保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

保険担当者が教える自動車保険選びのポイント

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 自動車保険

自動車保険の選び方

毎年なんとなくやってる自動車保険の更新。

これで良いのかな?
もっと安い保険会社もあるのかな?
でも調べるのも面倒だし、保険の仕組み自体がよくわからないし・・・。

と、いう方はたくさんいらっしゃるかと思います。

事故も無く無事に更新を迎えられている方は、なんだかもったいない、なんて思ってしまいそうですね。
しかし、自動車保険って実はとても身近な存在なのです。
そこで、意外と知られていない自動車保険の補償と、選ぶポイントを2つご紹介します。

その1.自分のためにしっかり補償を! ~人身障害・搭乗者障害~

実際に事故の受付をしていて、しっかりご案内しておけば良かった・・・と悔やまれる補償です。
人身障害・搭乗者障害とは、どちらもご自身と同乗者が死傷した場合のための補償ですが、保険金額を算出する計算式がそれぞれ違います。

人身障害補償は、実際の損害額を受け取れる補償(契約金額が上限)。
事故に遭われた方の職種や、その状況、年齢、性別や契約金額によって受け取る保険金額はまちまち。
算出するのに時間がかかるため、支払いは少し遅くなることが多いです。

搭乗者障害補償は、人身障害の上乗せ補償。
損害の程度に応じて保険会社で決められた金額があり、それに基づいて補償を受けられます。
怪我の種類・怪我をした部位・怪我の数などで算出されるので、比較的早く支払われることが多いです。

補償を受けるにあたって、責任割合は関係なし!
なので、自損事故や、相手が無保険だった場合も安心。
また、使っていただいても等級に影響しません。

この補償、実は車外補償あり、車外補償なしを選ぶことができます。
これは車に乗っていないとき、つまり、歩行中の補償もつけられるということです。

一時期、ご高齢のご家族が車と接触事故を起こして、相手に逃げられた・・・という事故連絡を頻繁に受けていました。

契約者だけでなく、同居の親族も補償対象になる契約形態があるので、ご家族にお子様やご高齢の方がいらっしゃる場合、考えてみてもいいのではないでしょうか。

ご自身のための補償は、保険料削減の標的になってしまい手薄になりがちなのですが、とても重要です。
いざ事故に遭われると、思いのほかご自身のために払われる保険金が少ないなと感じられる方はとても多いです。
決して安くは無い保険料を払っているんですから、他人様のためだけでなく、自分のための補償、しっかり付けておきましょう!

その2.日常生活の事故を保障 ~個人賠償特約~

日常生活で、他人のものを壊してしまったり、怪我をさせてしまったり。その場合に、相手方へ支払われるのがこの補償「個人賠償特約」です。
なんと1つ契約があれば同居のご家族全員が補償の対象になるので安心です。

この特約からのご請求はとても多いです。自動車の事故より多い月もあるほど。
特にお子様やご高齢の方の事故が多いです。

☆お隣さんの高級車に石を投げて傷をつけてしまった・・・
☆旅行中、子供がスーツケースに乗ってロビーを滑走。エントランスのガラス扉へ激突し破損。
☆子供が公園で遊んでいたら、友達をすべり台から突き落としてしまい怪我をさせた
☆おばあちゃんが雪道を歩いていたら転倒。その際に持っていた杖で理容室の看板を破損してしまった
全て実際にお受けした事故事例。いずれも数十万円のご請求となりました。

また、そういう話し合いの矢面に立たなくてはならないのは、とても辛いことです。
そこで、交渉のプロである保険会社が間に入って話してくれることは、とても心強いですよね。

まとめ

自動車保険って、自動車に乗っている時だけでなく、日常生活のあらゆる場面のトラブルを補償してくれるすぐれもの。
次の更新の時は、いつもよりちょっと気をつけて書類を見てみてはいかがでしょう。

PC用

関連記事

損害担当者の主な仕事 | 今日も明日も自動車事故

今日は自動車損害保険の損害部門社員がする仕事と、それを上手にこなすポイントをお話しします。 仕

記事を読む

イーデザイン損保の自動車保険、プロに聞いた評価・評判をまとめてみた

プロの目から見たイーデザイン損保の自動車保険 このページでは、イーデザイン損保の自動車保険につ

記事を読む

自賠責保険の保険料が据え置きによる影響とは。

平成26年4月より消費税が現在の5%から8%へアップします。家計への負担が大きくなるのが気になると

記事を読む

自動車保険はどこから入るのが得か

自動車保険はどこから入る? 自動車保険加入の方法は大きく二つに分かれます。 「代理店型」 と 

記事を読む

no image

チューリッヒ保険が自社サイトで「自動車保険の選び方」を公開

保険に加入する時は「どんな保険に入ればいいのかな?」と誰もが思いますよね。 対面型や電話申込でした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

賃貸マンション・アパートに住む人に教えたい!火災保険の見直しで毎年1万円節約する方法。

賃貸マンションや賃貸アパートに住むと、基本的には賃貸向け火災保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、