家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

損保ジャパンがこだわる保険の新商品開発。新リスクへの備えこそ保険会社の使命。

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 企業向け保険

損害保険ジャパン日本興亜では、新商品開発のコンセプトについて「業界初にこだわっていく」といった方針です。

この「業界初」という言葉を聞くと、新たな進歩や利便性といった意味で開発をした企業だけでなく、それを利用するユーザーにとっても有意義なものになると感じます。実際、「業界初」の開発商品でも一般的には馴染みが深くないものも確かに存在するものの、世の中全体が変化するきっかけを与えるといった部分では企業努力を高く評価する必要があると思います。

特許がありながら、長い年月と多額の費用を投じて開発したヒット商品も、同業他社へ模倣されるいわゆる「いたちごっこ」では手の内を簡単に知られたくないといった企業の思いも実によく分かります。

直近では「ドローン」のニュースが話題になり、ドローン事故における補償をする保険を発売したばかりですが、同社は時代の流れやニーズ、将来のリスク回避に向けた対策をいち早く打っていると感じ取れます。

企業が成長する原点とは正にこのような事だと私は感じます。同じものに捉われるのではなく時代の流れにいち早く対応するスピードと発想豊かな柔軟な対応や行動こそ忘れてはならない原点だと思います。同社の販売商品に着目する事で、世の中の流れを知る一つのきっかけになると考えます。

(以下は時事通信からの一部抜粋)

「業界初」の商品開発に意欲=損保ジャパン日本興亜の二宮社長

損害保険ジャパン日本興亜の二宮雅也社長はインタビューに応じ、新商品開発について「業界初にこだわっている」と述べ、他社にない保険を市場に投入し、新たな顧客を積極的に開拓していく考えを明らかにした。

二宮社長は小型無人飛行機「ドローン」の事故を補償する保険を7月に扱い始めたことを例に挙げ、「企業による成長事業への進出や技術革新により新たに生じるリスクの下支えは、保険会社の役目だ」と強調。新たな事業に伴う事故などのリスクを補償する新商品を開発し、企業の成長をサポートする考えを示した。

主力商品の自動車保険は大幅な拡大が見込めないが、「損保の市場が極端に縮むことはない」と述べた。

PC用

関連記事

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

東京海上日動火災保険、海外PL保険団体制度を販売

東京海上日動火災保険株式会社は2015年7月1日より日本商工会議所の会員向けに海外PL保険の団体制度

記事を読む

介護事業者向けのインフルエンザ・ノロウイルス集団感染への保険が登場

介護保険事業者には色々なリスクが存在します。 介護事業者向けの損害保険は今までもありましたが、今回

記事を読む

取引先の倒産に備えよう!取引信用保険の使い方

取引信用保険とは 一言で言うと、「取引先の倒産リスクに備える保険」です。 クライアントや取引先が

記事を読む

広がる民泊。専用の民泊保険を大手保険会社が販売。

三井住友海上火災保険が2016年11月に民泊の貸主向けの損害保険を発売します。 民泊は現在、国

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

FPが教える!住宅購入前に知っておくべきお金や法律など5つのこと

住宅の購入を考え始めたものの、どこから手をつけたら良いのかわからない!

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、