保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

自動車保険はどこから入るのが得か

公開日: : 自動車保険

自動車保険はどこから入る?

自動車保険はどこから入るのが得か

自動車保険加入の方法は大きく二つに分かれます。

「代理店型」 と 「ダイレクト型」です。

今回はそれぞれの選び方のポイントについてご説明します。

「代理店型」の特徴①
担当者と打ち合わせがある。

代理店型は加入時に担当者との打ち合わせがあります。人によっては面倒に感じるところかもしれません。

優秀な代理店はお客様のご家族情報やお車の使用目的、使用頻度など様々な情報をもとに提案を行います。
ですから、代理店との面談中に、「そんなところまでカバーできるんですか」という驚きがあったり、「そういう補償が欲しかったんです」という気付きが得られることもあります。

「補償金額の設定や沢山ある特約の選択が難しいな」とか「はじめて加入するので納得いくまで保険の事を知りたい」と思われる方には「代理店型」がおすすめです。

代理店型の特徴②
さまざまなきめ細かい対応

加入時だけではなく、契約内容変更時や解約の際にも「きめ細かく」対応してくれます。
例えば、解約時に損が出ない解約のタイミングを教えてくれたり、車の買い替え時にどの車にするか迷っていたら、車種ごとの保険料を教えてもらうこともできます。

代理店型はお客様に担当者が付く事が多いので、自分の担当者からこういった情報を手軽に得る事ができます。また、保険の更新時にも、保険商品のモデルチェンジが発生していた場合には詳しく説明してくれます。

付加価値を提供できる代理店かどうかがポイント!

「代理店型」加入の場合、お客様は「きめ細かさ」という付加価値にお金を払っているといっても過言ではありません。
これまで述べてきたようなことはあくまでも代理店のあたりまえの業務です。

このような価値を感じる事が出来ない場合には、更新時に
他の代理店や通販での加入を検討されるほうが良いでしょう

更新時に電話一本で済ませようとする代理店は要注意です。担当者や会社によって対応の質にばらつきがありますので、加入を検討する前に周囲の評判を確認する事も重要です。

業態毎の付加価値もあります

「代理店」といっても千差万別ですが、代表的なタイプとしては以下の3つがあります。あくまでも一般論ですが、それぞれに期待できる優位性が違いますので、参考にしてください。

①損害保険を主力商品としている代理店
事故の対応経験が多い。火災保険や傷害保険等の他の損害保険商品に強みがあります。
②生命保険を主力商品にしている代理店
生命保険を含めた世帯全体の保障提案に強みがあります。
③自動車販売・整備が本業の代理店
事故時や整備時の代車費用等のサービスに強みがあります。

続いては、ダイレクト型(通販型)の自動車保険の特徴です。

「ダイレクト型」の特徴①
自動車保険料がリーズナブル!

通販型の自動車保険は代理店手数料や店舗経費、人件費といったコストを抑えることで、「代理店型」よりも割安な保険料を実現しています。
保険料負担を抑えたい方や、一定の保険知識がある方にとっては「ダイレクト型」が第一の選択肢になることでしょう。

「ダイレクト型」の特徴②
セルフメイドで納得感!

ほとんどのダイレクト型の保険会社では、ネット上で見積もりが自作出来るようになっています。
ですから、納得いくまで、自動車保険の設計が自分でできます。
コールセンターのサポートも各社充実していますので、わからない事は電話で教えてもらいながら設計する事も可能です。

「代理店型」だと「営業担当者に押し切られるかもしれない」というような不安がある方にはゆっくり自分のペースで契約内容を検討できますのでおすすめです。
さらに、契約内容の変更や更新もネット上で気軽にできますから、時間のない方にもいいですね。

相見積もりは通販でも必要?

「ダイレクト型」の自動車保険は各社特徴がありますが、一定の年齢層や走行距離が少ない方などの特定の属性のお客様を主な対象とした商品設計になっている事があります。

補償内容にもよるのですが、例えば若年層の方は「代理店型」の自動車保険よりも保険料が高くなるケースもあります。ですから、「ダイレクト型」に限らず、複数の見積もりを取られる事をお勧めします。

「代理店型」と「ダイレクト型」に事故対応の違いはある?

「代理店型」のうち、大手損害保険会社は、各都道府県に複数の事故対応部署を設置しています。様々な相談に乗ってもらいたい場合や保険金請求書類の記入に不安がある場合は心強いかもしれません。

とはいえ、事故発生時の対応も24時間365日対応のコールセンターが「代理店型」「ダイレクト型」共通の業界標準になっています。
また、保険金の支払いプロセスも基本的には同じなので、事故対応に決定的な違いはありません。

無料で出来る一括見積もりサイトを活用しましょう。

インターネットを通じて自動車保険の保険料を、複数の保険会社をまとめて見積もりできるサービスも多く出てきました。

たとえば、
「無料で出来る自動車保険の一括見積もり」 は最大で21社の保険会社の見積もりを一括で比較できる無料のサービスです。
これだけの数の保険会社を1つ1つ当たっていくことなどは普通は出来ないですから、とても便利なサービスだと思います。

一括見積もりサイトなどで見積もりを取ってみたら「○万円も安くなった!」というケースも実際に多くあります。無料で出来ますから一度試されてみたら良いでしょう。

まとめ

「代理店型」「ダイレクト型」それぞれの特徴についてご説明させていただきました。
それぞれの特徴が人によってメリットになったり、デメリットになります。あなたはいかがでしたでしょうか?

「代理店型」で得られるサービスに価値を感じられるようであれば「代理店型」、そうでなければ「ダイレクト型」と考えるのがよいですね。

なんにせよ、自動車保険を探すときに複数の保険会社に見積もりを取るのは基本です。
その上で、価格とサービスを天秤にかけて、一番と思う自動車保険を選ばれるのが効率が一番良い自動車保険の選び方だと思います。

関連記事

no image

自動車保険、安全運転で安くなるテレマティクス保険が続々登場

昨今、自動車の走行距離や運転状況などで支払保険料が変化するタイプの自動車保険が損害保険各社より続々と

記事を読む

1日限定の自動車保険、セブンイレブンでも販売

自動車保険の契約も1日目から加入できる仕組みとなり世の中の流れやニーズに対応してきたなという感じ

記事を読む

災害応援で他部署の損害課にいったときのこと | 今日も明日も自動車事故

本日はちょっと趣旨を変えて、自動車損害担当の私が台風対策室にお手伝いにいったときのお話しをします。

記事を読む

自動車保険

テレマティクス保険の開発進む。安い自動車保険の実現目指す。

現在の自動車保険は、事故歴による等級により、保険料の増加や割引が決まります。 無事故割戻等があ

記事を読む

保険担当者が教える自動車保険選びのポイント

毎年なんとなくやってる自動車保険の更新。 これで良いのかな? もっと安い保険会社もあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、