家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

日本生命、契約社員の待遇を大幅改善。65歳雇用やフレックスタイム制も

公開日: : 生命保険

女性が働く雇用形態は正社員以外の契約社員やパートが多くなっています。
契約社員やパートで働く人は、いつ雇用契約が切られるか心配な人も多いと思います。
不景気になった際に、企業は人員削減を先ずは契約社員やパートで考えますよね。
しかし、今や契約社員やパート社員の仕事内容は正社員と遜色ないものになっているのではないでしょうか。
企業にとって、優秀な人材は大切な財産だと思います。

日本生命で、1年毎に更新する契約社員のうち、フルタイムで働く勤続2年以上の契約社員1,000人強を無期雇用に切り替え、希望すれば65歳まで働けるようにする方針が固められました。また、フレックスタイム制も導入するようです。

無期雇用になれば、安心して働くことができますし、意欲も持てると思います。
また、フレックスタイム制の導入は、育児や親の介護を担う女性にとっては、とても有難い制度だと思います。
働きたくても欠勤や遅刻・早退ばかり使うわけにはいかず、仕事を諦める人も今まではいたのではないでしょうか。

女性が安心して生き生きと働ける環境が整うことはとても喜ばしいことであり、雇用する側にとっても優秀な人材確保ができます。
2018年を待たずに、前倒しで無期雇用への転換を導入する会社が増えてくるのではないでしょうか。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

日生、契約社員を65歳まで雇用 1000人強待遇改善
フレックスタイム制も導入
(以下、日経新聞より一部抜粋)


日本生命保険は9日、フルタイムで働く契約社員1千人強を無期雇用に切り替え、希望すれば65歳まで働けるようにする方針を固めた。育児や親の介護のために出退勤の時間をずらせるフレックスタイム制も導入し、仕事と家庭の両立を後押しする。安心して働き続けられる環境を整え、優秀な人材をつなぎ留める。

勤続2年以上の社員を対象に2016年4月から導入する。現在は1年ごとに契約を更新する有期雇用の形態だが、60歳定年の無期雇用契約に切り替える。再雇用制度を使えば、65歳まで働けるようになる。本人の能力次第で事務職への登用も可能な仕組みにする。

PC用

関連記事

生命保険契約を家族にも伝えておくことの大切さ

生命保険の加入率が高い日本ですが、実際に保険金を受け取る事由が発生した際に速やかに請求手続きが取れて

記事を読む

no image

太陽生命保険の介護保険、自分だけでなく両親の介護費用も保障

介護状態になると色々な面で家族の負担が大きくなります。 例えば、介護保険を利用する場合でも自己負担金

記事を読む

no image

ライフネット生命とKDDIが業務提携。auユーザーに生命保険や医療保険を販売。

ネット系の生命保険の契約は伸び悩んでいる現状です。 自分で選べて、いつでも契約手続きができ、保険料も

記事を読む

生命保険における告知義務違反の意外?なルール

生命保険の申し込みをする時に告知書や意向確認書といった書類の記入を求められます。 告知書とは、過去

記事を読む

no image

ニッセイが保険ショップを買収し、乗合代理店事業に参入します

日本生命保険は複数の保険会社の商品を取扱う乗り合い代理店事業に参入することがわかりました。保険契約者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PC用

妊婦さんが妊娠中に加入できる保険のまとめ

妊婦さん向け医療保険 各社の特徴 【相談】 妊娠中でも加入できる医

火災保険が10%値上げ!長期契約は最大で5年までに改悪。

損害保険料率算出機構は、火災保険料の算定基準である参考純率を平均で10

自転車保険
2021年は自転車保険の加入率が増加。自転車事故には保険で備えよう。

au損保が3年連続となる自転車保険の加入率を全国で調査しました。

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

○十万円節約できる!火災保険を安くする5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、