保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

スト2と自動車保険がコラボしたCMがスゴい!

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 自動車保険

ストリートファイター2
スト2といえば自動車壊し!
ストリートファイター2といえばボーナスステージで自動車を壊しまくるシーンが有名ですよね。
当時少年だった私も、このボーナスステージをすることを目標に、最初の敵3人をどうにかして倒そうと躍起になってました。

スト2とコラボした保険会社のCMが話題。

(CM動画は記事の最後にあります)
コラボしたのは「アナダル・シゴータ」というトルコの保険会社。
路上インタビューをしていたところ、突然スト2のリュウがあらわれ、そばに置いてあった自動車を壊しまくります。

ストリートファイター2×自動車保険
「自動車保険、ちゃんと選んで加入してますか?」
「自動車保険なんていらないよ~。自分が運転に気をつけていれば大丈夫さ」
(トルコ語は分からないので推測)

ストリートファイター2×自動車保険
「でも将来に何が起こるか分かりませんよ?ある日突然車が壊されたり・・」
「アハハ、馬鹿いっちゃいけないよ~。そんなことあるわけないって!」

リュウ
そして、そこに突然現れるリュウ。

波動拳
波動拳と昇竜拳で自動車を壊しまくります。
車の壊れ方がゲームと同じなのが素晴らしい。
自分も近接強キックで壊したなー。

アナダル・シゴータ
最後はもちろん「PERFECT」の文字。
そこには保険会社の名前が表示され、会社PRを忘れてません。

実際のCM動画はこちら。

ゲーム・アニメは日本が誇る文化。
海外の保険会社がスト2とコラボしてくれたのは嬉しい反面、日本の保険会社でもこういう面白いタイアップをたくさん企画して欲しいなと思います。

ところであなたは、
「自動車保険、ちゃんと選んで加入してますか?」(笑)

毎年数万円の保険料を節約するためにも、一括見積もりで比較することも大事ですよ。
無料で20社の自動車保険を一括比較。
数分で済むので、よい自動車保険選びにお試しください

PC用

関連記事

no image

東京海上日動、自動車保険の保険金不払い案件が相次いで発覚

東京海上の保険金不払いが、当初公表された12万件に加え、さらに追加で3万件分が公表され、続々と明ら

記事を読む

自動車保険

「自賠責保険」と「自動車保険」の保険料引き下げ、今後の予定とまとめ

自動車を保有しているすべての人であれば「自賠責保険」と「自動車保険」はよく知っていると思いますが、こ

記事を読む

自賠責保険の保険料が据え置きによる影響とは。

平成26年4月より消費税が現在の5%から8%へアップします。家計への負担が大きくなるのが気になると

記事を読む

1日限定の自動車保険、セブンイレブンでも販売

自動車保険の契約も1日目から加入できる仕組みとなり世の中の流れやニーズに対応してきたなという感じ

記事を読む

自動車保険の顧客満足度ランキングではソニー損保が1位

オリコンの2015年度『自動車保険』の顧客満足度ランキングによりますと、総合第1位は2年連続で【ソニ

記事を読む

PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、