家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

地震保険の保険料が段階的に3割値上げの方針です

公開日: : 最終更新日:2018/10/31 火災保険

「地震保険料が3割値上げされる」との一部新聞報道があり、取引先の損害保険会社のポータルサイトでは連休明けにその報道を受け、「地震保険料値上げは決定ではありません。」と掲載されました。
保険料の値上げには、消費者も取り扱う保険会社も代理店も敏感です。
過剰に反応し過ぎではないかと思う時もあるくらいです。
しかし、実際問題として、保険料の値上げは消費者にとっては家計を圧迫しますし、代理店にとってはお勧めしにくくなります。

地震の多い日本では、地震保険は大切な保障です。
消費者も地震保険の必要性はわかっていても、保険料の値上げとなると不満の声が出てきます。場合によっては「大丈夫だから」という変な自信から加入を見送らないとも限りません。

一方、発生確率予想から保険料を計算して、保険料が足りないというのであれば値上げは致し方ないのではないでしょうか。実際に地震が発生し被害が大きかった場合に、保険金が支払われない事態に陥ることがあってはならないと思います。

しかし、昨年地震保険料が値上げされたばかりでもあり、また消費税増税も控えているので、保険料値上げは慎重にしていって欲しいものです。

地震保険の検討は火災保険の見直しと一緒に

地震保険は単独で加入することができない保険です。
必ず火災保険とセットで入らなくてはいけません。

地震保険の値上げが予定されていますが、家計節約のために火災保険の見直しをしてみることをお勧めします。
火災保険を見直してみたら不要な補償がついていたり、逆に必要となる補償がついていないことに気づいた・・というケースは多くあります。

最近では複数の火災保険をまとめて見積もりできる無料サービスもあります。
参考記事 火災保険を無料で一括見積り!最大19社に対応!

このようなサービスを活用しながらより良い火災保険・地震保険をされるのがベストな保険選びと言えるでしょう。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

地震保険、3割値上げ試算 損保料率機構、首都直下で

(以下、共同通信より一部抜粋)

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が、政府が首都圏や周辺地域に甚大な被害をもたらす首都直下の地震の発生確率予測を引き上げたことなどを受け、住宅向けの地震保険料を全国平均で3割程度値上げする必要があると試算していることが4日、分かった。

地震保険は、地震や噴火、津波で家や家財に損害を受けたときに保険金が支払われる。官民共同で運営されており、政府と損保各社は、機構が算出し金融庁が認可する料率に基づいて保険料を設定している。

ただ地震保険料は、昨年7月に全国平均で15・5%値上げしたばかり。2017年4月には消費税の再増税が控えており、政府は値上げの幅や実施時期を慎重に見極める構えだ。値上げの方法も「一度ではなく、段階を踏む」(関係者)などの方法が考えられるという。

保険料率は都道府県や住宅の構造によって異なるため、実際の上げ幅に差が生じる見通し。首都圏や周辺地域以外の加入者も、負担が増減する可能性がある。

PC用

関連記事

no image

マンション管理組合向けの火災保険「マンションドクター火災保険」、日新火災が発売。

マンションは共有部分と専有部分がありますよね。 個人が所有する専有部分に関しては、それぞれの所有者が

記事を読む

no image

東京電力が保険のセット割引販売を検討

携帯電話、インターネット、固定電話回線のセット割引で、勧誘を受けることが多くないでしょうか。 これは

記事を読む

10月から火災保険が値上げされます

消費税や社会保険料の負担が増える中、景気回復の実感も得辛く、保険料の負担を大きく感じる家庭も多いので

記事を読む

今こそ火災保険を見直すタイミングです!

平成27年10月より家庭向けの火災保険料が大幅に改定されます。 火災保険は火事だけに限らず、台風や水

記事を読む

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保険(家財保険)に加入しなければ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、