保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

高齢者契約の状況確認の課題

公開日: : 医療保険, 生命保険

昨今、保険契約者における保険金請求のし忘れや確実な保険金の支払いを目的として国内生命保険会社の注意喚起が目立つ様になってきました。自社独自の取り組みから、運送会社などとタッグを組んで保険契約者に対する保険金支払いの保護をする取り組みには感心を持つ事ができます。何故、今までもっと早くやる事ができなかったのかと思う程です。

例えばアフラックでは日本郵便と提携して上記の取り組みサービスを行う模様ですが、両社は保険販売でも以前から提携しており、それぞれの会社の強みと弱みを上手くマッチングさせた仕組みとなっています。効率の良い経営であると感じております。

一方で、保険契約者の個人情報が保険契約と全く無関係な第三者に流れていく事を意味すると考えます。確かに高齢者に対する保険金支払い保護はこれからも力を入れて取り組むべき課題であると感じますが、高齢者とはいえ個人情報が保護されない事とは全くの別問題であると考えます。誤って高齢者のこのような情報が詐欺集団や反社会的勢力などに流れてしまったら元も子もありません。

いかに保険契約者の個人情報を保護しつつ、円滑に情報提供をしていくのかが今後問われてくる課題なのではないでしょうか?また、私たち保険契約者は確実な保険金支払いのために、保険証券や印鑑、その他保険金請求に必要な書類をしっかりと保管・管理し配偶者は元より場合によっては子や両親などにも伝えておく事が最も重要であると考えます。

(以下は日経新聞からの抜粋です)

アフラックと日本郵便提携 配達員が契約者の状況確認


 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)と日本郵便は26日、共同で保険契約者向けサービスを始めると発表した。郵便配達員がアフラックの70歳以上の契約者の状況を確認したり、転居した契約者に住所変更を促したりする。アフラックは国内最大の1510万人の契約者を抱える。郵便局のネットワークで保険金を確実に支払えるように体制を整える。

 高齢者の状況確認は2016年下期、住所変更案内は16年上期から始める。アフラックは13年に日本郵政と包括提携し、全国2万局の郵便局でがん保険を販売している。今回の提携で郵政グループとの協力を深める。

PC用

関連記事

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきます。 そうなると気になってく

記事を読む

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

第一生命保険、代理店向け展開を狙いDIY生命を傘下に

生命保険会社も生き残りが厳しい時代になったと思います。 大手生保は保険外交員を大量に抱え、

記事を読む

外資系生保の地方拠点、地方創生にも好影響

外資系生命保険会社の間で、本社機能の一部を地方に置く動きが広がってきている模様です。 アメリカ

記事を読む

金融庁

高い保険を売っている?保険ショップの販売姿勢を金融庁がチェック

ショッピングモールや商店街で保険ショップを目にすることも多いと思います。 休日になると相談している

記事を読む

PC用

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、