保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

オリックス生命の営業職員チャネル開設は一長一短?

オリックス生命といえば、「シンプルで分かりやすいこと」「合理的な保障を低価格で提供すること」をコンセプトに開発された医療保険の「CURE(キュア)シリーズ」が大人気ですね。
2013年9月に発売された「医療保険 新CURE」および「医療保険 新CURE・レディ」は、2015年3月末に、発売わずか1年7ヶ月で新規契約件数50万件を突破しました。

オリックス生命の業績[オリックス生命HPからの引用。好調ですね。]

シンプルで分かりやすい保険なので、通信販売でも補償内容をしっかり理解して加入できることが契約件数の増加につながったのでしょう。

さて、このオリックス生命が、現在の販売チャネル(通信販売・保険代理店・金融機関窓口)に加えて、営業職員チャネルも新設するとのことです。
今回はこのことについて、コメントさせていただきます。

よりきめ細やかなサービスを期待できるも…

営業職員チャネルを導入することにより、大手生保同様のきめ細やかなサービスが期待できます。
代理店や金融機関へ出向く手間もなく、自宅等でより詳細な商品説明等を聞くことができ、納得して保険に加入することができます。契約者一人一人に担当がつくことで、契約時だけでなくアフターフォローも充実するでしょう。

ただ、その営業職員による訪問が不要の方もいるのではないかと思います。
通販で加入した場合でも担当者がつき、自宅に訪問して来るとのことですが、通販での加入者の中には、忙しい等の理由で営業職員との関わりに抵抗があるから、あえて通販で加入した人もいるでしょう。

実際に私自身も、母が営業職員をしていた生命保険に加入していました。母が担当のうちは良かったのですが、転居等で担当者が変わると、定期的な訪問や電話がわずらわしくなって、結局は解約してしまいました。

営業職員チャネルで加入した方はともかく、通信販売チャネルで加入した方にとって、営業職員の訪問は必ずしもプラスになる訳じゃないでしょう。

営業職員を採用するコストはどこに?

大手生保との差別化の営業職員を固定給で採用するとのこと。20代後半から30代前半の標準モデルの年収が約500万円。色々条件等はあると思いますが、なかなか高待遇だと思います(年収以上に、仕事がきついかもしれませんが)。

新たに営業職員を採用するということは、当然に新たなコストがかかります。5年で1000人採用ということで、人件費だけでも結構な金額になりますね。
コストが増えると、保険料にも影響するのではないかと考えます。契約者が支払う保険料は、実際のリスクに対する保険料(純保険料)に加え、人件費やパンフレット代等のコストに対する保険料(付加保険料)で構成されています。コストが増えると、保険料も上がると予想するのが自然でしょう。

低価格も魅力の1つのオリックス生命ですが、増えたコストをどう保険料に反映させるのか、仮に保険料を上げる場合、更なるサービス等を充実させるのか、注目したいです。

大手生保の営業職員は待遇改善の可能性も

大手生保の営業職員は、ほとんどの場合が歩合給です。個人事業主として扱われることも多く、仕事をしていく上でのコストもかなりかかります(保険会社によりますが、交通費や携帯電話代は事故負担です)。

一部のやり手営業職員であれば、たとえコストがかかっても契約を取れた分だけ稼げる歩合給の方がいいでしょうが、そのような人はごく一部でしょう。
実際、母が営業職員だった時も、稼げずに辞めていく人が多かったようです。オリックス生命もこうした事情があるから、離職率を抑えるために固定給にしました。

トップクラスの一部を除いては、「固定給の営業職員」という仕事はとても魅力的ですね(私だったら、絶対固定給が良いです)。

もしかしたら大手で営業職員として勤めていた方が、オリックス生命に流れることもありえるでしょう。大手生保がオリックス生命を追随してすぐに固定給制を採用する可能性は低いでしょうが、何らかの対策の動きは今後出てくるかもしれませんね。

(以下は産経新聞からの抜粋記事です)

オリックス生命が営業職員経由販売


 オリックス生命保険の片岡一則社長は25日までにフジサンケイビジネスアイの取材に応じ、大手生保が主力とする営業職員経由の保険販売に10月から乗り出すことを明らかにした。

 これまで保険代理店やテレビやインターネット通販が中心だったが、大手生保が販売形態の多様化でこうした分野への参入を活発化させており、大手が得意な営業職員チャネルを新たに設けて対抗する。

 大手との差別化を図るため、営業職員の給与は、歩合給ではなく固定給とする。
片岡社長は「育成を重視することで離職率を抑える」と狙いを説明する。
 年収は20代後半から30代前半の標準モデルで約500万円を計画。テレビ、インターネット経由の契約者に対しても担当として自宅などに出向く。

PC用

関連記事

no image

生命保険選びに保険会社を重要視しなければならない理由

昨今、日本国内の生命保険会社における海外でのM&A(合併・買収)が盛んに行われており新聞などの記事に

記事を読む

no image

特徴ある独自商品で活路を見出す中堅生命保険会社

主要生命保険会社の2015年3月期決算では、17社のうち13社で本業のもうけを示す基礎利益が増加しま

記事を読む

外資系生保の地方拠点、地方創生にも好影響

外資系生命保険会社の間で、本社機能の一部を地方に置く動きが広がってきている模様です。 アメリカ

記事を読む

糖尿病でも入れる医療保険をまとめてみました。

これまで糖尿病や持病があると保険には加入できないケースが多かったですが、 最近は色々な保険会社

記事を読む

アフラックの「ちゃんと応える医療保険 EVER」の3つの新特約を分析してみた

アフラックは終身医療保険(ちゃんと応える医療保険EVER)に付加できる3つの特約を新たに発売する事に

記事を読む

PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、