家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

日本生命、契約社員の待遇を大幅改善。65歳雇用やフレックスタイム制も

公開日: : 生命保険

女性が働く雇用形態は正社員以外の契約社員やパートが多くなっています。
契約社員やパートで働く人は、いつ雇用契約が切られるか心配な人も多いと思います。
不景気になった際に、企業は人員削減を先ずは契約社員やパートで考えますよね。
しかし、今や契約社員やパート社員の仕事内容は正社員と遜色ないものになっているのではないでしょうか。
企業にとって、優秀な人材は大切な財産だと思います。

日本生命で、1年毎に更新する契約社員のうち、フルタイムで働く勤続2年以上の契約社員1,000人強を無期雇用に切り替え、希望すれば65歳まで働けるようにする方針が固められました。また、フレックスタイム制も導入するようです。

無期雇用になれば、安心して働くことができますし、意欲も持てると思います。
また、フレックスタイム制の導入は、育児や親の介護を担う女性にとっては、とても有難い制度だと思います。
働きたくても欠勤や遅刻・早退ばかり使うわけにはいかず、仕事を諦める人も今まではいたのではないでしょうか。

女性が安心して生き生きと働ける環境が整うことはとても喜ばしいことであり、雇用する側にとっても優秀な人材確保ができます。
2018年を待たずに、前倒しで無期雇用への転換を導入する会社が増えてくるのではないでしょうか。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

日生、契約社員を65歳まで雇用 1000人強待遇改善
フレックスタイム制も導入
(以下、日経新聞より一部抜粋)


日本生命保険は9日、フルタイムで働く契約社員1千人強を無期雇用に切り替え、希望すれば65歳まで働けるようにする方針を固めた。育児や親の介護のために出退勤の時間をずらせるフレックスタイム制も導入し、仕事と家庭の両立を後押しする。安心して働き続けられる環境を整え、優秀な人材をつなぎ留める。

勤続2年以上の社員を対象に2016年4月から導入する。現在は1年ごとに契約を更新する有期雇用の形態だが、60歳定年の無期雇用契約に切り替える。再雇用制度を使えば、65歳まで働けるようになる。本人の能力次第で事務職への登用も可能な仕組みにする。

PC用

関連記事

死亡保険金を受け取るための手続方法

夫や妻が死亡した場合における生命保険の保険金受取人は配偶者に指定しているのが一般的だと思います。この

記事を読む

身近な生命保険の疑問を解決! ~保険金受取人の変更について~

終身保険や定期保険といった死亡などが原因で支払われる生命保険の保険金受取人を変更する機会は、ごく稀に

記事を読む

no image

保険委託社員の直接雇用は顧客のためになるのでしょうか

金融庁が3月末までに再委託販売の解消を求めていることから、今回、委託型販売をしていた主要代理店が販売

記事を読む

no image

ソニー生命の「生前給付定期保険(定期保険型)」、メリットは?

三大疾病に備える保険が発売された当時、生きているうちに保険金を受け取れるということで脚光を浴びました

記事を読む

解禁の不妊治療保険、不妊症の判断に課題は山積み

金融庁は、少子高齢化対策の一環として高額な不妊治療の費用を賄う保険商品を今春にも解禁する方針を固めま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

社会保険と生活
SOMPOひまわり生命が糖尿病患者向けの医療保険「ブルー」を販売。その特長を解説。

SOMPOひまわり生命から糖尿病患者向けの医療保険が販売されるというニ

オーストラリアへのワーホリ。ユニケア保険って何?

英語が得意な人、手を挙げてください。 ↓ ↓ ↓ ごめんなさい

オーストラリアへのワーホリ。私がユニケア保険に加入した時の流れ

N.Y.でのテロ発生以来、保険会社は保険料値上げという、もっともな手段

相続で後悔しないために!知っておくべき3つの相続方法

「相続や相続税なんてお金持ちだけの問題」という考えはもう古い?! 平

不動産所得の税金
住宅をお持ちの方必見!地震保険の基本と、2つの加入方法

その名のとおり、地震保険は、地震によって住宅などの建物が損害を受けた場

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、