: : 企業向け保険

保険料の払い込み方法には、全期払、短期払、一時払いがあります。
終身型の保険の場合、全期払を選択した場合には、保険期間が終わる一生涯保険料を支払うことになります。
月々の保険料の負担額を抑えるために、全期払である終身払いの商品が多くなっています。

しかし、年金の目減りや支給開始年齢の繰り下げ等もあり、定年退職後の支出を抑えたいという考える人も多いのではないでしょうか。
選択肢として短期払のラインナップがあると検討できますよね。

短期払の商品を契約した場合、保険料支払期間中は同じ契約内容ですと全期払商品よりも保険料は高くなりますが、保険料支払の期間が限定されている点は安心できます。
但し、保険料支払い総額を考えた場合には、短命で亡くなった場合には全期払の保険よりも多く支払うことになる可能性もあります。

また、保険料支払い期間が満了になると、保険料の変更を伴う保険内容の変更ができなくなる点も留意が必要だと思います。

全期払か短期払かどちらが良いかは、自分の考え方、ライフプランによって人それぞれで検討されるのがよいと思います。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~
チューリッヒ生命、終身ガン治療保険で保険料短期払の取り扱い開始


チューリッヒ生命は、4月1日申し込み分から「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」の2商品の保険料払込期間について、保険料全期払に加え、新たに保険料短期払の取り扱いを開始する。

全期払は、保障が続く全保険期間にわたって保険料を払い込む方式。一方、短期払は、1回あたりの保険料は全期払に比べて高くなるが、保険期間の途中で保険料の払い込みを終えることができる。
これまで、同社では、両商品の保険料払込期間について、全期払のみを取り扱ってきたが、今回、新たに55歳、60歳、65歳、70歳払済からも選択できるようにした。保険料払込期間の選択肢を拡大することで、定年退職前に保険料払込の終了も可能になる。
(新日本保険新聞より抜粋)

PC用

関連記事

損保ジャパンがこだわる保険の新商品開発。新リスクへの備えこそ保険会社の使命。

損害保険ジャパン日本興亜では、新商品開発のコンセプトについて「業界初にこだわっていく」といった方針で

記事を読む

東京海上グループ会社が、「社内ストレス」チェックサービスを開始

改正労働安全衛生法が12月に施行されると、従業員50人以上の企業は「ストレスチェック」の実施が義務と

記事を読む

no image

【役員賠償責任保険】役員賠償と新たな相続問題とは?

先日、トヨタ自動車の女性役員が麻薬密輸容疑で逮捕されるニュースが報道されました。 数多くの株主が存

記事を読む

太陽光に続け!風力発電事業者向け保険が登場。

誰もが毎日使っている電気。発電のためのエネルギー供給はほとんどを、石油、石炭といった化石燃料

記事を読む

広がる民泊。専用の民泊保険を大手保険会社が販売。

三井住友海上火災保険が2016年11月に民泊の貸主向けの損害保険を発売します。 民泊は現在、国

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PC用

妊婦さんが妊娠中に加入できる保険のまとめ

妊婦さん向け医療保険 各社の特徴 【相談】 妊娠中でも加入できる医

火災保険が10%値上げ!長期契約は最大で5年までに改悪。

損害保険料率算出機構は、火災保険料の算定基準である参考純率を平均で10

自転車保険
2021年は自転車保険の加入率が増加。自転車事故には保険で備えよう。

au損保が3年連続となる自転車保険の加入率を全国で調査しました。

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

○十万円節約できる!火災保険を安くする5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、