家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

スト2と自動車保険がコラボしたCMがスゴい!

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 自動車保険

ストリートファイター2
スト2といえば自動車壊し!
ストリートファイター2といえばボーナスステージで自動車を壊しまくるシーンが有名ですよね。
当時少年だった私も、このボーナスステージをすることを目標に、最初の敵3人をどうにかして倒そうと躍起になってました。

スト2とコラボした保険会社のCMが話題。

(CM動画は記事の最後にあります)
コラボしたのは「アナダル・シゴータ」というトルコの保険会社。
路上インタビューをしていたところ、突然スト2のリュウがあらわれ、そばに置いてあった自動車を壊しまくります。

ストリートファイター2×自動車保険
「自動車保険、ちゃんと選んで加入してますか?」
「自動車保険なんていらないよ~。自分が運転に気をつけていれば大丈夫さ」
(トルコ語は分からないので推測)

ストリートファイター2×自動車保険
「でも将来に何が起こるか分かりませんよ?ある日突然車が壊されたり・・」
「アハハ、馬鹿いっちゃいけないよ~。そんなことあるわけないって!」

リュウ
そして、そこに突然現れるリュウ。

波動拳
波動拳と昇竜拳で自動車を壊しまくります。
車の壊れ方がゲームと同じなのが素晴らしい。
自分も近接強キックで壊したなー。

アナダル・シゴータ
最後はもちろん「PERFECT」の文字。
そこには保険会社の名前が表示され、会社PRを忘れてません。

実際のCM動画はこちら。

ゲーム・アニメは日本が誇る文化。
海外の保険会社がスト2とコラボしてくれたのは嬉しい反面、日本の保険会社でもこういう面白いタイアップをたくさん企画して欲しいなと思います。

ところであなたは、
「自動車保険、ちゃんと選んで加入してますか?」(笑)

毎年数万円の保険料を節約するためにも、一括見積もりで比較することも大事ですよ。
無料で20社の自動車保険を一括比較。
数分で済むので、よい自動車保険選びにお試しください

PC用

関連記事

チューリッヒ自動車保険

チューリッヒ保険の自動車保険、プロに聞いた評価・評判をまとめてみた

プロの目から見たチューリッヒ保険の自動車保険 このページでは、チューリッヒ保険の自動車保険につ

記事を読む

自動車保険はどこから入るのが得か

自動車保険はどこから入る? 自動車保険加入の方法は大きく二つに分かれます。 「代理店型」 と 

記事を読む

自賠責保険の保険料が据え置きによる影響とは。

平成26年4月より消費税が現在の5%から8%へアップします。家計への負担が大きくなるのが気になると

記事を読む

no image

自動車保険の保険料、ドライバーの運転データも反映することに

よりリスク細分化された自動車保険が作られる 国内大手保険会社の損保ジャパン社が、ドライバーの走行の癖

記事を読む

no image

ニーズと実用的が自動車保険増加の決め手か。短期の自動車保険も。

今年の秋から大手損害保険各社が若年者向けに自動車保険を加入しやすくするようです。 自動車免許を取り立

記事を読む

PC用

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、