家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

かんぽ生命保険の学資保険、民間生保との競争に勝てるか

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 生命保険

かんぽ生命保険の学資保険
新規の保険加入は、ライフステージの変化に考える家庭が多く、子供の誕生はまさにその最たるイベントです。

子供を授かった家庭で気になるのが、子供にかかるお金のことだと思います。
その中でも、教育費は金額も高額になるので計画的な準備を考える必要があります。
教育費の準備として学資保険や教育保険を検討する家庭が多くなってきました。
昔は利回りが良いと郵便局の学資保険が人気を集めた時代もありましたが、現在はその他の民間の保険会社に押されているのが実情です。利回り的にも民間の保険会社の方に魅力があります。

また教育資金に必要な時期に受け取れる設定が可能な会社もあります。
何より出産前の出生前加入に加入できることは、他者の保険会社にとっては早目にアプローチができ保険加入に結び付けられる大きなメリットであったと思います。

今回、かんぽ生命の新学資保険投入は、消費者も選択肢が増えるのは喜ばしいことだと思います。自分の家庭に合った保険を選ぶに当たり、選択肢が一つでも多くなれば、それだけ希望に近い物を見つけることができるからです。
生まれて最初に保険に加入する機会が、学資保険・教育保険と言えると思います。保険会社にとっては、その学資保険・教育保険を獲得することが将来への新契約へ繋がる可能性が高いので、力を入れる商品になっているのでしょう。

かんぽ生命保険の新しい学資保険が4月発売の見通しとなった。出産前でも加入できるようにし、契約者の家計状況に合わせて保険料(掛け金)の払い込みや保険金の受取時期の選択肢を広げる。
死亡保障を引き下げる代わりに、実質的な利回りを高めた「貯蓄型」とするのも特徴だ。

学資保険は満期時に返ってくるお金が増えやすい貯蓄型が人気を集めており、保障型しか扱っていないかんぽ生命は苦戦が続いていた。01年度に約68万件だった同社の学資保険の新規契約件数は、11年度に約22万件まで減少している。

新学資保険は掛け金を引き下げて実質的な利回りを高める。
どんな時期に加入しても大学の入学金支払いなどに満期が間に合うよう、新たに17歳満期も設ける。
契約者の事情に合わせ、お金の払い込みや受取時期の選択肢を増やす。大学1~4年の間に毎年保険金が受け取れたり、教育費が増える中学校入学前に保険料の払い込みを終えたりできるようにする。
(日経新聞)

PC用

関連記事

高齢者契約の状況確認の課題

昨今、保険契約者における保険金請求のし忘れや確実な保険金の支払いを目的として国内生命保険会社の注意喚

記事を読む

no image

生命保険選びに保険会社を重要視しなければならない理由

昨今、日本国内の生命保険会社における海外でのM&A(合併・買収)が盛んに行われており新聞などの記事に

記事を読む

no image

就業不能保険は必要か? -売りたいけど支払いたくない保険の典型-

突然ですが、もし「病気やけがで働けなくなった場合、その期間の収入を保障する保険があります」と言われた

記事を読む

日本生命が中小企業退職金共済制度を悪用

生命保険大手の日本生命の地方の営業部に勤めていた元部長と職員が、中小企業の従業員を対象にした国の退職

記事を読む

ニッセイの三井生命買収で考えてみた「保険会社の規模の重要性」

日本生命は三井生命を子会社化する事が保険業界のニュースとして大きく取り上げられております。昨今、生命

記事を読む

PC用

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、