家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

年末調整でよくある、控除忘れの厳選3選!

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 税金や節税

12月に入り今年もいよいよわずかになりました。会社員やパートの皆さんは年末調整に必要な書類の提出を求められていることと思いますが、この書類へ記載するべきものをうっかり忘れてしまった場合には税緩和が受けられなくなることをご存知でしたか。

今回はその中でも特に多いものを厳選してご紹介していきます。

その1 扶養控除

子どもや父母を扶養している人も多いと思います。特に気をつけたいのは「高校生になった子ども」を扶養している皆さんです。12月31日時点で「16歳」になった子どもを扶養している場合は扶養控除が受けられます。

逆に高校生になった子どもを扶養していても12月31日時点でまだ15歳の場合もありえます。こちらは翌年の年末調整から扶養控除が適用され、結果として受けられる年がずれることになります。

両親を扶養している場合などで、残念ながら年中に亡くなってしまった人いると思います。このような場合は、「その亡くなった時において扶養」していれば扶養控除が適用されることになります。亡くなったからもう受けられないと勘違いされている皆さんがとても多いですので注意しておきたいポイントです。

その2 寡婦控除・寡夫控除

寡婦控除・寡夫控除は、配偶者と離婚や死別をして再婚をしていない男女に適用されるものです。男女によって適用される条件が異なっている特徴があり、おもな条件として「扶養している子どもがいる」「所得金額が500万円以下」などといったものがあります。寡婦や寡夫といった「ひとり親」は経済的にも大変な思いをされていることを考慮して、毎月の給料から源泉徴収される所得税も優遇されています。忘れずに適用しましょう。

その3 社会保険料控除

国民年金を支払った場合の国民年金保険料は、社会保険料控除として「支払った全額」が税緩和の対象になります。今まで未納であった国民年金保険料を支払った場合や免除を受けていた国民健康保険や国民年金保険料などを支払った場合に適用されます。

うっかり忘れた場合は

書類の提出に間に合わない場合や、さまざまな事情から年末調整ではこれらの税緩和が適用できなかった場合も考えられます。このような時は「確定申告」で適用可能ですので、覚えておきたいポイントです。

PC用

関連記事

年末だからこそ確認したい!世帯の医療費用

所得税の還付を受ける方法の1つに「医療費控除」があります。今回はこの医療費控除を受けるために特に大切

記事を読む

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

(この記事はかな~り長いので、少し下に表示されている目次もご利用ください。 先に要点を見たい方は、

記事を読む

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知らないだけです。人は知らないこと

記事を読む

受け取った生命保険金は相続税?贈与税?所得税?

多くの皆さんが終身保険や医療保険など、民間の生命保険会社が取り扱っている生命保険を契約して加入し

記事を読む

提案

確定拠出年金にはない個人年金保険のメリット

「老後の年金が心配です・・・。」 30代~40代の子育て世帯のお父さん・お母さんに多い悩みの1つです

記事を読む

PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、