保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

マンション売買の瑕疵担保責任についての質問と相談

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン

首都圏や政令指定都市などに在住している方は、マイホームとしてマンションを購入されるケースも多いと思います。

注文住宅や建売住宅の購入と異なり、マンション購入には独特の注意点が存在致しますが、その中でもマンション購入希望者に多い疑問や相談を専門家であるFPが実際に応じたものの中でいくつか簡単にまとめてみました。

第1回目となる今回は、よくあるマンション売買の疑問と相談の中から、「瑕疵担保責任」に関する相談をご紹介していきたいと思います。
(第2弾はこちら⇒マンション売買の値引きについての相談「購入後に安くなってました」

相談事例

【質問】
現在、新築分譲マンションの購入を検討しているのですが、業者から何か不都合があったとしても無料で直せるという風に言われました。
そもそも新築マンションで何かあったら嫌だなと思っているのですが、このあたりについてもっと詳しく教えてもらうことはできますか?

回答

マンション建築の問題が大きなニュースとなり話題となったのがつい昨日のように感じておりますが、業者が相談者様に説明したのは「瑕疵担保責任」のことだと思われます。

瑕疵担保責任とは、万が一、新築分譲マンションに隠れた瑕疵(欠陥)がある場合、その欠陥が故意や過失といった理由を問わず、業者が保証するといったものになります。

これをあたかも独自サービスのように話す業者も見られますが、どの業者にも義務付けられているものでありますから、勘違いしないように注意したいポイントです。
マンションの欠陥部分によって瑕疵担保責任の保証年数は異なりますが、基礎、柱、壁、床といった主要部分に関しましては「10年」、外壁は「7年」などといった細かな決まりが法律で定められております。

また、瑕疵担保責任「10年」を契約で短く短縮することができる点には注意が必要です。

ケースバイ・ケースですが、一般的にこの瑕疵担保責任は契約などで「2年間(業者の故意や重大な過失によるものは10年間)」と定められることが多いようですので、業者からの口頭説明だけでなく契約書をよく読み、あいまいな部分やわからないことはしっかりと確認しておくことが重要です。

PC用

関連記事

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保険(家財保険)に加入しなければ

記事を読む

広がる民泊。専用の民泊保険を大手保険会社が販売。

三井住友海上火災保険が2016年11月に民泊の貸主向けの損害保険を発売します。 民泊は現在、国

記事を読む

住宅ローンの借り換え以前に「絶対」考えなければならないこと

今、この記事を読まれている人はきっと住宅ローンの借り換えを検討していることと思います。中にはインター

記事を読む

不動産所得の税金

今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います。 でも、実際には公的年金の

記事を読む

うまい話には訳がある!住宅ローンの条件変更に潜む大きな落とし穴とは?

念願のマイホームを夫婦揃って手に入れた数年後に失業といった悲劇が待っているとは! こんなこと普通考

記事を読む

PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、