保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

贈与税の基礎知識 ~子どもへの資金援助はどこまでが贈与の対象なのか~

公開日: : 税金や節税

子を持つ親御さんは、将来の子どものために貯蓄をしている方が多いと思います。

「贈与」という言葉があるように、日本では人から人へ財産が移転した時に原則として贈与税が課せられることになっています。
では、親から子へ対する資金援助もすべて贈与税が課せられてしまうのでしょうか?

今回は贈与税の基礎知識として、親から子に対する資金援助を中心に解説していきたいと思います。

すべての贈与に対して税金が課せられるわけではない

極端な例ではありますが、親が子どもにおこづかいをあげることも厳密な言い方をすれば贈与にあたります。しかしながら、すべての贈与に対して税金を課するのは世の中の秩序が乱れおかしくなってしまいますし、税申告などの事務手続きが煩雑になってしまいます。

そこで、法律では

“相続税法上、扶養義務者相互間において、生活費または教育費に充てるために贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるものは、贈与税が非課税となる”

出典 相続税法第21条3項1号2より一部引用

としております。

これを簡潔に説明すると、普段、親が子どものために支出するお金は贈与であったとしても税金は課しませんといった意味です。

ただし、以下のような場合には要注意です。

親から子への贈与で税金が課される場合の一例

父は子に対して、生活費、教育費の費用として500万円を贈与しました。この500万円のうち200万円は授業料や教育費としてお金を使いましたが、残額の300万円については、将来のために貯金しました。

上記の場合、200万円は生活費や教育費として通常必要と認められるものですから贈与税はかかりませんが、貯金した300万円は将来必要なものかもしれませんが、「今」必要なお金ではありませんよね?
他の意味で使うこともできるお金になりますので、この貯金した300万円については贈与税が課される対象になります。

大きなお金を資金援助する際には、金額やお金の使い道に注意を払って行うようにしましょう。

PC用

関連記事

夫婦なのに贈与税が発生!これってあり? | 住宅ローンには要注意!

夫婦共働き、夫婦で住宅ローンの申し込みなど、一昔前と随分世の働き方が大きく変化したと感じます。 この

記事を読む

子供への結婚資金提供と贈与税の注意点

子を持つ親御さんの多くは、将来の結婚資金のために貯蓄している人も多いのではないでしょうか。 しかし

記事を読む

相続税で支払う金額はいくら?金額を確認する4つの手順

平成27年(2015年)1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられてから、早2年が経ちま

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

確定拠出年金

年末調整で知っておくべき所得控除のすべて

会社員や公務員の皆さんは、1年に1回の大きなイベントの1つに「年末調整」があげられると思います。

記事を読む

PC用

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、