家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

最低限知っておきたい相続の基礎知識

公開日: : 相続・継承

人生を全うする上でいつかは自身にも関係する「相続」ですが、仮に相続税を納める必要がなくとも最低限知っておきたい相続の基礎知識が存在します。
極端な例えですが、この基礎知識を知らなかったことが原因で財産がすべて無くなってしまうこともあり得ます。

今回は、このようにならないためにも最低限知っておきたい相続の基礎知識をご紹介していきます。

相続人になる場合とは

まずは、自分が相続人になる場合の代表的なイメージを2つ紹介していきます。

1つ目は夫や妻など、いわゆる配偶者が亡くなった場合です。民法では「配偶者は常に相続人となる」決まりがあります。

2つ目は父母が亡くなった場合です。
例えば、父が亡くなった場合には配偶者である母は常に相続人になりますが、兄弟がいる場合には自身も含め兄弟も相続人になります。異なる相続のパターンももちろん存在しますが、たいていこの2つのパターンのどちらかが王道パターンと言えます。

「単純承認」という相続方法を知る

相続の方法には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」といった方法がありますが、ここでは単純承認について解説していきます。

単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続(引き継ぐ)といった相続方法です。
プラスの財産がマイナスの財産よりも多ければ問題は生じませんが、逆にマイナスの財産がプラスの財産よりも多かった場合は、そのマイナス分を負担しなければなりません。結果として借金を肩代わりしなければならなくなる場合があり得ることになります。

単純承認を回避する方法

単純承認を回避するためには、プラスの財産を超えたマイナスの財産を引き継がない「限定承認」や、プラスの財産もマイナスの財産も一切引き継がない「相続放棄」といった方法を取る必要があります。

ただしこれらの方法を選択するためには、「相続の開始があったことを知った日(死亡日)から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述」しなければなりません。

この期間中に行わなかった場合は、単純承認といった扱いとなり、プラス・マイナスどちらの財産も無条件で引き継ぐことになりますので、場合によっては借金の肩代わりによって、今まで築き上げてきた資産がすべて無くなってしまう可能性も否めません。
この点だけは最低限知っておきたい相続の基礎知識と言えるでしょう。

 

PC用

関連記事

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考えて行動するという方が多くなっ

記事を読む

将来、相続税がかかるかどうかを確認する簡易方法

平成27年1月1日より相続税の基礎控除額(後述します)が大幅に引き下げられました。 これに伴い、以

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

相続で後悔しないために!知っておくべき3つの相続方法

「相続や相続税なんてお金持ちだけの問題」という考えはもう古い?! 平成27年1月に相続税の基礎控除

記事を読む

【節税対策】贈与税の特例をまとめてみました。

日本では、原則として1年間に110万円を超えた贈与を受けた場合、その贈与を受けた人が贈与税を国に納め

記事を読む

PC用

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

FPが教える!住宅購入前に知っておくべきお金や法律など5つのこと

住宅の購入を考え始めたものの、どこから手をつけたら良いのかわからない!

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、