保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

結婚資金や教育資金など、将来の子ども資金を簡単に貯める方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 社会保障や公的保険

子どもが誕生してから社会に出て自立するまでの「お金」を考えると1,000万円単位のお金が必要だと言われます。
ここでは将来の子どものための結婚資金や教育資金を簡単に貯める方法を紹介したいと思います。

児童手当をすべて貯めると約200万円程度になる

0歳から15歳までの子育て世帯がもらっている「児童手当」ですが、このお金をすべて将来の子どものために貯蓄した場合、約200万円程度が貯まることをご存知でしたか。詳細は以下のとおりです。

・0歳から3歳未満(2歳まで)=月々15,000円

・3歳から小学校修了前=月々10,000円(第1子・2子) 3子以降は月々15,000円

・中学生=月々10,000円

となります。子どもの人数によってもらえる児童手当の金額に違いはありますが、仮に子どもが2人の世帯の場合、1人あたりの児童手当の総額は以下のようになります。

・0歳から3歳未満(2歳まで)=合計540,000円

・3歳から小学校修了前=合計1,200,000円

・中学生=合計360,000円

・総額=2,100,000円

結婚資金・教育資金どちらでも対応可能

児童手当の使い方は親によって左右されます。
子どもの習い事や衣服、その他必要なものを購入するために使う人もいれば、すべて貯蓄して将来の結婚資金や教育資金にあてる人もいます。どちらのお金の使い方も正しいと考えますが、結婚資金や教育資金を準備したいと考えている親御さんには簡単に貯められる方法なのではないでしょうか。

児童手当の使い方を再検討してみる

子どもが誕生してから中学校を卒業するまでの約15年で2,100,000円が貯められることがわかりました。語弊のある表現ではありますが、このお金は働かなくてももらえるお金であり、「親の考え方や使い方」が大きなポイントになります。

子どものための結婚資金や教育資金を少しでも多く用意しておきたいと考えている親御さんで児童手当を子どもの消耗品等に使用している場合は再検討してみるのもよいでしょう。ちょっとした工夫で余裕をもった資産形成が可能になります。

PC用

関連記事

公的健康保険から支給される埋葬料・家族埋葬料とは

残念ながら人が亡くなる確率は100%です。いつかは訪れるこの時に備えて生命保険を掛け続けたり、貯蓄し

記事を読む

定年から年金支給開始までの空白の5年間をどう暮らす?5つの資金対策を紹介。

これから先、年金を受け取る世代にとって、老後の生活資金である年金への心配や不安は大きいものです。

記事を読む

no image

「モラル」が問われる療養費問題

国民健康保険の療養費詐取の問題が大きくメディアで取り上げられました。このニュースが報道された事や発端

記事を読む

国民年金

年金が振り込まれるまでにかかる日数と手続きの流れをまとめました。

老後の生活資金である国民年金や厚生年金はどのような流れで受け取れるかご存知でしょうか? 平成2

記事を読む

退職時に行う健康保険や雇用保険(失業保険)、税金の手続きのまとめ

3月や12月など節目の時期になりますと、急な生活環境の変化や理由で退職や転職をしなければならないこと

記事を読む

PC用

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

不動産所得の税金
住宅ローンでチェックされる審査項目トップ10とその対策法を現役1級FPが伝授!

住宅購入を検討中の方ならご存知でしょうか? 住宅ローンを利用するには

「人生の3大資金」への備え方・準備方法をファイナンシャルプランナーが解説

生まれてから死ぬまで、人が生きていくには何かとお金がかかります。 そ

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、