家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

地震保険の3つの素朴な疑問に答えます

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 地震保険, 生命保険や損害保険

火災保険とセットで加入することができる地震保険ですが、中には「周りがみんな地震保険に入っているし・・・」といったように、何となく加入されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は地震保険の数ある素朴な疑問に対して3つをピックアップして回答していきたいと思います。

地震保険の素朴な疑問
その1 保険金はいくら支払われる?

地震保険の保険金は、損害を受けた「程度」によって支払われる保険金が決まっています。支払われる保険金が決まっていると聞くと、例えば100万円といった定まった金額の保険金が受け取れるイメージを持たれる方もおりますが、実際はそうではありません。

損害の程度は、
・全損(100%)
・半損(50%)
・一部損(5%)
と大きく3つにわけられ、これらに該当しない場合は保険金が支払われることはありません。

地震保険の契約によっても保険金額が異なりますが、支払われる保険金額に上記割合を乗じたものが受け取れる保険金になることになります。

地震保険の素朴な疑問 その2
津波で流されたお金は補償対象ですか?

地震保険で補償対象外の家財として、「現金」「株券などの有価証券」「自動車」「宝石」「書画」「骨董」などがあります。
この他にも補償対象外のものがあるのですが、ここでは特に気になると思われるものをピックアップして紹介しました。

地震保険の素朴な疑問 その3
地震でテレビやパソコンが壊れたのですが補償対象?

大きな地震が発生した時に、仮に建物に被害がなかったとしても、テレビやパソコンなどの家財が地震の影響によって壊れてしまうことも考えられます。この場合に、地震保険からこれらの補償対象となるか気になると思いますが、残念ながら「ほぼ」補償対象外です。

専門的な表現になってしまうのですが、損害を受けた家財の「10%」以上とならなければ補償の対象となりません。
テレビやパソコンといった個々に損害を考慮するのではなく、全体的な損害を考慮した結果、10%以上といった考え方になりますので、テレビやパソコンが単体で壊れたことによる地震保険の補償はまずもって受けられないと考えられます。

以上、地震保険のよくある質問として3つを取り上げました。

PC用

関連記事

若年者が知っておくべき生命保険の選び方

この記事では、「若年者が知っておくべき生命保険の選び方」と題して、将来において役に立つ生命保険の選び

記事を読む

no image

ぜんち共済という、障がい者に寄り添う新しい保険会社の登場

ニッチな分野の保険を扱う、新興の保険会社 ぜんち共済株式会社は、知的障害者の豊かな生活と日々の安心の

記事を読む

死亡保険金を受け取るための手続方法

夫や妻が死亡した場合における生命保険の保険金受取人は配偶者に指定しているのが一般的だと思います。この

記事を読む

日本国内初の認知症対応保険とは?

太陽生命保険は、「認知症と診断されると保険金を支払う保険」を平成28年3月に発売することがわかりまし

記事を読む

外資系生保の地方拠点、地方創生にも好影響

外資系生命保険会社の間で、本社機能の一部を地方に置く動きが広がってきている模様です。 アメリカ

記事を読む

PC用

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

相続終活専門士ってどんな人たちなの?相続・終活を始めるなら知っておきたい専門家とは

ここ数年でエンディングノートや終活という言葉が広がり、人生の終わりを考

年金の「繰上げ受給」「繰上げ受給」とは?FPの答えは「繰下げ需給が得!」損得は変わるのか?

老後の生活を支えてくれる強い味方となるのが年金ですが、これから60歳に

老後生活に資金はいくら必要?FPが教えるお金の準備マニュアル

あなたは老後の生活に不安を感じていますか? 生命保険文化センターが行

賃貸マンション・アパートの火災保険、不動産屋が提案の保険に入らないといけない?解約できる?

マンションやアパートで賃貸契約を結ぶと、不動産会社から火災保険(家財保

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、