保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

こんな特殊事情で配偶者控除・配偶者特別控除は適用できる

公開日: : 税金や節税

配偶者控除の適用
女性の皆さんの中には今年、育児休業を終えて職場に復帰した方、産休のため長期休暇に入った方などがおられると思います。

これらの方は復帰する時期や長期休暇に入るタイミングによって旦那さんが配偶者控除や配偶者特別控除が受けられる可能性があります。ここではどのタイミングで控除対象になる可能性があるのか解説していきます。

育児休業を終えて職場復帰した場合

所得税を計算する上でのルールとして「1月1日から12月31日までの1年間」といった期間があります。この期間において、配偶者控除は「年収103万円以下」配偶者特別控除は「年収103万円超、年収140万円まで」の場合に控除対象になります。

具体例として、ここでは仮に月収15万円で働いているものとして考えていきます。配偶者控除の適用を受けるためには年収103万円以下が条件ですので、7月以降に職場復帰していれば配偶者控除の対象になります。(15万円×6ヶ月=90万円のため)

同様に考えますと4月・5月・6月に職場復帰した場合は配偶者特別控除の適用が受けられます。(15万円×7ヶ月=105万円、15万円×8ヶ月=120万円、15万円×9ヶ月=135万円)

年の途中で産休に入った場合

年の途中で産休に入った場合は育児休業の場合と逆の考え方になります。
つまり6月まで働いて7月から産休に入った場合には1月から6月までの6ヶ月=90万円が年収となりますので配偶者控除の適用が可能となるのです。

産前、産後休暇中に受け取ることができる「出産手当金」は税金の計算上、収入としない決まりになっているため、たとえ年中に受け取ったとしても何ら影響は及ぼしません。

まとめ

このように職場復帰するタイミングや産休に入るタイミングで配偶者控除や配偶者特別控除が適用できます。人によっては適用の有無で還付金に2万円程度の差が生じることがありますので忘れずに適用したいものです。
同時に適用し忘れの場合には「確定申告」で適用することが可能ですので、合わせて知っておきたいポイントですね。

PC用

関連記事

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知らないだけです。人は知らないこと

記事を読む

子供への結婚資金提供と贈与税の注意点

子を持つ親御さんの多くは、将来の結婚資金のために貯蓄している人も多いのではないでしょうか。 しかし

記事を読む

配偶者控除103万円の引き上げで家計はどう変わる?

配偶者控除は、おもに専業主婦やパートで働く女性が1年間の収入が103万円以下である場合に、夫が妻を

記事を読む

贈与税の基礎知識 ~子どもへの資金援助はどこまでが贈与の対象なのか~

子を持つ親御さんは、将来の子どものために貯蓄をしている方が多いと思います。 「贈与」という言葉があ

記事を読む

受け取った生命保険金は相続税?贈与税?所得税?

多くの皆さんが終身保険や医療保険など、民間の生命保険会社が取り扱っている生命保険を契約して加入し

記事を読む

PC用

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、