家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

ニーズと実用的が自動車保険増加の決め手か。短期の自動車保険も。

公開日: : 自動車保険

今年の秋から大手損害保険各社が若年者向けに自動車保険を加入しやすくするようです。
自動車免許を取り立ての若年者にとって自動車保険の負担は極めて大きい事や昔に比べて若年者の車離れが大きくなっている事も影響し、損害保険各社の自動車保険に対する伸び悩みは大きな課題です。

若年者の中には自動車運転における自動車保険に対する認知度や重要性について理解していない方も非常に多く「無保険」で事故を起こしたなどといったニュースはメディアを通じてよく目や耳にする人も少なくないと思います。「知らない方が幸せな事もある」などと言われますが、無保険で自動車を運転する事については専門家の立場からすると恐ろしくて仕方がありません。

とは言え、自動車保険の平均支払額は年間6万円程度で初めて車を持つ若年者の自動車保険料は年間20万円を超える現状を考慮すると、無保険であっても納得してしまうのも否めません。自動車の運転頻度などによっても各々の自動車保険に対する考え方も違ってくるでしょう。

そのような状況で特に目が留まった内容は東京海上日動火災保険が販売している「ちょいのり保険」です。
1日単位で加入ができ且つ1日500円からと価格もリーズナブルな点は首都圏で電車通勤がメインの方にはおすすめできる自動車保険であると感じています。

また、レジャーや観光などで自己の自動車を他人が運転する場合なども良いと考えられます。配偶者限定など運転者が限定されている場合に1日単位の保険に加入する事は効率の良い自動車保険の加入の仕方であると言えるでしょう。

(以下は読売新聞より一部抜粋および編集)

車保険、若者に優しく…保険料の割引拡充。車離れ歯止めに

大手損害保険各社が今秋から、若者向けに自動車保険を加入しやすくする。

初めて車を持つ人の保険料を安くしたり、ゴールド免許の割引率を拡大したりして、負担感を軽くして加入を促す狙いだ。

強制と任意の自動車保険

自動車保険は一般に、強制加入の自動車損害賠償責任保険(自賠責)と、任意加入の自動車保険(民間の保険)がある。

自賠責は、事故で他人を死亡させたりケガをさせたりした場合の対人賠償のみの補償だ。保険金の限度額は死亡3000万円、後遺障害4000万円、ケガ120万円。車の購入時に加入が義務付けられている。

一方、任意保険はドライバーが必要に応じて商品を選び加入する。加入率は73%(13年3月末、自動車共済を除く)。対人賠償は自賠責の支払額を超える部分の金額が支払われるほか、対物、搭乗者、自分の車の損害への補償(車両保険)などがある。

ファイナンシャルプランナーの清水香さんは「事故を起こせば、最悪の場合、家計でカバーしきれない補償を余儀なくされるケースもある。車を運転するなら任意保険は必須」と話す。

自動車保険の保険料平均は年6万円

任意保険のポイントは保険料だ。事故を起こすリスクが低いと判断される人ほど安く、逆は高くなる。

平均的な保険料の支払額は月々約5000円、年6万円程度だが、初めて車を持つ若い世代の保険料は年間20万円を超えることもある。一般に、運転歴が長く無事故の人ほど保険料は割り引かれるが、若い世代は運転歴が浅いため、割引が受けられないからだ。

特に、事故の有無によって決まる「等級」の割引を若い世代は受けにくい。保険会社は個人ごとに、1~20等級の20段階に区分けされた等級を定めている。

5年間無事故無違反の優良ドライバーに交付されるゴールド運転免許証でも割引が行われる。だが、免許の新規取得から3年間のグリーン免許では割引は行われないので、免許を取ったばかりの若い世代は受けられない。

1日単位で入れる自動車保険も登場

東京海上日動火災保険は12年から、1日単位で加入できる「ちょいのり保険」を販売。1日500円から入れ、子供が親の車を借りて運転する際などに便利だ。携帯電話などで手軽に加入でき、10~20代の利用が約9割を占めるという。

PC用

関連記事

自賠責保険の保険料が据え置きによる影響とは。

平成26年4月より消費税が現在の5%から8%へアップします。家計への負担が大きくなるのが気になると

記事を読む

自動車保険の分析・評価

自助努力が支払保険料を割安にする時代

昨今、自動車保険の一種でテレマティクス保険が話題となっています。テレマティクス保険は自動車に小型の

記事を読む

自動車保険の分析・評価

自動車事故はどういうときに起きてしまうのかをデータから考える

安全運転を心掛けていても、思わぬ交通事故を起こしてしまうこともありますよね。 「自分は絶対に事故は

記事を読む

車の盗難、車上荒らしに要注意!防犯対策の意識付けを。

日本損害保険協会が2015年11月に保険金支払い事案を対象に自動車盗難事故実態調査を実施しました。一

記事を読む

自動車保険

「自賠責保険」と「自動車保険」の保険料引き下げ、今後の予定とまとめ

自動車を保有しているすべての人であれば「自賠責保険」と「自動車保険」はよく知っていると思いますが、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PC用

永久保存版!子育て世帯が知っておくべき2つの遺族年金と仕組み

多くの皆さんが「遺族年金」という言葉を一度は耳にしたことがあると思いま

自転車保険
千葉市が自転車保険加入義務化へ

千葉市が、2021年4月より自転車保険の加入を義務付ける方針を固めまし

no image
AIG損保、水害による環境汚染を補償する保険を日本で初めて販売開始。

(以下は同社のプレスリリースより) 洪水・高潮による環境汚染に起

よく聞く住宅ローン減税の仕組みが知りたい!住宅ローン減税でどれくらい得があるか。

住宅ローン減税は正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、金融機関など

FPが教える!住宅購入前に知っておくべきお金や法律など5つのこと

住宅の購入を考え始めたものの、どこから手をつけたら良いのかわからない!

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、