家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

いま自転車保険が必要になってきてる理由

公開日: : 自転車保険

いま自転車保険が必要になってきてる理由

ここ数年、自転車の事故増大を受け、道路交通法の改正が相次いでいます。
自転車の歩道走行禁止や、ヘルメット着用の努力義務などは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

しかし、このような改正後も自転車事故は後を絶ちません。最近では、自転車と歩行者との事故で、歩行者側が甚大な被害を被るケースが目立つようになりました。
高額な賠償を請求されるケースも出てきています。

自転車については、自動車のように賠償責任保険に加入するという意識が薄く、また保険自体の認知度もまだまだ低いという現状があります。そこで、自転車販売大手のホダカ(埼玉県越谷市)は最高一億円の個人賠償責任保険を付けた自転車を販売し、話題となりました。

道路交通法上、自転車は軽車両とみなされるため、対歩行者との事故のみならず、自動車との事故においても、状況によっては自転車側の方の過失割合が大きくなるケースもあります。
やはり、自転車を利用される方には、万一に備えて個人賠償責任保険にも加入されると安心ではないでしょうか。
こういった保険は、損害保険の特約としてつけられる場合が多いので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

出た!1億円傷害保険つき自転車 2月から販売

自転車販売大手のホダカ(埼玉県越谷市)は最高1億円の個人賠償責任の傷害保険を付けた自転車を、2月から販売する。同社によると、自転車業者が負担する保険額はこれまで5千万円が最高。
自転車の保険の認知度を高めるため、一気に倍増させた。

昨年7月、少年(当時小5)が乗った自転車の事故を巡り、親に約9500万円の賠償を命じた判決(控訴中)が神戸地裁で言い渡されるなど、近年、自転車が加害者になり、高額の賠償が請求されるケースが注目されている。

県警によると、さいたま地裁でも2002年、約3100万円の賠償判決が言い渡された。県内で昨年あった自転車の人身事故9888件のうち、責任割合が大きい第一当事者が自転車だった事故は、2割を超える2119件。
死亡事故は09年の16件から19件に増えている。

しかし、自動車やオートバイなどに比べ、自転車の保険の認知度は低い。日本サイクリング協会によると、保険会社で本格的に制度が整備されたのはここ数年で、加入率はまだ全体の2割程度とみられる。
1982年からある安全整備済み証を兼ねるTSマーク付帯保険も補償は最高2千万円で、重大事故をカバーしきれていないという。
(朝日新聞)

PC用

関連記事

【自転車保険】行政が住民世帯をバックアップする仕組み作り

以前、自転車事故による多額の賠償金支払判決が大きなニュースとして話題となりました。兵庫県では条例によ

記事を読む

自転車保険

自転車保険の義務化を国交省が検討開始。私たちに必要となる自転車保険とは?

国土交通省が自転車保険の加入拡大に向けて本格的に動き出したことがニュースになりました。 ここ数

記事を読む

自転車の高額事故に備えよ。自転車保険や火災保険特約で対策。

自動車やバイクは運転するのに免許証が必要ですが、自転車は車両とは言え誰でも運転ができます。子供から

記事を読む

no image

兵庫県が2015年10月から自転車保険加入が義務化へ

自動車・バイクには自賠責保険が義務付けられていますが、自転車には保険加入が義務付けられていません。

記事を読む

自転車保険

自転車保険を親の立場で考える

自転車事故による多額の損害賠償請求の支払命令が裁判所から下された背景を受けて、昨今では自転車保険の

記事を読む

PC用

妊婦さんが妊娠中に加入できる保険のまとめ

妊婦さん向け医療保険 各社の特徴 【相談】 妊娠中でも加入できる医

火災保険が10%値上げ!長期契約は最大で5年までに改悪。

損害保険料率算出機構は、火災保険料の算定基準である参考純率を平均で10

自転車保険
2021年は自転車保険の加入率が増加。自転車事故には保険で備えよう。

au損保が3年連続となる自転車保険の加入率を全国で調査しました。

no image
交通事故削減に自動車保険で貢献。各地の危険情報をドライブレコーダーが警告。

香川県などは、1月下旬から交通事故防止のため新たな取り組みを導入すると

○十万円節約できる!火災保険を安くする5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、