家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

【自転車保険】行政が住民世帯をバックアップする仕組み作り

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 自転車保険

以前、自転車事故による多額の賠償金支払判決が大きなニュースとして話題となりました。兵庫県では条例によって自転車保険の加入義務化を実施した事についても大きなニュースとなりましたが、行政が自転車を多く利用する世帯に対して交付金の助成を行うというニュースが出てきました。

国の政策などを見ても、政府が国会内で法律を改正し国民負担が重くなっても、直接的に何の助成もないのが当たり前となっているだけに、兵庫県のように自転車保険の加入義務化を決定した行政が住民世帯を配慮した助成にはとても共感を持つ事ができます。全国すべての行政が真似をする事は財源的に無理であるのは分かっているものの、他行政・自治体の模範となるべき取り組みであると筆者は感じました。

よくメディアでは若年者が故郷から離れ都会で働くといったような報道を目や耳にしますが、このような行政の取り組みも子育てをする中でずっと住み続けていきたいと思える1つのきっかけになるのと筆者は考えます。ふるさと納税が少し前に大きな話題を呼び、それぞれの市や町のPRがとても盛んになりました。そして地方創生の時代と呼ばれる世の中に変化してきております。

地方が独自の取り組みや強みをPRし、他との差別化を図っていけなければ、魅力的な町にはならないと感じます。今回のニュースは助成金額の多寡などではなく、行政としていかに住民に対してバックアップできるか、そして住民1人1人を大切に想う温かい政策と言っても過言ではないでしょう。

(以下は神戸新聞からの一部抜粋記事です)

自転車保険義務化で助成金 中学生いる世帯に 篠山市


兵庫県条例による自転車利用者への損害賠償保険加入義務化を受け、篠山市は年内にも、中学生がいる市内の世帯(市外の私立中学に通う生徒を含む)に交付金の助成を始める。1世帯当たり年額千円で、複数の中学生がいる世帯も同額。

保険加入に関する県の条例は、自転車の対人事故による高額賠償が相次いだことなどから施行された。1日から利用者の保険加入や販売時の加入確認などを義務付けている。

PC用

関連記事

自転車保険

自転車保険を親の立場で考える

自転車事故による多額の損害賠償請求の支払命令が裁判所から下された背景を受けて、昨今では自転車保険の

記事を読む

自転車の高額事故に備えよ。自転車保険や火災保険特約で対策。

自動車やバイクは運転するのに免許証が必要ですが、自転車は車両とは言え誰でも運転ができます。子供から

記事を読む

no image

日新火災が積み立てプラン付の自転車保険を発売

兵庫県で自転車保険加入の義務化の条例が施工されるなど、自転車保険が大きな関心を集めています。 実際、

記事を読む

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュースになりました。 ここ数

記事を読む

自転車保険

いま自転車保険が必要になってきてる理由

ここ数年、自転車の事故増大を受け、道路交通法の改正が相次いでいます。 自転車の歩道走行禁止や、ヘ

記事を読む

PC用

オーストラリアへのワーホリ。私がユニケア保険に加入した時の流れ

N.Y.でのテロ発生以来、保険会社は保険料値上げという、もっともな手段

相続で後悔しないために!知っておくべき3つの相続方法

「相続や相続税なんてお金持ちだけの問題」という考えはもう古い?! 平

不動産所得の税金
住宅をお持ちの方必見!地震保険の基本と、2つの加入方法

その名のとおり、地震保険は、地震によって住宅などの建物が損害を受けた場

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

妊娠中も入れる海外旅行保険まとめ【妊婦さんの海外旅行マニュアル】

妊娠している方の海外旅行 -海外旅行保険編- 【相談】 いま妊

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、