保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

住宅ローン借り換え前にチェックするべき2つのポイント

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン

現在、住宅ローンの金利は低金利状態が続いており、しっかりとした返済計画と安定した収入があれば住宅ローンの借り換え効果が認められる世帯は多いと思います。
しかしながら、住宅ローン借り換え前にチェックし対策を取るべきポイントを怠った場合、住宅ローンの借り換えそのものが受けられないことも十分考えられます。

そこで今回は、住宅ローン借り換え前にチェックするべきポイントを2つ紹介していきます。

チェックポイントその1 借り換え前に収入と支出の内容を再確認する

住宅ローン借り換え以前の問題なのですが、そもそも収入が支出より上回っていなければ余裕を持った住宅ローン返済を行うことはできません。

ここでいう収入とは可処分所得とも呼ばれ、いわゆる「手取金額」を指しますが、毎月の収支が黒字で少ないお金でも残せる家計状態をキープしていることが最重要ポイントになります。

チェックポイントその2 借入金の「本数」をチェックする

住宅ローンの借り換えを実行してもらうためには、金融機関に住宅ローンが滞りなく返済できると思われる「信用」を持ってもらう必要があります。
その際、住宅ローンを「除いた」借入金の状況を金融機関は確認するのですが、借入金の本数が多い場合、住宅ローンの借り換えが厳しくなります。

例えば、自動車ローン150万円、教育ローン100万円、教育ローン200万円という借入があった場合、住宅ローンを除いた借入になりますので「3本」になります。消費者金融1社から借入があれば「4本」といったイメージです。

ちなみに借入本数「4本」になるとかなり借り換えが厳しくなると考えられ、「5本以上」ではまずもって借り換えが難しいと考えるべきでしょう。
住宅ローンの借り換え前に整理できる借入金がある場合には、まとめて返済するなどの対策も必要になってきます。

※上記はあくまでも目安であり、金融機関や保証会社をはじめ、収入や金融事故歴などによって取り扱いが異なりますので注意してください。

PC用

関連記事

住宅ローンの借り換え以前に「絶対」考えなければならないこと

今、この記事を読まれている人はきっと住宅ローンの借り換えを検討していることと思います。中にはインター

記事を読む

実例からFPがアドバイス!定年前に住宅ローンを完済するために必要なこと

平成28年2月よりマイナス金利政策が始まったことによって、金融機関が融資している住宅ローンの金利が引

記事を読む

リバースモーゲージの基本と活用方法

いわゆる団塊の世代と呼ばれる人たちが老後を迎えていく中で、すでに年金生活を始めている高齢世代が毎日の

記事を読む

マイホームは新築だけじゃない!中古住宅の選び方とメリット・デメリット

人生で最も高い買い物と言われる「マイホーム」。日本では新築が根強い人気ですが、海外ではあえて中古住宅

記事を読む

FPが教える火災保険選びの基本マニュアル!

先日、島根県で偶発的な突風が発生し、建物や自動車など大きな被害の生じたニュースが報じられました。

記事を読む

PC用

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、