家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

うまい話には訳がある!住宅ローンの条件変更に潜む大きな落とし穴とは?

公開日: : 住宅・住宅ローン

念願のマイホームを夫婦揃って手に入れた数年後に失業といった悲劇が待っているとは!

こんなこと普通考えませんが、実際にあり得るからこそ、もしもの時の知識として今回は「住宅ローンの条件変更に潜む大きな落とし穴」を紹介していきます。

住宅ローンが苦しくなったら、まずは「借入銀行以外」へ相談

さまざまな理由で住宅ローンの返済が苦しくなるとほとんどの人は融資してもらっている銀行へ相談にいくでしょう。

これが悲劇の始まりだと知らずに・・・。

例えば、フラット35といった長期固定金利の融資や旧公庫融資では、融資条件を変更する特例措置(新特例)を適用した人は以後の住宅ローンの借り換えが「ほぼ不可能」になります。

元々は住宅ローンの返済が困難な人に対する救済措置であるのにもかかわらず、後々取り返しのつかないことになる旨を説明しないで、平然と行う銀行があまりにも多く、逆に多くの被害者が出たといっても過言ではないでしょう。

融資している銀行は他行への借り換えを阻止したいに決まっているのですから、この特例を利用して利息のみ稼げれば御の字というわけです。借り手側は、後の「借り換え」が「融資条件変更」とみられ、ほぼNGとなります。

借り換えができても返済金額が増加する可能性が大!

新特例を適用した後の借り換えは必ず不可能なわけではありません。しかしながら、本来延長した期間を元に戻して計算し、返済期間が当初の状態で行う条件がとても多いのが現状です。

例えば、平成6年に35年ローンで組んだ住宅ローンを新特例で12年間据え置いたと仮定し、平成28年に借り換えができたとしても13年(35年-経過年数22年)ですべての住宅ローンを返済するといったイメージです。

借り換えした住宅ローンを13年といった短い期間で返済するということは月々の返済金額がとても大きくなります。

住宅ローンの返済が苦しい場合はFPといった専門家や、せめて融資以外の銀行へ赴く方が賢い選択と言えるでしょう。

PC用

関連記事

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モデルルームを見学したり、理想や

記事を読む

マンション売買の値引きについての相談「購入後に安くなってました」

マンション売買に関する質問相談の第2回です。 今回は、よくあるマンション売買の疑問と相談の中から、

記事を読む

リバースモーゲージの基本と活用方法

いわゆる団塊の世代と呼ばれる人たちが老後を迎えていく中で、すでに年金生活を始めている高齢世代が毎日の

記事を読む

マイホームは新築だけじゃない!中古住宅の選び方とメリット・デメリット

人生で最も高い買い物と言われる「マイホーム」。日本では新築が根強い人気ですが、海外ではあえて中古住宅

記事を読む

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホームを手に入れるためには、検討しな

記事を読む

PC用

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

FPが教える!住宅購入前に知っておくべきお金や法律など5つのこと

住宅の購入を考え始めたものの、どこから手をつけたら良いのかわからない!

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、