保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

住宅ローンの借り換え以前に「絶対」考えなければならないこと

公開日: : 住宅・住宅ローン

今、この記事を読まれている人はきっと住宅ローンの借り換えを検討していることと思います。中にはインターネットで少しでも低い金利を求めて検索している人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、住宅ローン借り換え以前に「絶対」に考えなければならないことがあるのですが、今回はそのことについてご紹介していきたいと思います。

そもそも収支と支出のバランスは適切なのか確認する

住宅ローンの借り換えを検討している人は、
「返済金額を少なくしたい」
「返済負担を軽くしたい」
と考えるのが一般的でしょう。

しかし、毎月の給与(手取額)から食費や水道光熱費などの生活費をはじめ、住宅ローン返済や生命保険料、教育費などの毎月支出するお金を差し引いた「正味手元に残るお金」があるかないかで対策が異なります。

毎月の支出が収入よりも上回っており、そもそも住宅ローンの返済が追いついていない状況の人は意外と多いものです。
まずはこの部分をしっかりと確認し住宅ローンの借り換えをする効果が見込まれるのかどうかを考えることが重要です。

安易な条件変更は結果として自分の首を絞めることになる

住宅ローンの返済が苦しくて、銀行へ返済条件の変更や猶予を求めてしまう人も多いと思います。こちらについて否定するつもりはないのですが、金融機関の信用情報といった面で「マイナスの評価」を受けてしまいます。
もっとわかりやすく説明すると、他の融資が通らなかったり、借り換えそのものの受付がしてもらえなかったりするといった意味です。

これまでに書いた参考記事
うまい話には訳がある!住宅ローンの条件変更に潜む大きな落とし穴

返済が苦しくなってきたと感じたときは、銀行へ条件変更の相談をする前にFPといったお金の専門家へ早めに問題点を導き出してもらうのが適切でしょう。FPは住宅ローンの借り換え相談だけではなく総合的な家計のお金についてアドバイスをする立場にあるため、住宅ローンだけに特化せず家計全体のお金が効率よく回る具体的な方法をアドバイスします。

目先のお金だけに捉われるのではなく、長い目でお金の流れを考えることが大切なのです。

PC用

関連記事

FPが伝授!マイホームはこんな不動産業者と契約するな!

人生で最も高い買い物であるマイホーム購入。 当然、絶対に失敗したくないと考えますが、何よりも契約す

記事を読む

マンション売買の値引きについての相談「購入後に安くなってました」

マンション売買に関する質問相談の第2回です。 今回は、よくあるマンション売買の疑問と相談の中から、

記事を読む

マンション売買の瑕疵担保責任についての質問と相談

首都圏や政令指定都市などに在住している方は、マイホームとしてマンションを購入されるケースも多いと思い

記事を読む

マイナス金利における住宅ローン選択のポイントとは

日本銀行のマイナス金利政策を受けて、金融機関における住宅ローンの低金利時代が続いています。 住宅

記事を読む

実例からFPがアドバイス!定年前に住宅ローンを完済するために必要なこと

平成28年2月よりマイナス金利政策が始まったことによって、金融機関が融資している住宅ローンの金利が引

記事を読む

PC用

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、