保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

将来、相続税がかかるかどうかを確認する簡易方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 相続・継承

平成27年1月1日より相続税の基礎控除額(後述します)が大幅に引き下げられました。
これに伴い、以後、相続税を国に納める人が多くなり、特に首都圏や政令指定都市に不動産を保有している人にとっては深刻な問題となっています。

このようなことを踏まえ、今回は将来、相続税がかかるかどうかを確認する簡易方法を皆さまへご紹介していきたいと思います。

相続税の基礎控除額とは

相続税の基礎控除額をわかりやすく説明すると、
「この金額を超えなければ相続税はかかりませんよ」
といった金額のことを言います。

実際に例をあげて数字に置き換えることでイメージが持ちやすくなると考えます。

【例】
夫(死亡)、妻、長男、長女、夫の父、夫の母の六人家族の場合の相続税の基礎控除額はいくらになるのか?

相続税の基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

上記計算式で相続税の基礎控除額を求めることができますので、例の六人家族の場合は

3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円

となります。
よって、夫の遺産が4,800万円を超えなければ相続税が課されることはありません。

法定相続人について民法では以下のように定めております。

配偶者は常に相続人、相続順位 第1位=子 第2位=父母 第3位=祖父母 など

上記例の法定相続人は、常に相続人である妻(配偶者)と相続順位第1位の子(長男・長女)の合わせて3人となるのです。
仮に子がいない場合は第2位の夫の父母に相続する権利が発生します。

不動産を保有している人は相続対策として確認を

首都圏や政令指定都市に不動産を保有している人は、その不動産の価値が過大な影響で相続税を納めなければならない可能性が生じる点には注意が必要です。
現金や預貯金、不動産などのプラスの財産から借金や住宅ローンといったマイナスの財産を差し引いた正味の純資産が相続税の基礎控除額を超えないかどうかを確認することが将来、相続税がかかるかどうかを確認する簡易方法となります。

まずはざっくりと計算をしてみて、相続税の基礎控除額を超えそうな場合には早急な相続対策を行うことをおすすめしたいと考えます。

PC用

関連記事

不動産所得の税金

不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も訪れます。 たとえば、相続で

記事を読む

確実にお金を遺す遺言方法「公正証書遺言」の活用例

遺言をする方法には ・自筆証書遺言 ・公正証書遺言 ・秘密証書遺言 といった3つの遺言方法があります

記事を読む

最低限知っておきたい相続の基礎知識

人生を全うする上でいつかは自身にも関係する「相続」ですが、仮に相続税を納める必要がなくとも最低限知っ

記事を読む

【相続・戸籍・登記】三位一体の関係をとことん解説

【相続】 【戸籍】 【登記】 どの言葉も一度は耳にしたことはあるけれど、具体的に理解している方

記事を読む

合格者が教える!FP資格取得のためのお勧め勉強法はこれ。

お金の専門家とも呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)。 その需要は年々高まり、今では「FP」

記事を読む

PC用

「無痛分娩」のメリット・デメリット。出産費用や家計への影響とは?

初めての出産に臨むときの大きな壁の一つが「出産の痛み」 どの

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、