家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

災害応援で他部署の損害課にいったときのこと | 今日も明日も自動車事故

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 自動車保険

本日はちょっと趣旨を変えて、自動車損害担当の私が台風対策室にお手伝いにいったときのお話しをします。

災害のときはみんなの力を合わせて!

風や雨による家などの建物への損害は通常「火災新種課」(火新と呼んでいます)で担当しています。
しかし台風など大きな災害が起こると担当課だけでは対応しきれないので、他の課から手伝いに行ったり、派遣社員として短期の社員を雇います。私も秋の台風のときに手伝いに行ってきました。

事故報告から保険金お支払までの流れ

まずは連絡をいただく

まず被害の報告が代理店さん、もしくは契約者様から入ります。
お話しをお伺いして修理業者に被害部分の写真と修理見積もりをだしてもらいます。台風など大きな災害のときは修理業者さんも忙しいようで時間がかかることが多いです。

被害の状況を確認。

写真とお見積りを送っていただき、詳しい専門の方に金額や修理部分が妥当であるかチェックしてもらいます。写真だけでは分からず、損害があまりに大きいときは直接被害にあったものを現地へ行ってチェックすることもありますね。

支払える金額をお客さんに伝える

そして保険会社としての損害額をだし、代理店さん、もしくはお客さんにお話しします。だいたいは修理業者さんの見積もり通りなのですが、中には今回の被害と考えづらい部分の修理があったり、金額が高すぎたりと全額をお支払いできないこともあります。代理店さんはだいたいわかってらっしゃるのでお話ししやすいですが、お客さんにお話しするときはかなり緊張します。

保険金をお支払して終了!

お支払額にご了承いただけたらあとは支払いもれがないように特約などのチェックをしてお支払い手続きとなります。私がやったものではほとんどに「臨時費用」というのがついていて損害額プラス少々お支払いしたような覚えがあります。

自動車の保険に比べると電話でお話しすることは少なく、書類でたんたんと進むイメージでした。同じ損害課とはいえ、部署によって仕事の進み方がだいぶ違うんだなと思った経験です。

PC用

関連記事

no image

チューリッヒ保険が自社サイトで「自動車保険の選び方」を公開

保険に加入する時は「どんな保険に入ればいいのかな?」と誰もが思いますよね。 対面型や電話申込でした

記事を読む

車の盗難、車上荒らしに要注意!防犯対策の意識付けを。

日本損害保険協会が2015年11月に保険金支払い事案を対象に自動車盗難事故実態調査を実施しました。一

記事を読む

保険担当者が教える自動車保険選びのポイント

毎年なんとなくやってる自動車保険の更新。 これで良いのかな? もっと安い保険会社もあ

記事を読む

自動車保険、海外に活路 あいおいニッセイ同和や損保ジャパン

ここのところ損害保険各社においては、自動車保険の収益状況の悪化による保険料の値上げが相次いでおり

記事を読む

自動車保険はどこから入るのが得か

自動車保険はどこから入る? 自動車保険加入の方法は大きく二つに分かれます。 「代理店型」 と 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、