保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

生命保険選びに保険会社を重要視しなければならない理由

公開日: : 医療保険, 生命保険

昨今、日本国内の生命保険会社における海外でのM&A(合併・買収)が盛んに行われており新聞などの記事に多く掲載されているのを目にします。日本国内での生命保険市場の規模が縮小している事にも鑑み、国内生命保険会社が相次いで海外への事業拡大に踏み切った模様です。

中高齢者を中心にまだまだ根強い国内生命保険ブランドですが、これからの生命保険選びには保険会社をより重視していく事が求められると考えます。例えば、現在日本生命の売上高の99%は日本国内で占められている様ですが、これが海外で事業拡大する事で売上高が大きく上昇する可能性があります。一方で海外事業に失敗した場合は海外から撤退する事になります。

保険会社が利益を上げる事によって株主は配当金の支払いや株主優待などの直接的な恩恵を受けられます。保険契約者は加入している保険について不払いになるといったデメリットが低くなりますが、直接的な恩恵を受けられる訳ではありません。また、海外事業へ失敗する事はその穴埋めが保険契約者へ転嫁される可能性が極めて高くなります。

生命保険選びは保険会社のブランド名や支払保険料の安さについ目がいってしまいがちですが、このような事を踏まえると事業の方向性などについても考慮していかなくては安心な保険選びは出来ないと感じます。ここまで、より深く調べる事は一般の人には困難ではあるもののファイナンシャルプランナーなどの専門家へ保険選びの相談の1つとしてあらかじめリサーチしてもらうのも一策だと思います。

日生、豪生保を買収=海外初、2千億円で


 日本生命保険は28日、オーストラリアの大手銀行ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の生命保険子会社を買収すると発表した。買収額は24億豪ドル(約2040億円)。人口減少で国内市場の先細りが避けられない中、成長を期待できる海外事業を強化し収益拡大を図る。日生による海外生保の買収は初めて。

 日生がNABの生保子会社に来年後半に8割出資。NABも2割の出資を続ける。豪州では銀行窓口での保険販売が多く、引き続きNABの販路を活用する。豪州は所得水準が高く、人口も増えており、販売拡大を目指す。

PC用

関連記事

これで分かる!高額療養費の計算方法

自分の高額療養費を計算してみよう 前回では高額療養費制度の知っておくべき4つのポイントを説明しまし

記事を読む

インターネット専業生命保険はネットだけでは勝ち目がない?

ネット生保の課題はニード喚起 インターネット専業の生命保険会社「アクサダイレクト生命保険」が、新た

記事を読む

生命保険における告知義務違反の意外?なルール

生命保険の申し込みをする時に告知書や意向確認書といった書類の記入を求められます。 告知書とは、過去

記事を読む

no image

三井住友海上あいおい生命、新医療保険Aの申込件数が30万件突破

三井住友海上あいおい生命で販売している新医療保険A(エース)の申込件数が30万件を突破しました。この

記事を読む

ドコモ

NTTドコモと日本生命の提携

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の

記事を読む

PC用

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、