保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

ぜんち共済という、障がい者に寄り添う新しい保険会社の登場

ニッチな分野の保険を扱う、新興の保険会社

ぜんち共済株式会社は、知的障害者の豊かな生活と日々の安心のために設立された「全国知的障害者共済会」が前身の少額短期保険業者です。

少額短期保険は、保険金額が少額で、保険期間が1年(一部2年)と短いことが特徴です(但し、会社破綻に備え、契約者を保護する機関「契約者保護機構」がありません。)
最近では、ニッチな商品が受けて、加入者が増加しています。
ペット保険などが人気を集めており、耳にしたり、検討されたりした人も多いのではないでしょうか。

大手社保険では入れなかった人が加入できるケースも多い

一般的に生命保険加入時には、告知や診査が必要なものがほとんどですよね。告知内容や診査結果によっては、生命保険加入が断られることや条件付き契約になることもあります。
少額短期保険の中には、大手の生命保険業者の健康に関する加入条件よりも緩和している商品もあります。消費者にとっては、諦めていた保険に加入できる機会が増えたことは喜ばしいことだと思います。

さて、ぜんち共済株式会社の扱う「ぜんちのあんしん保険」の保有契約件数が40,000件に達したと公表されました。
「ぜんちのあんしん保険」は、知的障害者や発達障害者に提供されている保険で、「医療保障」「個人賠償責任補償」「死亡保障」「権利擁護費用補償」を備えた商品です。

知的障害者や発達障害者は、健常者に比べて危険やトラブルに遭遇することが多いのではないでしょうか。この保険の保有契約件数の伸びは、それだけこの保険のニーズの高さを示していると思います。
危険やトラブルを回避できることが一番良いのですが、注意を払っていても遭遇してしまうこともありますよね。そんな時に保険に加入していることで、経済的にも気持ち的にも救われることもあるのではないでしょうか。

本当に必要な人、必要な物に保険を加入検討できる環境が、少額短期保険によって少しずつ出来てきているように感じます。

(以下はぜんち共済のプレスリリースです)

「ぜんちのあんしん保険」保有契約数40,000件突破!


~知的障がい、発達障がいのある方のために生まれた保険~

 ぜんち共済株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:榎本重秋)が提供する「ぜんちのあんしん保険」が、平成27年12月末時点で保有契約数40,000件に達しましたことをお知らせします。

 当社は、平成12年7月、知的障がい者の豊かな生活と日々の安心のために設立された「全国知的障害者共済会」を前身とし、平成16年の保険業法の改正に伴い設立、平成20年2月、知的障がいや発達障がいがある方に医療保険等を提供する少額短期保険業者として関東財務局の登録を受けました。以来、「ぜんちのあんしん保険」を提供してまいりました。

 病気やケガで入院した場合の「医療保障」、他人にケガをさせたり他人の物を壊したりしたときのための「個人賠償責任補償」、万一のときの「死亡保障」に加えて、トラブルなどに巻き込まれたときの弁護士費用を補償する  「権利擁護費用補償」を備えた商品です。

 当社はこれからも社是である「ともに助け、ともに生きる」の精神に根ざし、一人でも多くの障がいのある方の「安心した生活」の実現に向けて成長を続けていけるよう、魅力的な商品の提供とサービスの向上に努めてまいります。

【ぜんち共済株式会社 会社概要】
社名  :ぜんち共済株式会社 http://www.z-kyosai.com/
所在地 :東京都千代田区岩本町3-5-8
資本金 :94,600千円
代表者 :代表取締役社長 榎本 重秋
事業内容:少額短期保険業(関東財務局長(少額短期保険)第14号)

PC用

関連記事

「保険辛口ランキング100」書評その1 ~がん保険と専門家選びの重要性~

これから書かせてもらう内容は「保険辛口ランキング100」という雑誌に掲載された、がん保険の入

記事を読む

ニッセイの三井生命買収で考えてみた「保険会社の規模の重要性」

日本生命は三井生命を子会社化する事が保険業界のニュースとして大きく取り上げられております。昨今、生命

記事を読む

身近な生命保険の疑問を解決! ~保険金受取人の変更について~

終身保険や定期保険といった死亡などが原因で支払われる生命保険の保険金受取人を変更する機会は、ごく稀に

記事を読む

no image

第一生命巻き返しなるか!一時払い保険が肝?

第一生命保険の2015年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比10%増の1351億円となり、20

記事を読む

ライフネット生命 × au 資本提携効果で巻き返しなるか!

ライフネット生命保険の岩瀬大輔社長は、2015年9月中間決算について記者会見し、本年4月に資本業務提

記事を読む

PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、