家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

マンション売買の値引きについての相談「購入後に安くなってました」

公開日: : 住宅・住宅ローン

マンション売買に関する質問相談の第2回です。

今回は、よくあるマンション売買の疑問と相談の中から、「マンションの値引き」に関する相談をご紹介していきたいと思います。
(第1回はこちら⇒マンション売買の瑕疵担保責任についての質問と相談

相談事例

不動産業者から分譲マンションを購入する際に、価格交渉のため値引きをしてもらうよう要望しましたが、業者は値引きには応じてくれませんでした。

結果、値引きなしでマンションを購入しましたが、その後マンションが売れ残ったため、値引き販売する旨の広告を目にしました。
本当に納得できない気持ちでいっぱいなのですが、この場合、不動産業者に何らかの請求はできるのでしょうか?

回答

お気持ちは痛いほどよくわかります。
しかし、残念ながら不動産業者に何らかの請求をするのは困難だと思われます。

不動産業者は、マンションを「誰に」「いくらで」販売するのは原則として自由であるため、当初の売買価格よりも値引きして販売することは法律に抵触することもありません。

食品とマンションを同様な見解で考えては少々の語弊が生じるかもしれませんが、スーパーマーケットにおいて閉店時間が近くなると、余ったお惣菜などが20%引きなどに割引され、さらに時間が経過すると半額になったりするのを目にしたことがあると思います。

店側からするとお惣菜が売れ残ってしまった場合は、廃棄することになりますので、少ない金額で売れたとしてもすべてがマイナスになるよりは良い結果となります。
これを不動産業者の分譲マンションに置き換えても考え方は同様で、仮に分譲マンションが売れ残ってしまった場合、不動産業者からすると建築工事代金の回収が遅れるだけでなく、売れ残ったマンションをすべて販売するまでの費用や保有している維持費などが発生します。
費用が継続してかかるからこそ、早期に完売したいと考えるのは当然のことといえるでしょう。

不動産業者との間で「将来にわたって値引き販売をしない契約」を取り交わしている場合は何らかの請求ができる可能性があるようですが、残念ですが非現実的だと考えます。

まとめ

マンションの売買において、瑕疵担保責任や分譲マンションの値引きの問題が生じることもあり、実際に裁判にまで発展した事例もあります。マンションは、1つの建物に自身の専有部分(住居部分)を所有する仕組みですので、それぞれが快適に生活していくための共有部分(エレベータや手すりなど)やルール(集会)が必ず存在します。

今回、よくあるマンション売買の疑問と相談を2つご紹介致しましたが、その他の問題についても事前確認しておくことが重要であることは言うまでもありません。

 

PC用

関連記事

住宅ローンの借り換え以前に「絶対」考えなければならないこと

今、この記事を読まれている人はきっと住宅ローンの借り換えを検討していることと思います。中にはインター

記事を読む

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保険(家財保険)に加入しなければ

記事を読む

不動産所得の税金

こんな方は要注意!住宅ローン審査に通らない理由&通りやすくする方法

マイホーム購入で多くの方が利用している住宅ローン。誰でも申し込めるものと思われがちですが、利用するに

記事を読む

火災保険

地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために値上げ前にしっかりと対策をした

記事を読む

広がる民泊。専用の民泊保険を大手保険会社が販売。

三井住友海上火災保険が2016年11月に民泊の貸主向けの損害保険を発売します。 民泊は現在、国

記事を読む

PC用

オーストラリアへのワーホリ。ユニケア保険って何?

英語が得意な人、手を挙げてください。 ↓ ↓ ↓ ごめんなさい

オーストラリアへのワーホリ。私がユニケア保険に加入した時の流れ

N.Y.でのテロ発生以来、保険会社は保険料値上げという、もっともな手段

相続で後悔しないために!知っておくべき3つの相続方法

「相続や相続税なんてお金持ちだけの問題」という考えはもう古い?! 平

不動産所得の税金
住宅をお持ちの方必見!地震保険の基本と、2つの加入方法

その名のとおり、地震保険は、地震によって住宅などの建物が損害を受けた場

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、