保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

厚生年金保険の加入逃れ企業への検査行わず

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 社会保障や公的保険

終身保険の加入や見直しで厚生年金保険との関係について説明を受けた事がありますか?
現在はファイナンシャルプランナーといった専門家の影響もあり終身保険の設計が保険契約者に対して有意義な形にシフトしてきておりますが、これは厚生年金保険における影響も少なくありません。

一度は聞いた事のある「遺族年金」を考える上で、厚生年金保険から受け取る事のできる遺族厚生年金は厚生年金保険の被保険者であるなどの支給要件を満たしていなければなりません。つまり月々の給料から厚生年金保険料が徴収されている必要があるという事になります。しかしながら厚生年金保険料を含む社会保険料は中小事業者にとってみると負担が大きい現状があります。

そのため本来は厚生年金保険に加入しなければならないのにも関わらず、加入していない事業所が2014年度末で24万5,300程度ある模様です。これは5年前の2倍に増えているという事で経済情勢が尚、良好ではない表れの1つと言えるでしょう。この問題の弊害は働いている従業員に直接影響を及ぼします。

例えば、遺族厚生年金が受け取れなかったり、将来の年金額が大幅に少なかったりなど生活資金に直結する事ばかりです。腹ただしいのは厚生年金保険の加入逃れの疑いがある事業所に対して日本年金機構が対処していない事実があった事です。何を考えているのか全くもって理解に苦しみます。

若年者が遺族厚生年金を受け取るためには被保険者である事が必要です。だからこそ、年金機構はこの問題を放置せず常に解決する努力を怠ってはならないと心からそのように感じます。

(以下は読売新聞からの一部抜粋です)

年金機構、加入逃れ企業検査せず…予告後も放置


 日本年金機構が、厚生年金保険への加入逃れの疑いがある中小の事業所に立ち入り検査すると予告しながら、うち6割は3か月以内に実施していなかったことが、会計検査院の調べでわかった。

 加入逃れを許せば従業員が老後に厚生年金を受け取れないことになり、検査院は26日、厚生労働省と機構に対し、速やかに立ち入り検査を実施するよう求めた。

 厚生年金の加入逃れの疑いがあるのは、2014年度末に24万5335事業所を数え、5年前の2倍に増えた。

PC用

関連記事

定年から年金支給開始までの空白の5年間をどう暮らす?5つの資金対策を紹介。

これから先、年金を受け取る世代にとって、老後の生活資金である年金への心配や不安は大きいものです。

記事を読む

お金は勝手に集めて運用損は国民の負担。年金の信頼はどこへ?

厚生労働省は、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式に直接投資することを

記事を読む

【厚生年金の加入逃れ】事業者が確認しておくべき2つのポイント

厚生労働省の調査において、厚生年金の加入資格があるのにも関わらず国民年金に入っている人が全国に推計で

記事を読む

no image

【健康保険改革】年収1,000万円で負担4万円UPは意味があるのか?

厚生労働省は、自営業者らが加入する国民健康保険の保険料上限を2016年度は89万円と、今年度より4万

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

PC用

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、