保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

かんぽ生命保険の学資保険、民間生保との競争に勝てるか

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 生命保険

かんぽ生命保険の学資保険
新規の保険加入は、ライフステージの変化に考える家庭が多く、子供の誕生はまさにその最たるイベントです。

子供を授かった家庭で気になるのが、子供にかかるお金のことだと思います。
その中でも、教育費は金額も高額になるので計画的な準備を考える必要があります。
教育費の準備として学資保険や教育保険を検討する家庭が多くなってきました。
昔は利回りが良いと郵便局の学資保険が人気を集めた時代もありましたが、現在はその他の民間の保険会社に押されているのが実情です。利回り的にも民間の保険会社の方に魅力があります。

また教育資金に必要な時期に受け取れる設定が可能な会社もあります。
何より出産前の出生前加入に加入できることは、他者の保険会社にとっては早目にアプローチができ保険加入に結び付けられる大きなメリットであったと思います。

今回、かんぽ生命の新学資保険投入は、消費者も選択肢が増えるのは喜ばしいことだと思います。自分の家庭に合った保険を選ぶに当たり、選択肢が一つでも多くなれば、それだけ希望に近い物を見つけることができるからです。
生まれて最初に保険に加入する機会が、学資保険・教育保険と言えると思います。保険会社にとっては、その学資保険・教育保険を獲得することが将来への新契約へ繋がる可能性が高いので、力を入れる商品になっているのでしょう。

かんぽ生命保険の新しい学資保険が4月発売の見通しとなった。出産前でも加入できるようにし、契約者の家計状況に合わせて保険料(掛け金)の払い込みや保険金の受取時期の選択肢を広げる。
死亡保障を引き下げる代わりに、実質的な利回りを高めた「貯蓄型」とするのも特徴だ。

学資保険は満期時に返ってくるお金が増えやすい貯蓄型が人気を集めており、保障型しか扱っていないかんぽ生命は苦戦が続いていた。01年度に約68万件だった同社の学資保険の新規契約件数は、11年度に約22万件まで減少している。

新学資保険は掛け金を引き下げて実質的な利回りを高める。
どんな時期に加入しても大学の入学金支払いなどに満期が間に合うよう、新たに17歳満期も設ける。
契約者の事情に合わせ、お金の払い込みや受取時期の選択肢を増やす。大学1~4年の間に毎年保険金が受け取れたり、教育費が増える中学校入学前に保険料の払い込みを終えたりできるようにする。
(日経新聞)

PC用

関連記事

若年者が知っておくべき生命保険の選び方

この記事では、「若年者が知っておくべき生命保険の選び方」と題して、将来において役に立つ生命保険の選び

記事を読む

インターネット専業生命保険はネットだけでは勝ち目がない?

ネット生保の課題はニード喚起 インターネット専業の生命保険会社「アクサダイレクト生命保険」が、新た

記事を読む

高度な知識を持つ保険アドバイザーが求められる時代が到来!相談者に追い風か

楽天生命保険が行っている、保険加入前の顧客からインターネット上で相談を受ける「ネット保険デスク」が好

記事を読む

no image

太陽生命保険の介護保険、自分だけでなく両親の介護費用も保障

介護状態になると色々な面で家族の負担が大きくなります。 例えば、介護保険を利用する場合でも自己負担金

記事を読む

日本生命が中小企業退職金共済制度を悪用

生命保険大手の日本生命の地方の営業部に勤めていた元部長と職員が、中小企業の従業員を対象にした国の退職

記事を読む

PC用

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、