家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

火災保険に保険会社から直接入れますか?

公開日: : 最終更新日:2018/09/04 火災保険, 火災保険 – Q&A

解決済みの質問
相談者名 いちろう (40代男性)
火災保険に加入していますが、来年に満期になるので火災保険を見直したいと考えています。
保険料の改定が理由でが値上がりしてしまうようで、安いところを探しています。

インターネットで様々な保険会社のホームページを見てみましたが、火災保険に入るには保険会社と直接やり取りをしてはいけないのでしょうか?
必ずどこかの保険代理店からでないと加入することはできないのでしょうか?

回答受付を終了しました
回答者名 just-one1さん
回答 火災保険の保険料は少し前に改定があり、マンションと木造建物の保険料が上がりました。
見直しをすると大体の保険会社では上がってしまうのではないかと思います。

保険会社と直接のやり取りをとのことですが、一部の保険会社を除いて火災保険は保険代理店を通さないと加入できません。
保険会社のコールセンターに電話しても、最終的には「ではお近くの保険代理店をご紹介します」とか「代理店から連絡させます」という回答になるでしょうね。
最近ではダイレクト型の保険会社も出てきましたが、まだごく少数派です。
保険料の比較については、火災保険の無料一括見積もりサービスがありますから、それを利用すると安いところが見つかって便利です。
■火災保険の無料見積もりサービスの例
10社まとめての火災保険一括見積もりサイト

ただ細かい割り引き設定までは出来ないケースもあるようですので、参考料金や加入候補くらいに留めておき、あとはそれらを含めた複数の保険会社を取り扱っている保険代理店さんで色々質問しながら検討・加入されるのが良いかと思います。

PC用

関連記事

ネットで申し込める低価格型の火災保険をアメリカンホームが発売します

火災保険は建物の構造等によって保険料が決まるため、意外とベテランの営業マンでも構造に頭を悩ませること

記事を読む

今こそ火災保険を見直すタイミングです!

平成27年10月より家庭向けの火災保険料が大幅に改定されます。 火災保険は火事だけに限らず、台風や水

記事を読む

火災保険の乗り換えは必ず2015年中に!長期契約で保険料を安くする

マイホームをお持ちの人は、ほぼすべての人が火災保険にすでに加入されているでしょう。 契約期

記事を読む

火災保険

地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために値上げ前にしっかりと対策をした

記事を読む

no image

10月に火災保険料が一斉値上げ!住宅ローンにも大きく影響します

大手損害保険各社は平成27年10月に火災保険料を一斉に引き上げます。 当初は一部大手の損害保険会社の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、