家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

最低限知っておきたい相続の基礎知識

公開日: : 相続・継承

人生を全うする上でいつかは自身にも関係する「相続」ですが、仮に相続税を納める必要がなくとも最低限知っておきたい相続の基礎知識が存在します。
極端な例えですが、この基礎知識を知らなかったことが原因で財産がすべて無くなってしまうこともあり得ます。

今回は、このようにならないためにも最低限知っておきたい相続の基礎知識をご紹介していきます。

相続人になる場合とは

まずは、自分が相続人になる場合の代表的なイメージを2つ紹介していきます。

1つ目は夫や妻など、いわゆる配偶者が亡くなった場合です。民法では「配偶者は常に相続人となる」決まりがあります。

2つ目は父母が亡くなった場合です。
例えば、父が亡くなった場合には配偶者である母は常に相続人になりますが、兄弟がいる場合には自身も含め兄弟も相続人になります。異なる相続のパターンももちろん存在しますが、たいていこの2つのパターンのどちらかが王道パターンと言えます。

「単純承認」という相続方法を知る

相続の方法には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」といった方法がありますが、ここでは単純承認について解説していきます。

単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続(引き継ぐ)といった相続方法です。
プラスの財産がマイナスの財産よりも多ければ問題は生じませんが、逆にマイナスの財産がプラスの財産よりも多かった場合は、そのマイナス分を負担しなければなりません。結果として借金を肩代わりしなければならなくなる場合があり得ることになります。

単純承認を回避する方法

単純承認を回避するためには、プラスの財産を超えたマイナスの財産を引き継がない「限定承認」や、プラスの財産もマイナスの財産も一切引き継がない「相続放棄」といった方法を取る必要があります。

ただしこれらの方法を選択するためには、「相続の開始があったことを知った日(死亡日)から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述」しなければなりません。

この期間中に行わなかった場合は、単純承認といった扱いとなり、プラス・マイナスどちらの財産も無条件で引き継ぐことになりますので、場合によっては借金の肩代わりによって、今まで築き上げてきた資産がすべて無くなってしまう可能性も否めません。
この点だけは最低限知っておきたい相続の基礎知識と言えるでしょう。

 

PC用

関連記事

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

知って損なし!遺言書の作成効果と3つのリスク

先日、とあるセミナーの講師が、受講している人へ 「人が死亡する確率は何%ですか?」 という質問を

記事を読む

【相続・戸籍・登記】三位一体の関係をとことん解説

【相続】 【戸籍】 【登記】 どの言葉も一度は耳にしたことはあるけれど、具体的に理解している方

記事を読む

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら、場合によっては相続税がかかる

記事を読む

受け取った生命保険金は相続税?贈与税?所得税?

多くの皆さんが終身保険や医療保険など、民間の生命保険会社が取り扱っている生命保険を契約して加入し

記事を読む

PC用

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、