家計・生活の知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

損保ジャパンの介護事業は新風を起こせるか

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 その他

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を平成27年12月1日から「SOMPOケアネクスト」に改名すると発表しました。

今や「ブラック企業」というイメージが定着したワタミですが、一般的に大手の場合には社名そのものがブランドになると考えます。ブラック企業が運営している介護サービスを受けたくないと思う人がいてむしろ当然だと思います。

今回の改名は経営を行う上で、最優先で取り組まなければならなかった事だと思いますし、実際のところ入居率が低下し足元の業績は悪化している模様です。結果として早期の対策でメスを入れた形になります。

新規参入の損保ジャパン社に期待

現在、介護事業は飽和状態に陥っており、低賃金は元よりきつい、汚いといった理由から介護職に就く人が少ない現状にある中で、損保ジャパンの新たな介護事業には期待したいと思います。同社は人材育成や労務管理を改善し、早期の立て直しを図るよう努めていく方針の様です。

企業名や商品名といったブランドは、企業イメージを良くも悪くもします。同時に私たち消費者がこれらの名前を聞いた時、良い印象・悪い印象を持つからこそ商標権といった権利があるのだと思います。初めて「SONPOケアネクスト」という名前を聞いた時、損保会社が営んでいる介護会社というイメージは誰しもが持てるだろうと思います。

今後、ますます介護に対する需要が高まる中で、業界に新たな風を吹き込めるような事業や改革に期待したいものです。

(以下は日経新聞より)

損保ジャパン、買収するワタミ介護子会社の社名変更


 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)は6日、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を12月1日から「SOMPOケアネクスト」に改めると発表した。吉田光宏社長は退任し、後任は同日付でHD顧問の遠藤健氏が就く。10月に「ワタミの介護」(東京・大田)の全株式を210億円で買い取ると発表。
入居率の低下で足元の業績は悪化しているが、人材育成や労務管理を改善させ、早期の立て直しをめざす。

PC用

関連記事

外資系生保の地方拠点、地方創生にも好影響

外資系生命保険会社の間で、本社機能の一部を地方に置く動きが広がってきている模様です。 アメリカ

記事を読む

no image

様々な種類の保険が登場するミニ保険市場。消費者のメリット・デメリットは?

大手保険会社で「保険に加入したくて申し込んだけれど加入できなかった。」という声を耳にしたことはありま

記事を読む

no image

ミニ保険が与える影響についての考察

毎月の支払保険料が数百円程度の少額短期保険、いわゆるミニ保険の市場が大きく広がっております。ミニ保険

記事を読む

結婚式のキャンセルや延期のための結婚式総合保険、販売店舗増える

冠婚葬祭には色々とお金がかかります。特に、新たな門出ということで、結婚式に費用をかける人も多いと思い

記事を読む

注目浴びるドローン。ドローン保険の発売も予定。

首相官邸で見つかり、ニュースで話題になっている「ドローン」。 「ドローン」は小型無人機ということで

記事を読む

PC用

オーストラリアへのワーホリ。私がユニケア保険に加入した時の流れ

N.Y.でのテロ発生以来、保険会社は保険料値上げという、もっともな手段

相続で後悔しないために!知っておくべき3つの相続方法

「相続や相続税なんてお金持ちだけの問題」という考えはもう古い?! 平

不動産所得の税金
住宅をお持ちの方必見!地震保険の基本と、2つの加入方法

その名のとおり、地震保険は、地震によって住宅などの建物が損害を受けた場

自動車保険
2019年の自動車保険契約者満足度、ソニー損保が1位。J.D. パワーが調査。

国際的な調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D. パワーが、

妊娠中も入れる海外旅行保険まとめ【妊婦さんの海外旅行マニュアル】

妊娠している方の海外旅行 -海外旅行保険編- 【相談】 いま妊

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、