家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

住宅ローン借り換え前にチェックするべき2つのポイント

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン

現在、住宅ローンの金利は低金利状態が続いており、しっかりとした返済計画と安定した収入があれば住宅ローンの借り換え効果が認められる世帯は多いと思います。
しかしながら、住宅ローン借り換え前にチェックし対策を取るべきポイントを怠った場合、住宅ローンの借り換えそのものが受けられないことも十分考えられます。

そこで今回は、住宅ローン借り換え前にチェックするべきポイントを2つ紹介していきます。

チェックポイントその1 借り換え前に収入と支出の内容を再確認する

住宅ローン借り換え以前の問題なのですが、そもそも収入が支出より上回っていなければ余裕を持った住宅ローン返済を行うことはできません。

ここでいう収入とは可処分所得とも呼ばれ、いわゆる「手取金額」を指しますが、毎月の収支が黒字で少ないお金でも残せる家計状態をキープしていることが最重要ポイントになります。

チェックポイントその2 借入金の「本数」をチェックする

住宅ローンの借り換えを実行してもらうためには、金融機関に住宅ローンが滞りなく返済できると思われる「信用」を持ってもらう必要があります。
その際、住宅ローンを「除いた」借入金の状況を金融機関は確認するのですが、借入金の本数が多い場合、住宅ローンの借り換えが厳しくなります。

例えば、自動車ローン150万円、教育ローン100万円、教育ローン200万円という借入があった場合、住宅ローンを除いた借入になりますので「3本」になります。消費者金融1社から借入があれば「4本」といったイメージです。

ちなみに借入本数「4本」になるとかなり借り換えが厳しくなると考えられ、「5本以上」ではまずもって借り換えが難しいと考えるべきでしょう。
住宅ローンの借り換え前に整理できる借入金がある場合には、まとめて返済するなどの対策も必要になってきます。

※上記はあくまでも目安であり、金融機関や保証会社をはじめ、収入や金融事故歴などによって取り扱いが異なりますので注意してください。

PC用

関連記事

マンション売買の瑕疵担保責任についての質問と相談

首都圏や政令指定都市などに在住している方は、マイホームとしてマンションを購入されるケースも多いと思い

記事を読む

住宅ローンの借り換え以前に「絶対」考えなければならないこと

今、この記事を読まれている人はきっと住宅ローンの借り換えを検討していることと思います。中にはインター

記事を読む

広がる民泊。専用の民泊保険を大手保険会社が販売。

三井住友海上火災保険が2016年11月に民泊の貸主向けの損害保険を発売します。 民泊は現在、国

記事を読む

マイナス金利における住宅ローン選択のポイントとは

日本銀行のマイナス金利政策を受けて、金融機関における住宅ローンの低金利時代が続いています。 住宅

記事を読む

不動産所得の税金

今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います。 でも、実際には公的年金の

記事を読む

PC用

オーストラリアへのワーホリ。私がユニケア保険に加入した時の流れ

N.Y.でのテロ発生以来、保険会社は保険料値上げという、もっともな手段

相続で後悔しないために!知っておくべき3つの相続方法

「相続や相続税なんてお金持ちだけの問題」という考えはもう古い?! 平

不動産所得の税金
住宅をお持ちの方必見!地震保険の基本と、2つの加入方法

その名のとおり、地震保険は、地震によって住宅などの建物が損害を受けた場

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

妊娠中も入れる海外旅行保険まとめ【妊婦さんの海外旅行マニュアル】

妊娠している方の海外旅行 -海外旅行保険編- 【相談】 いま妊

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、