保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

高い保険を売っている?保険ショップの販売姿勢を金融庁がチェック

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 生命保険

ショッピングモールや商店街で保険ショップを目にすることも多いと思います。
休日になると相談している人を見かけます。
無料の保険相談を看板に掲げていますが、やはり本来の目的は保険販売ですから、保険販売によって保険会社から支払われる手数料で経営が成り立っているのです。

今回、金融庁が乗り合い代理店に対する販売規制を導入することになりました。
乗り合い代理店とは複数の保険会社の商品を扱っている保険代理店のことをいいます。

同じような保険商品でも販売手数料に差があれば、当然、販売手数料の高いものを売りたいと考えるのは当然です。
販売する保険商品がお客様のニーズ等に合致していれば問題はないと思いますが、販売手数料を多く手に入れるために保険商品を選んでお客様に提案しているとしたら、それはお客様本位ではないと思います。
たとえ商品一覧提示を義務付けたとしても、あまりにも多くの商品であれば、その場でその内容全てに目を通して納得し、商品を選ぶのは素人には難しいのではないでしょうか。

販売側がモラルを向上し、あくまでもお客様本位に販売をすることを心掛けることが大切だと思います。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

保険ショップに商品一覧提示義務 内容比較可能に
金融庁、16年春メド
(以下、日経新聞より抜粋)


金融庁は複数の保険商品を扱う乗り合い代理店に対する販売規制を2016年春に導入する。監督指針などを改正し、販売が特定の商品に偏りすぎていないかや契約者への薦め方が適切だったかを重点検査する。指針に反した行為は行政処分の対象になる。保険ショップが保険会社から受け取る割高な手数料を目的にした販売を是正する狙いだ。

金融庁は2月中にも保険会社向けの監督指針と保険業法の施行規則などの改正案を公表する。16年春を予定する改正保険業法の施行に伴う措置で、柱は保険ショップの規制導入だ。中立を装って手数料の高い保険ばかり薦めないよう求める項目を監督指針に盛り込む。

来店した顧客には取り扱う保険商品の一覧を示し、保険料や保障内容を比較できるよう義務付ける。特定の保険会社と資本関係があり、その会社の保険販売を強化している場合には、その事実を顧客に伝えるよう指針に明記する。これまで曖昧だった販売ルールを明確にして、行政処分を出しやすくする。

保険ショップでは30~50社の保険を扱う。保険に加入する人の立場で選ぶ点が消費者に評価され、店舗を増やした。ほけんの窓口グループなど大手4社の合計は1000店を超え、5年間で5倍近い規模となった。国民生活センターによると「最初に検討した保険よりも保障内容が劣る商品を薦められた」(60代女性)などの相談もある。

PC用

関連記事

no image

プルデンシャルの生命保険信託、手数料は年2万円。

生命保険の保険金は受取人を指定して、確実に保険金を自分の希望した相手に残すことができます。しかし、そ

記事を読む

ライフネット生命 × au 資本提携効果で巻き返しなるか!

ライフネット生命保険の岩瀬大輔社長は、2015年9月中間決算について記者会見し、本年4月に資本業務提

記事を読む

ドコモ

ドコモの保険取り扱い。社員と親族に及ぶ懸念とは?

NTTドコモは、来夏から日本生命保険の保険商品を販売するのに備え、年度内にもドコモショップのスタッフ

記事を読む

no image

保険委託社員の直接雇用は顧客のためになるのでしょうか

金融庁が3月末までに再委託販売の解消を求めていることから、今回、委託型販売をしていた主要代理店が販売

記事を読む

ライフネット生命は本当に生保業界の革命者になれるのか

ライフネット生命保険の業績が芳しくない。 新規契約の毎月獲得数が下落しており、中期計画の目標と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、