保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

年末だからこそ確認したい!世帯の医療費用

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 税金や節税

所得税の還付を受ける方法の1つに「医療費控除」があります。今回はこの医療費控除を受けるために特に大切なことを3つご紹介していきます。

ポイント1.「1月1日から12月31日まで」「10万円超え」がポイント

所得税の課税期間は「1月1日から12月31日までの1年間」と決まっており、この1年間で世帯の医療費が合計で「10万円」を超えていれば医療費控除が受けられます。ただし「総所得金額が200万円未満≒年収がおおよそ300万円程度」の人は医療費が10万円を超えていなくても適用が受けられる場合があります。

ポイント2.医療費控除を受けるには「確定申告」で

医療費控除は「確定申告」をしなければ受けることはできません。確定申告の期間もあらかじめ決まっており「翌年の2月16日から3月15日まで」となります。例えば平成27年度の確定申告期間は「平成28年2月16日から3月15日」までとなります。

ポイント3.「治療のための領収書」の添付が必須条件

医療費控除を受けるためには税務署へ「治療のための領収書」の添付が必須条件になっています。病院や診療所などで診察や治療費をはじめ、薬局で薬を処方してもらった時に支払った医療費は医療費控除の対象です。これらの費用を支払った時に受け取る領収書を紛失や廃棄などで添付できない場合は医療費控除が認められませんので注意が必要です。

もう1つの注意は「治療のため」といった点です。例えば薬局で購入した「栄養ドリンク」「ビタミン剤」「サプリメント」「インフルエンザ等の予防接種」などは医療費控除の対象外になります。逆に薬局で購入した「風邪薬」や「胃薬」などは治療のためといった目的に該当しますので医療費控除の対象になります。

まとめ

医療費控除を受けるためには「1月1日から12月31日まで」に世帯全員の「治療のための領収書」を合算し、その合計金額が「10万円を超えている」ことが必要です。年末でいろいろと忙しいことと思いますが、隙間時間をみつけて計算してみることをおすすめします。計算の結果、医療費控除が受けられるのであれば、翌年のカレンダーに(2月16日)書き込んでおくのも良いでしょう。

PC用

関連記事

提案

確定拠出年金にはない個人年金保険のメリット

「老後の年金が心配です・・・。」 30代~40代の子育て世帯のお父さん・お母さんに多い悩みの1つです

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

年末調整でよくある、控除忘れの厳選3選!

12月に入り今年もいよいよわずかになりました。会社員やパートの皆さんは年末調整に必要な書類の提出を求

記事を読む

確定拠出年金

年末調整で知っておくべき所得控除のすべて

会社員や公務員の皆さんは、1年に1回の大きなイベントの1つに「年末調整」があげられると思います。

記事を読む

これで安心!独立系FPが簡単な医療費控除の申告方法を教えます

2月16日から3月15日までが所得税の確定申告の期間となっておりますが、今回ご紹介する「医療費控除」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、