家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

日本国内初の認知症対応保険とは?

公開日: : 医療保険, 生命保険や損害保険

太陽生命保険は、「認知症と診断されると保険金を支払う保険」を平成28年3月に発売することがわかりました。
少子高齢化で認知症の患者が増えるなか、同保険は社会的な需要が高まっていると判断した模様です。

高齢者の認知症は大きな社会問題となっており、昨今では認知症の高齢者が夜中に徘徊して電車にひかれ死亡した事件で、JRが死亡した高齢者の妻と別居の息子に対して監督責任が不十分であるといった理由で損害賠償を求めた裁判の判決が平成28年3月に言い渡されることになっており、世間の注目を集めています。

いわゆる「老老介護」における疲労が蓄積し、妻が眠っている間に徘徊し死亡したといった何とも偶発的な事件でありますが、妻の監督責任、別居の息子の監督責任がどのように問われるのかが大きな焦点となっております。
JRの言い分、遺族の言い分どちらもよくわかるからこそ、多くの人に着目される裁判となっているのでしょう。

国内初の認知症保険で、家族負担の軽減に

さて、認知症といえば介護が必須と言っても過言ではありません。
現在の公的介護保険は40歳以上から強制加入させられるものとなっており、介護サービスの自己負担金は1割といった特徴があります。とはいえ毎月の介護負担金が数万円であったとしても年単位で蓄積していけば大きな負担となってしまいます。

太陽生命が平成28年3月より発売する日本国内初の認知症対応保険は、認知症で介護をしている人にとっては経済的にも精神的にも支えになってくれる可能性は十分あり得ると考えます。
保障の詳細は、まだはっきりとわからないものの今後の動向に着目する必要性はあると思われます。

(以下は日経新聞からの一部抜粋です)

太陽生命、国内初の認知症対応保険 診断受けると給付金

 太陽生命保険は認知症と診断されると給付金を支払う保険を3月に発売する。高齢化で認知症の患者が増えるなか、社会的な需要が高まっていると判断した。

 同社によると、認知症に対応する保険は国内で初めて。時間や場所、人物のいずれかを認識できない状態が180日続くと一時金を支払う。

PC用

関連記事

地震保険の3つの素朴な疑問に答えます

火災保険とセットで加入することができる地震保険ですが、中には「周りがみんな地震保険に入っているし・・

記事を読む

これだけは知っておくべき高額療養費制度の4つのポイント

皆さんは高額療養費制度について、どのくらいご存知ですか? 今回は高額療養費制度活用ガイドとして、制

記事を読む

高齢者契約の状況確認の課題

昨今、保険契約者における保険金請求のし忘れや確実な保険金の支払いを目的として国内生命保険会社の注意喚

記事を読む

no image

特徴ある独自商品で活路を見出す中堅生命保険会社

主要生命保険会社の2015年3月期決算では、17社のうち13社で本業のもうけを示す基礎利益が増加しま

記事を読む

アフラックの「ちゃんと応える医療保険 EVER」の3つの新特約を分析してみた

アフラックは終身医療保険(ちゃんと応える医療保険EVER)に付加できる3つの特約を新たに発売する事に

記事を読む

PC用

妊婦さんが妊娠中に加入できる保険のまとめ

妊婦さん向け医療保険 各社の特徴 【相談】 妊娠中でも加入できる医

火災保険が10%値上げ!長期契約は最大で5年までに改悪。

損害保険料率算出機構は、火災保険料の算定基準である参考純率を平均で10

自転車保険
2021年は自転車保険の加入率が増加。自転車事故には保険で備えよう。

au損保が3年連続となる自転車保険の加入率を全国で調査しました。

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

○十万円節約できる!火災保険を安くする5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、