保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

住宅ローンのお金を節約したいなら・・・

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 住宅・住宅ローン

住宅ローンを申し込む際の諸費用は一般的に高額です。そのため少しでも住宅ローンのお金を節約したいと考えている多くの皆さまに、今回は死亡保険を担保とする方法を紹介していきます。

ここでいう死亡保険は、定期保険・終身保険・収入保障保険など死亡や高度障害になった場合に支払われる生命保険のことを指します。

それでは説明をしていきます。

住宅ローン=団体信用生命保険の加入は必須


すべての住宅ローンにおいて団体信用生命保険の加入が求められてはおりませんが、家族と家を守るためには、団体信用生命保険の加入は「必須」と言えます。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済期間中に債務者が死亡や高度障害などになった場合、その保険金が住宅ローンの債務残高に充てられることで、遺された遺族は住宅ローン債務が無くなり、金融機関側は債権回収リスクを負わずに済むといったメリットがあります。
結果として双方が円満解決できるため広く一般に利用されています。

団体信用生命保険の実際

団体信用生命保険の保険料は、住宅ローンの金利に上乗せされるのが一般的です。

例えば、住宅ローンの金利が0.7%の時、団体信用生命保険に加入することで0.4%の金利上乗せなどといった使われ方をします。したがって実質金利は1.1%で借入しているといったイメージです。

収入保障保険の方が安い場合がある

団体信用生命保険と同じような性質の死亡保険に「収入保障保険」があります。

この収入保障保険は年齢を重ねるごとに、死亡保険金額が逓減していき満期になると保障が0円で終了といった仕組みの保険で、正に住宅ローンを完済して消滅する団体信用生命保険と同じと言えます。

総合的な支払金額でみた場合、団体信用生命保険よりも収入保障保険の支払保険料の方が安く済む場合が実はあるのです。

金融機関や融資条件によっては団体信用生命保険でなければならない場合もあり得ますが、そのような縛りが無い場合には、収入保障保険と比較検討して住宅ローンの諸費用を節約してみることをおすすめします。

PC用

関連記事

実例からFPがアドバイス!定年前に住宅ローンを完済するために必要なこと

平成28年2月よりマイナス金利政策が始まったことによって、金融機関が融資している住宅ローンの金利が引

記事を読む

うまい話には訳がある!住宅ローンの条件変更に潜む大きな落とし穴とは?

念願のマイホームを夫婦揃って手に入れた数年後に失業といった悲劇が待っているとは! こんなこと普通考

記事を読む

住宅ローンの借り換え以前に「絶対」考えなければならないこと

今、この記事を読まれている人はきっと住宅ローンの借り換えを検討していることと思います。中にはインター

記事を読む

住宅ローン借り換え前にチェックするべき2つのポイント

現在、住宅ローンの金利は低金利状態が続いており、しっかりとした返済計画と安定した収入があれば住宅ロー

記事を読む

FPが伝授!マイホームはこんな不動産業者と契約するな!

人生で最も高い買い物であるマイホーム購入。 当然、絶対に失敗したくないと考えますが、何よりも契約す

記事を読む

PC用

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、