保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

就業不能保険は必要か? -売りたいけど支払いたくない保険の典型-

公開日: : 医療保険, 生命保険

突然ですが、もし「病気やけがで働けなくなった場合、その期間の収入を保障する保険があります」と言われた時、読者の皆様はどのように感じますか?

実際、このような保障内容の保険は生命保険会社及び損害保険会社で「就業不能保険」や「所得補償保険」という名称で販売されております。

しかしながら、保険金の支払いは「就業不能状態が180日継続後です」と後から知ったらどのように感じますか?

最初の印象としては「加入したい」や「ちょっと気になる」と感じた方も多いと思いますが、後の話を聞くと「期間が長すぎる」や「それだったら加入しなくともいいや・・」と感じた方もいたのではないでしょうか?

保険会社は支払条件をもっとハッキリと明示すべき

これはほんの一例ですが、就業不能保険や所得補償保険はその給付内容がかなり優れてはいるものの、実際に保険金を受け取るまでのハードルが高すぎるという一面もあり、結果として掛け捨てになってしまう場合が十分あり得る保険商品です。

実際のところ保険会社のホームページを覗いて見ると、案の定、最初の良い印象のみ持たせるアピールをして後のネガティブな印象は持たせないような表示になっており、いざというときになって「約款に書いてありましたよね?」と言わんばかりのひどい状態です。

就業不能保険や所得補償保険は健康保険から支給される傷病手当金と同様に見てしまいがちですが、性質は同じものの支払われる時期には雲泥の差があります。特に自営業者やフリーランスにはこのような性質の保険は重要な役割を担っていると感じます。
だからこそそれぞれの保険会社は「売りたい保険、払いたくない保険金」という体を払拭し、保険を必要とする立場の方を本当に保険で助けられるような商品を販売してもらいたいと心から願いたいものです。

(以下はライフネット生命によるプレスリリースです)

現役医師に就業不能の実態をアンケート調査 ライフネット生命


■ 医療現場における就業不能の実態
 ライフネット生命保険株式会社は10月30日、医療現場における就業不能状態の実態について、アンケート調査を実施したと発表した。
 これは、メドピア株式会社が運営している医師専用サイト「MedPeer」に登録している開業医及び勤務医の現役医師100名を対象にしたもので、2015年10月にウェブ上で実施された。(対象者:開業医13人、勤務医87人)

 その結果、56%が就業不能状態の患者を「実際に診察したことがある」と回答した。また「勤務先の病院で見かけた・話に聞いたことがある」としたのは19%で、約8割の医師が就業不能状態の患者を目の当たりにしたことがあるという結果となった。

■ 就業不能で不足する「本人や家族の生活費」
 就業不能状態になった患者を診察したことがある、または勤務先の病院で見かけた・話に聞いたことがある、と回答した医師に就業不能状態に陥った理由を聞いたところ、最も多かったのは「がんの治療」だった。続いて「脳血管障害」「事故によるケガ」という結果となった。

 また、長期間の療養・闘病によって経済的に困窮していると感じる患者については、7割が「本人や家族の生活費」に困っているのではないかと考えていることがわかった。

 高額療養費制度などでサポートされている「入院費」や「手術費」よりも、家族や本人の日々の生活費が原因で困窮するケースが多いと考えられる。

■ 就業不能保険の契約者トップは「医療業」

 ライフネット生命では、病気やケガで働けなくなった場合の生活費に備える「働く人への保険」を販売しているが、契約者の職業を調べたところ、「医療業」がトップとなった。(2015年6月末時点)

 医師や看護師などから「働く人への保険」が多くの支持を得ているのは、「病気やケガで長期間働けなくなるリスク」に接する機会が多いからだと考えられる。

PC用

関連記事

第一生命保険、代理店向け展開を狙いDIY生命を傘下に

生命保険会社も生き残りが厳しい時代になったと思います。 大手生保は保険外交員を大量に抱え、

記事を読む

no image

ニッセイが保険ショップを買収し、乗合代理店事業に参入します

日本生命保険は複数の保険会社の商品を取扱う乗り合い代理店事業に参入することがわかりました。保険契約者

記事を読む

ドコモ

NTTドコモと日本生命の提携

顧客の囲い込みは、企業にとって大きな戦略の一つだと思います。特に、市場の拡大が厳しい業界では、顧客の

記事を読む

高度な知識を持つ保険アドバイザーが求められる時代が到来!相談者に追い風か

楽天生命保険が行っている、保険加入前の顧客からインターネット上で相談を受ける「ネット保険デスク」が好

記事を読む

これだけは知っておくべき高額療養費制度の4つのポイント

皆さんは高額療養費制度について、どのくらいご存知ですか? 今回は高額療養費制度活用ガイドとして、制

記事を読む

PC用

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、