家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

10月から火災保険が値上げされます

公開日: : 火災保険

消費税や社会保険料の負担が増える中、景気回復の実感も得辛く、保険料の負担を大きく感じる家庭も多いのではないでしょうか。

損害保険各社がこの10月に保険料率を改定しますが、保険種類により保険料率が上がる商品、下がる商品があります。
自動車保険はほぼ保険料率が据え置かれますが、傷害保険は保険料率が下がり、火災保険は保険料率が上がります。

けがの治療費などを補償する傷害保険は、交通事故による死亡者数の減少、入院日数の短期化に伴い、損害保険会社の支払が減少しているため保険料率が下がります。これは良いことですよね。

火災保険は各社とも保険料を値上げ

火災保険に関しては、地震保険も含めてほぼ保険料率が上がります。地震による支払い、台風や豪雨による災害が増えているので致し方ないとは思います。
しかし、今年の台風や豪雨の災害状況を考えますと、この先も保険料率が上がる可能性が高いのではないでしょうか。

災害に遭うとその損害額は大きいですから、火災保険はなくてはならない保険だと思います。
しかし、保険料負担があまりにも大きくなってしまうと、加入を控えてしまう人も出てくるのではないでしょうか。その点がとても気になるところです。
また、保険料が高くなるからと言って加入する保険内容を変更する際には、必要な保険内容まで削ってしまうことがないように注意したいものです。

建物の構造や地域によって保険料率が違いますので、一概に全ての保険料が上がるというわけでもなさそうですが、火災保険を検討している人は、9月中と10月中では保険料がどれくらい違うか保険会社に問い合わせをしてみるのもいいかもしれませんね。

(以下は日経新聞より一部抜粋です)

傷害保険料1~3%下げ 損保各社、交通事故向け
火災は引き上げ 10月改定


損害保険各社は10月、主な保険料率を一斉に改定する。交通事故による死者数の減少を受け、けがの治療費などを補償する傷害保険を平均で1~3%程度下げる。一方、自然災害の増加で保険金の支払いが増えている火災保険料は上げる。
主力の自動車保険は保険料をほぼ据え置く。損保各社の業績改善が進むなか、保険料の抑制でどこまで契約者の負担を減らせるかは、消費の先行きにも影響を及ぼしそうだ。

傷害保険の保険料が下がるのは、交通事故でけがを負った際に保険金を受け取れる「交通事故傷害保険」。東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険が平均で1~3%下げる。交通事故による死亡者が減っているうえ、平均の入院日数も短くなっており、損保各社の採算が改善しているためだ。

火事や台風、豪雨など自然災害による被害を補償する火災保険は家庭向けが全国平均で2~4%、企業向けでは1~2%上げる。台風の被害が増えている九州・沖縄の上げ幅は最大5割にのぼる。家庭向けの地震保険についても17年1月から全国平均で段階的に19%上がる見通しだ。

景気回復の実感が広がりに欠けるなか、損保各社の業績改善で契約者の負担軽減が一段と進むかが注目されそうだ。

PC用

関連記事

認知症家族の鉄道事故の損害賠償金を補償する保険がついに登場!

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保より、従来より補償内容を充実させた「個人賠償特約」が販売されま

記事を読む

no image

マンション管理組合向けの火災保険「マンションドクター火災保険」、日新火災が発売。

マンションは共有部分と専有部分がありますよね。 個人が所有する専有部分に関しては、それぞれの所有者が

記事を読む

no image

レンタルした車いすや介護ベットも補償する火災保険が登場します

高齢になると若い世代とは違い、生活に補助具を使用する人も少なくありません。 車椅子や介護ベッドは身体

記事を読む

no image

10月に火災保険料が一斉値上げ!住宅ローンにも大きく影響します

大手損害保険各社は平成27年10月に火災保険料を一斉に引き上げます。 当初は一部大手の損害保険会社の

記事を読む

ネットで申し込める低価格型の火災保険をアメリカンホームが発売します

火災保険は建物の構造等によって保険料が決まるため、意外とベテランの営業マンでも構造に頭を悩ませること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

不動産所得の税金
住宅をお持ちの方必見!地震保険の基本と、2つの加入方法

その名のとおり、地震保険は、地震によって住宅などの建物が損害を受けた場

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

妊娠中も入れる海外旅行保険まとめ【妊婦さんの海外旅行マニュアル】

妊娠している方の海外旅行 -海外旅行保険編- 【相談】 いま妊

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、