保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

様々な種類の保険が登場するミニ保険市場。消費者のメリット・デメリットは?

公開日: : その他

大手保険会社で「保険に加入したくて申し込んだけれど加入できなかった。」という声を耳にしたことはありませんか? 保険加入には各社で保険の引受基準を設けており、引受基準は必ずしも横並びではありません。

そこで目を向けたいのがミニ保険と呼ばれる少額短期保険です。医療保険を生損保会社で加入できなかった場合でも、ミニ保険の中には加入できる商品があるかもしれません。
例えばエクセルエイド少額短期保険会社では、糖尿病の方向けに「糖尿病でも加入できる医療保険」を販売しています。

また、一般の生保・損保会社で取り扱っていないニッチなリスクをカバーしてくれる保険もあるのです。ペット保険がその代表です。

ペットに家族同様の愛情を注いでいる人もたくさんいますよね。ペットが病気になり動物病院へ行くとかなりの費用がかかると言われています。人間とは違い、健康保険制度があるわけではありませんから全額自己負担になってしまいます。
生損保ではペットの医療保険は取り扱っていませんが、ミニ保険にはペットの医療保険商品があります。治療費の補償をしてもらえるので、ペットを飼っている人には気になる商品ではないでしょうか。

ミニ保険の特徴は、保険金額の上限が少額なこと、保険期間が通常1年と短いことが挙げられます。そのために保険料がリーズナブルに感じられます。
しかし一方で、保険会社が倒産した場合には、契約者を保護する制度がありません。保険契約も契約者も保護されないのです。この点は注意したい点です。

保険加入はもしもに備えての安心を得られますが、あれもこれもと加入しては保険料の負担は大きくなってしまいます。たとえミニ保険とは言え、複数商品に加入してしまえば例外ではありません。

先ずは、自分に何の保障(補償)が必要かを見極め、加入する保険を選ぶことが大切でしょう。保障(補償)が重複してしまっている場合もありますので、保険内容もしっかり把握出来なくてはなりません。
様々な種類の保険が出てきたことは消費者には喜ばしいことですが、必要な商品を重複せずに厳選できる力も契約者には必要になってきていますね。

PC用

関連記事

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

損保ジャパンの介護事業は新風を起こせるか

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を平成27年12月

記事を読む

no image

介護離職者を減らすために会社が援助。三井住友海上火災保険が実施。

介護離職者が増えているというTVの特集番組を目にすることが多くなりましたよね。 私自身も親の介護もあ

記事を読む

no image

ミニ保険が与える影響についての考察

毎月の支払保険料が数百円程度の少額短期保険、いわゆるミニ保険の市場が大きく広がっております。ミニ保険

記事を読む

no image

冬山遭難の負担は高額。山岳保険の活用を。

年末年始も冬山での遭難のニュースが何件かありました。 捜索隊による救助活動は多くの人が出向き、何日も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、