保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

太陽光発電向け保険に個人事業主でも加入可能になりました(損保ジャパン社の例)

公開日: : 企業向け保険

損保ジャパン日本興亜は太陽光発電事業者向けの火災保険の対象を現在の法人だけに留まらず個人事業主にも拡げました。これには、個人で事業を営む個人事業主からの引き合いも多い事から小規模案件に対する補償を拡げた背景があります。

太陽光発電は2012年7月に「再生可能エネルギーの固定買取制度」が始まった事に伴い大きく普及しました。一方で、火災や落雷、風災、水災などが発生した場合に太陽光発電関連設備の物的損害をはじめ、気候の変動や日射量の変動が原因の売電収入に対する不安定な部分についての懸念が多い課題がありました。

損保ジャパン日本興亜では、このような懸念に対し「売電収入保障特約」を開発しました。
売電収入保障特約とは発電システムなどの太陽光発電関連設備の物的損害の補償だけに留まらず売電収入が得られない場合の損失も補償する特約であり、従来の懸念内容を一挙に払拭できる内容となっています。

太陽光発電を始めるにあたり国などからの補助金があるものの設備投資には多額の資金がかかります。そのため自然災害などにおける万が一のリスク対策が必須である事は言うまでもないでしょう。
年間の保険料も安価であるため必ず保険とセットで太陽光発電を始めるべきでしょう。

現在、個人の住宅建築においても太陽光発電を用いた設備が普及してきています。今後は法人、個人事業主だけに留まらず、このような設備を付帯した個人からのニーズも徐々に高まってくる事が予測されますね。

損保ジャパン日本興亜、太陽光発電事業者向け火災保険の対象を個人事業主にも拡大

(日刊工業新聞から一部抜粋)

損保ジャパン日本興亜は太陽光発電事業者向けの火災保険の対象を、個人事業主にも広げた。従来は出力1000キロワット以上の大規模案件を手がける法人向けが中心だったが、小規模案件の個人事業主からの引き合いも多いことから、補償対象を拡充した。

火災や落雷、風災、水災などが発生した場合の関連設備の物的損害を補償する。補償期間は1年。さらに売電収入保障特約を付けた場合、発電システムが損害を受け、売電収入が得られない場合の損失も補償する。都内の設置で保険金2000万円、売電収入補償特約がない場合で年間保険料は約5万3000円。

PC用

関連記事

介護事業者向けのインフルエンザ・ノロウイルス集団感染への保険が登場

介護保険事業者には色々なリスクが存在します。 介護事業者向けの損害保険は今までもありましたが、今回

記事を読む

東京海上日動火災保険、海外PL保険団体制度を販売

東京海上日動火災保険株式会社は2015年7月1日より日本商工会議所の会員向けに海外PL保険の団体制度

記事を読む

朝ドラで話題の大同生命、法人向け生命保険で躍進

NHKの朝のテレビドラマ「あさが来た」が非常に人気になっています。 明治時代の女性企業家の一人、広

記事を読む

no image

保険料の短期払いはするべきかどうか

保険料の払い込み方法には、全期払、短期払、一時払いがあります。 終身型の保険の場合、全期払を選択した

記事を読む

損保ジャパンがこだわる保険の新商品開発。新リスクへの備えこそ保険会社の使命。

損害保険ジャパン日本興亜では、新商品開発のコンセプトについて「業界初にこだわっていく」といった方針で

記事を読む

PC用

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

火災保険
2019年に火災保険の保険料が値上げ予想!個人で出来る節約・対策を解説。

「2019年に火災保険が値上げされる見通し」というニュースが流れました

火災保険
地震保険が値上げ!地震保険を知って賢い節約をしよう。

2019年1月に地震保険が値上げされます。 家計の負担を避けるために

【FPが教える】家計管理が苦手な人でもお金を増やせる投資・節約法ランキング

投資は難しそう、節約は苦手という声をよく聞きますが、ほとんどの場合知ら

不動産所得の税金
不動産の売却所得、税金がかかるケースとかからないケース

長い人生においては、さまざまな理由から住宅などの不動産を売却する機会も

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、