保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

身近な生命保険の疑問を解決! ~保険金受取人の変更について~

公開日: : 生命保険, 生命保険や損害保険

終身保険や定期保険といった死亡などが原因で支払われる生命保険の保険金受取人を変更する機会は、ごく稀にあると思います。

例えば、自分が死亡した場合の保険金を妻から子へ変更する場合や離婚で保険金受取人を妻から両親へなどです。

今回はこの保険金受取人の変更について注意点を解説していきたいと思います。

勝手に保険金受取人の変更はできない!?

保険法では保険金受取人の変更について以下のように定めています。

“死亡保険契約の保険金受取人の変更は、被保険者の同意がなければ、その効力を生じない”

出典 保険法 第45条 条文より抜粋

旦那さんの稼ぎで自身や妻の終身保険料を毎月支払っている世帯も多いと思います。
例えば、自身が死亡した場合に受け取れる終身保険と妻が死亡した場合に受け取れる終身保険に加入していたと仮定した時、被保険者が旦那の終身保険と被保険者が妻の終身保険の2種類の終身保険に加入していることになります。

この時、保険料を支払っている旦那さんが独断で保険金の受取人を変更できそうな気がしますが「被保険者の同意」が必要なことから、妻が被保険者の終身保険については「妻の同意」が必要になります。

保険金受取人がすでに死亡し、変更をしていない場合の取り扱い

生命保険の保険金受取人を変更し忘れる人は意外と多いです。
上記の例で、妻がすでに亡くなっていたのにもかかわらず、保険契約上、保険金受取人が妻のままだったとします。この時の保険金受取人はいったいどのようになるのでしょう?

保険法では

“保険金受取人が保険事故の発生前に死亡したときは、その相続人の全員が保険金受取人となる”

出典 保険法 第46条 条文より抜粋

としています。

夫が死亡した時の保険金受取人がすでに亡くなっている妻であった場合の取り扱いは「相続人の全員」となっておりますので、子どもが3人いた場合は、保険金を子ども3人で3分割するといった取り扱いになります。

保険金受取人の変更は、保険会社に連絡することによって無料で手続きが可能です。滅多に変更することはないと思いますが、相続対策などでは必要な手続きになると言えます。

PC用

関連記事

自転車保険

自転車事故で他人を怪我させて高額賠償。FPが考える対策とは?

お金と暮らしの身近な生活問題と解決方法 第1回 子育て世帯の親御さんにとって多くの悩みはつきものです

記事を読む

no image

一時払い終身保険の各社値上げは外的要因を消費者に転嫁しているだけ

生命保険各社では貯蓄性の高い一時払い終身保険の保険料を値上げする動きが相次いでおります。注目するべき

記事を読む

外資系生保の地方拠点、地方創生にも好影響

外資系生命保険会社の間で、本社機能の一部を地方に置く動きが広がってきている模様です。 アメリカ

記事を読む

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきます。 そうなると気になってく

記事を読む

no image

ニッセイが保険ショップを買収し、乗合代理店事業に参入します

日本生命保険は複数の保険会社の商品を取扱う乗り合い代理店事業に参入することがわかりました。保険契約者

記事を読む

PC用

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

不動産所得の税金
住宅ローンでチェックされる審査項目トップ10とその対策法を現役1級FPが伝授!

住宅購入を検討中の方ならご存知でしょうか? 住宅ローンを利用するには

「人生の3大資金」への備え方・準備方法をファイナンシャルプランナーが解説

生まれてから死ぬまで、人が生きていくには何かとお金がかかります。 そ

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、