保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

公的健康保険から支給される埋葬料・家族埋葬料とは

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 社会保障や公的保険

残念ながら人が亡くなる確率は100%です。いつかは訪れるこの時に備えて生命保険を掛け続けたり、貯蓄したりと各々お金の対策をしていることと思いますが、公的健康保険からも金額はわずかですが「埋葬料」「家族埋葬料」というお金が支給されるのをご存知でしたでしょうか?

今回は公的健康保険から支給される埋葬料・家族埋葬料について解説していきたいと思います。

埋葬料・家族埋葬料とは

埋葬料とは、公的健康保険の被保険者(本人)が死亡した場合において、埋葬を行った遺族に対して支給されるお金のことを言います。

家族埋葬料とは、被扶養者(扶養している妻や子など)が死亡した場合において被保険者(本人)に対して支給されるお金のことを言います。

なお、埋葬料・家族埋葬料の支給金額や内容に違いはありません。

埋葬料・家族埋葬料の支給金額とは

埋葬料・家族埋葬料の支給金額は「一律5万円」です。

余談ですが、死亡日の翌日から2年以内に請求しなければ時効消滅となり受け取る権利が無くなりますので注意が必要です。特に年金生活の高齢者を埋葬した遺族の場合は、会社が代わりに手続きを取るなどがありませんので忘れずに行うようにしましょう。

公的健康保険であればどれでもOK

埋葬料や家族埋葬料は会社員が加入している健康保険に限られたものではなく公的健康保険であればどれでも受けることができます。
自営業者やフリーランスが加入している国民健康保険、75歳以上の高齢者が強制加入させられる後期高齢者医療制度など、種類は問われません。

また支給金額にも変化はなく皆一律5万円です。

埋葬料・家族埋葬料に必要な書類

埋葬料・家族埋葬料に必要な書類は以下のとおりです。

・被保険者埋葬料(費)支給申請書(定まった申請書があります)
・死亡を確認するための書類として下記の「いずれか1つ」の書類
・事業主の証明書
・埋葬許可証の写し
・火葬許可証の写し
・死亡診断書の写し
・死体検案書の写し
・検視調書の写し
・死亡者の除籍謄本など

埋葬料・家族埋葬料に必要な書類の提出先

健康保険の場合は、勤務先が代わりに届け出してくれるのが一般的ですが、勤務先から埋葬料の話しが無い場合には、どのようにしたらよいか問い合わせてみることをおすすめします。
国民健康保険や後期高齢者医療保険の場合は、市区町村に書類を提出することになりますので、こちらについても不明点があれば住んでいる市区町村へ問い合わせてみることをおすすめします。

PC用

関連記事

健康保険の「被扶養者が受けられる給付」まとめ

会社員の夫、専業主婦の妻。 このような世帯の場合、夫は健康保険の「被保険者(本人)」、妻は夫が加入

記事を読む

育児・出産

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことでは

記事を読む

定年から年金支給開始までの空白の5年間をどう暮らす?5つの資金対策を紹介。

これから先、年金を受け取る世代にとって、老後の生活資金である年金への心配や不安は大きいものです。

記事を読む

確定拠出年金

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

(この記事はかな~り長いので、少し下に表示されている目次もご利用ください。 先に要点を見たい方は、

記事を読む

no image

「モラル」が問われる療養費問題

国民健康保険の療養費詐取の問題が大きくメディアで取り上げられました。このニュースが報道された事や発端

記事を読む

PC用

住宅ローン融資担当者が教える『自営業の融資基準のポイント』

将来、あこがれのマイホームを建てたい方、多いのではないしょうか。モ

相続放棄で生命保険金や空き家はどう扱われるのか?

相続とは、亡くなった人から財産を引き継ぐことです。 しかしながら

学生の海外旅行保険
女性におすすめの海外旅行保険はどこ?

「女友達だけの海外旅行を予定しているけど、どんな海外旅行保険に入ってお

優良物件を見極める!購入前に知っておきたい、使える住宅保証制度の色々。

立地、広さ、間取り、そして購入資金やローンのことなど。理想のマイホーム

不動産所得の税金
今ある住宅を活用して老後資金を確保する3つの方法

老後の生活資金と聞いて一番に思い浮かべるのは、「公的年金」だと思います

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、