保険選びの知恵袋
最新のお知らせ

スマートフォンでも閲覧できるようになりました!

損保ジャパンの介護事業は新風を起こせるか

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 その他

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を平成27年12月1日から「SOMPOケアネクスト」に改名すると発表しました。

今や「ブラック企業」というイメージが定着したワタミですが、一般的に大手の場合には社名そのものがブランドになると考えます。ブラック企業が運営している介護サービスを受けたくないと思う人がいてむしろ当然だと思います。

今回の改名は経営を行う上で、最優先で取り組まなければならなかった事だと思いますし、実際のところ入居率が低下し足元の業績は悪化している模様です。結果として早期の対策でメスを入れた形になります。

新規参入の損保ジャパン社に期待

現在、介護事業は飽和状態に陥っており、低賃金は元よりきつい、汚いといった理由から介護職に就く人が少ない現状にある中で、損保ジャパンの新たな介護事業には期待したいと思います。同社は人材育成や労務管理を改善し、早期の立て直しを図るよう努めていく方針の様です。

企業名や商品名といったブランドは、企業イメージを良くも悪くもします。同時に私たち消費者がこれらの名前を聞いた時、良い印象・悪い印象を持つからこそ商標権といった権利があるのだと思います。初めて「SONPOケアネクスト」という名前を聞いた時、損保会社が営んでいる介護会社というイメージは誰しもが持てるだろうと思います。

今後、ますます介護に対する需要が高まる中で、業界に新たな風を吹き込めるような事業や改革に期待したいものです。

(以下は日経新聞より)

損保ジャパン、買収するワタミ介護子会社の社名変更


 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)は6日、買収する居酒屋大手ワタミの介護子会社の社名を12月1日から「SOMPOケアネクスト」に改めると発表した。吉田光宏社長は退任し、後任は同日付でHD顧問の遠藤健氏が就く。10月に「ワタミの介護」(東京・大田)の全株式を210億円で買い取ると発表。
入居率の低下で足元の業績は悪化しているが、人材育成や労務管理を改善させ、早期の立て直しをめざす。

PC用

関連記事

注目浴びるドローン。ドローン保険の発売も予定。

首相官邸で見つかり、ニュースで話題になっている「ドローン」。 「ドローン」は小型無人機ということで

記事を読む

no image

保険仲介会社が11億円の所得隠し

いつの時代でも脱税のニュースが尽きることがありません。 日本の保険仲介会社がタックスヘイブンとペーパ

記事を読む

認知症家族の鉄道事故の損害賠償金を補償する保険がついに登場!

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保より、従来より補償内容を充実させた「個人賠償特約」が販売されま

記事を読む

no image

ミニ保険が与える影響についての考察

毎月の支払保険料が数百円程度の少額短期保険、いわゆるミニ保険の市場が大きく広がっております。ミニ保険

記事を読む

no image

保険金請求漏れが無くなる動きが到来。

保険法では生命保険の保険金請求に「3年」という時効を設けておりますが、皆さんはご存知でしたか? 一

記事を読む

PC用

ポイントはたったの2つ!正しい学資保険の選び方とは

子供が産まれると喜びも大きいですが、子供を育てていく責任も出てきま

社会保険と生活
病気で働けなくなったらどうする?高額療養費制度と傷病手当金の申請から受給まで

今は健康に問題もなく働いているけれど、万が一大きな病気をして働けな

住宅購入前後で必要となる不動産登記の種類と流れ

これから住宅の購入を考えている人であれば「登記」という言葉をすでにご存

Bupa Global
妊娠22週以降でも入れるBupa Globalの海外旅行保険。特徴と加入の流れを解説します。

Bupa Globalの海外旅行保険について調べてみたので記事として投

相続税で支払う金額はいくら?金額を確認する4つの手順

平成27年(2015年)1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に引き

→もっと見る

【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで
【確定拠出年金の攻略マニュアル】 始め方から利益を出す鉄則まで

確定拠出年金(401k)の法律の改正が成立したことを受けて、確定拠出年金に大きな注目が集まっています。

お仕事ママ必読!産休・育休中にもらえる3つのお金とは

産休・育休制度が使えることは知っていても、長期に渡って休むとなると、気になるのはやはりお金のことではないでしょうか。

火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!
○十万円節約!火災保険を安く出来る5つの見直しポイント!

火災保険は長ければ、数十年にわたって加入する可能性のある保険です。 見直しの結果が年間保険料にして数千円であったとしても、