保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

介護離職者を減らすために会社が援助。三井住友海上火災保険が実施。

公開日: : その他

介護離職者が増えているというTVの特集番組を目にすることが多くなりましたよね。
私自身も親の介護もありやむなく転職をした一人です。
前職の企業はそれなりに福利厚生が充実はしていましたが、介護に関しては法定で決められている介護休暇のみでした。
また、いざ介護の申請をするとなると、どうしたらいいのか全くと言っていいほど知識がなく、市で配布されていたガイドブックを参考に電話をしたり、市役所に出向いたりしました。
突然の「介護」と言う状況に、不安を感じない人はいないのではないでしょうか。

三井住友海上が、社員向けに高齢者介護支援サービスの提供を開始したというニュースは、今の時代に働く人にとってとても心強いものだと思います。
企業も優秀な人材が介護によって休業や離職となると大きな痛手になりますよね。
社員の不安や負担を軽くすることによって、社員が介護に直面しても安心して働ける環境は、社員だけではなく、会社にとっても意義があるものだと思います。
今後、こういうサービスを導入する企業が増えていくのではないでしょうか。
高齢化社会が進むに連れ、ますます要介護者が増えていきますから、行政だけに頼るのではなく、企業のサポートも大切だと思います。

先ずは、介護関係の保険を扱う生損保会社が率先して導入し、他の企業の牽引役になっていくのがいいのではないでしょうか。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

三井住友海上、社員向けに高齢者介護支援サービスを提供
(新日本保険新聞より一部抜粋)

三井住友海上は、4月から社員を対象にNPO法人による介護相談やコンサルティングサービス等が受けられる「高齢者介護支援サービス」の提供を開始した。

少子高齢化の進展とともに、親の介護に直面する社員は増加傾向にあり、介護による休業・離職は個人の悩みであると同時に、企業として取り組むべき経営課題の1つとなっている。そこで、仕事と介護を両立する社員の負担を軽減し、十分に能力が発揮できる環境を整えることを目的に、同社では専門家による支援サー
ビスの導入を決定した。

(1)介護相談(無料)
社会福祉士や看護師等の資格を持ち、高齢者支援や介護問題についての豊富な知識を有する相談員が、無料で相談を受け付ける。介護保険を利用するための手続きの方法など、介護に関する様々な悩みをメールや電話で気軽に相談することができる。シーケアの事務所での面談も可能。

(2)シーケアプログラム(有料)
社会福祉士や看護師、介護福祉士などの専門資格を有する担当者が、高齢者の日常生活や介護の悩みについて、それぞれのニーズに合わせた個別のコンサルティングおよび支援サービスを全国で提供する。
○介護119番プログラム
 介護施設やケアサービス業者の情報提供、介護保険申請の代行などの緊急時対応によって、社員の負担を軽減する。けがや病気をしたときの入退院・通院の援助をはじめ、介護保険のサービス適用外となる日常生活全般の支援も可能。
○高齢者サポートプログラム
 介護保険の適用範囲にとらわれず、それぞれの状態やニーズに合ったサービスを組み合わせた個別支援プランを作成する。定期的な訪問やプランの見直し等のアフターフォローも行う。
○介護セミナーの開催(無料)
 家族の介護に備えて、事前の対策や各種支援サービスに関する情報提供を目的とする介護セミナーを社内で開催する。

PC用

関連記事

no image

広がるペット保険。ペット保険に対応する動物病院を前もって見つけておきましょう。

ペットに家族同様の深い愛情を注ぐ飼い主が多いですよね。 そんな大切なペットが病気やケガをした時には動

記事を読む

no image

様々な種類の保険が登場するミニ保険市場。消費者のメリット・デメリットは?

大手保険会社で「保険に加入したくて申し込んだけれど加入できなかった。」という声を耳にしたことはありま

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

損保ジャパンの介護事業は新風を起こせるか

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を平成27年12月

記事を読む

認知症家族の鉄道事故の損害賠償金を補償する保険がついに登場!

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保より、従来より補償内容を充実させた「個人賠償特約」が販売されま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュー

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、