家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

【自動車保険の満足度調査を見て】自動車保険加入を逆の発想で考えてみる

公開日: : 自動車保険

2015年日本自動車保険新規加入満足度調査、および2015年日本自動車保険契約者満足度調査の結果、代理店系ではAIUが4年連続で総合満足度1位に、ダイレクト系では、セゾン自動車火災が3年連続で総合満足度1位となりました。

筆者は自動車運転歴が15年以上になりますが、一度も自動車事故を起こした事がありません。従って自動車保険に加入しているものの、自らの自動車保険金を請求した事はないため、顧客満足度を見たり聞いたりしてもしっくりとこないというのが本音です。

事故を起こさない優良ドライバーが支払保険料などで優遇される自動車保険が受け入れられるのはこのような心理を上手く捉えていると言えるのではないでしょうか。また、「事故対応」や「保険金支払」についても同様の事が言えます。これらは実際に事故を起こして保険金請求した人の感想であるため、事故を起こさない人にとってみると大きな参考にはなりません。

個人的な見解ですが、自動車保険は逆の発想で考えるのが良いのではと思います。
良い意見を参考にするのではなく、逆に悪い意見を参考にしてその保険会社を回避するという事です。一見同じように思えますが意味合いが全く異なります。

自動車事故が起きて保険金請求する案件が保険会社それぞれによって異なるからこそ筆者はそのように感じているのです。1件の事故に対して1人が満足と応えれば100%の満足度ですが、10件の事故に対して5人が満足であれば満足度は50%しかありません。案件が同じ条件でなければ決して平等で正しい結果とは言えないと考えているのですが、皆さんはいかがでしょう。

自動車保険満足度、ダイレクト系はセゾンが3年連続トップ…JDパワー2015年日本自動車保険新規加入満足度調査

J.D.パワー アジア・パシフィックは7月16日、2015年日本自動車保険新規加入満足度調査、および2015年日本自動車保険契約者満足度調査の結果を発表した。

新規加入満足度調査は、新規契約顧客および切替顧客を対象に、契約保険の内容、契約手続き時の保険会社・代理店の対応実態など自動車保険に新規で加入する際の顧客満足度を調べた。

調査結果によると、代理店系では、AIUが4年連続で総合満足度1位となった。同社は「契約内容/契約手続き」「価格」において代理店系保管会社セグメントにおいてトップ評価となった。2位は富士火災で「契約チャネル」の評価がトップ評価だった。3位は三井住友海上で3つすべてのファクターでセグメント平均以上の評価を得た。

ダイレクト系では、セゾン自動車火災が3年連続で総合満足度1位となった。同社は「契約内容/契約手続き」の評価がダイレクト系で最も高かった。2位はSBI損保で、「価格」の評価がトップとなった。3位はイーデザイン損保で3つすべてのファクターでセグメント平均以上の評価を得た。

一方、契約者満足度調査は、契約者を対象に、契約保険の内容や、契約期間中の自動車事故保険金請求時の対応、各種手続きや問合せ時の保険会社・代理店の対応実態など自動車保険契約期間中の接点全般に対する顧客満足度を調べた。

調査結果によると、AIUが3年連続で総合満足度1位となった。同社は5つの全てのファクターにおいてトップ評価を得ている。AIUは特に「価格」「顧客対応」「事故対応/保険金支払」の評価が高く、他社を大きく上回っている。2位は三井住友海上で、「契約内容/契約手続き」「価格」「顧客対応」「事故対応/保険金支払」でセグメント平均以上の評価だった。3位は富士火災で、「価格」「保険証券」「顧客対応」「事故対応/保険金支払」でセグメント平均以上の評価を得た。

ダイレクト系では、セゾン自動車火災が3年連続で満足度1位となった。同社は「契約内容/契約手続き」でトップ評価となった。2位はソニー損保で「顧客対応」「事故対応/保険金支払」でトップ評価を得ている。3位のSBI損保は「価格」の評価がトップとなった。

PC用

関連記事

no image

損保各社の収保が改善傾向。保険の値上げで。

損保大手の2014年度の国内保険料収入が前年度比2.8%増収と発表されました。 保険代理店に勤務し、

記事を読む

自動車保険の分析・評価

自助努力が支払保険料を割安にする時代

昨今、自動車保険の一種でテレマティクス保険が話題となっています。テレマティクス保険は自動車に小型の

記事を読む

no image

自動ブレーキ搭載の車、自動車保険が安くなる!

2017年1月より損害保険各社では、自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載した自動車の保険料を平均で

記事を読む

no image

自動車保険、安全運転で安くなるテレマティクス保険が続々登場

昨今、自動車の走行距離や運転状況などで支払保険料が変化するタイプの自動車保険が損害保険各社より続々と

記事を読む

no image

自動車部品保険「パーツケア」、ハイブリッド車の部品故障を補償開始

自動車保険を加入する際、「保険料が高くなるから」という理由で車両保険に入らない方も多くなっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

FPが教える!住宅購入前に知っておくべきお金や法律など5つのこと

住宅の購入を考え始めたものの、どこから手をつけたら良いのかわからない!

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、